初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

脳波を活用した運転支援技術を日産が発表!ドライバーの行動を車が予測

脳波を活用した画期的な運転支援技術「B2V」を日産が開発!ドライバーの行動を車が予測できるという新技術とはどのようなものなのでしょうか。

脳波を活用した運転支援技術「Brain to Vehicle」を日産が発表!

日産はラスベガスで開催される2018 International CES(2018年1月9日~12日)に、脳波を活用した運転支援技術「Brain to Vehicle(B2V)」を出展します。

「B2V」は、ドライバーの脳波を測定・解析することで、思い通りの運転をサポートする先進技術です。
これにより、従来の「ドライバーが車を動かす」という動作が、ドライバーの脳波を測定・解析して「ドライバーが次にしたいと考えている動作を車が予測して動く」という、全く新しいものへと変わると予想されます。
自動運転時はもちろん、マニュアル運転時の思考と動作のラグが限りなくゼロになれば、日産が提唱する「これまでにないドライビングプレジャー」が生まれるでしょう。

CESでは最新のコンセプトカー「ニッサンIMx」、新型 リーフなどが展示されますが、B2Vの搭載予定モデルなどは現段階では不明です。

自動運転に関するニュースをチェック

トヨタ・三菱電機の最新自動運転技術についてはこちら

未来の車はどうなる?

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す