初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

UBERがボルボの自動運転車を数万台導入!新たな戦略的提携へ

ボルボは、米ライドシェアサービス「ウーバー」に、自社の自動運転対応車を販売していくことを発表しました。メーカーとライドシェアサービスという前例の無い業務提携には、どのような目的があるのでしょうか。

ボルボがウーバーに自動運転対応車を販売!

(参考)SPAが搭載されているXC60

ボルボ XC60

ボルボはアメリカのライドシェアサービス、ウーバー(UBER)・テクノロジーズに自動運転対応車を販売する意向であることを発表しました。

2019年から2021年までに数万台販売することを目標としているこの車両は、ボルボが自社開発した完全モジュール方式(SPA)を搭載しています。
SPAはすでに、新型XC60や90シリーズといったボルボブランドの車種に搭載されています。

VOLVOがUBERに自動運転対応車を販売した目的とは?

ウーバーへの自動運転対応車販売について、ボルボ・カーズCEOのホーカン・サムエルソン氏は、テクノロジーによる変革の時期に中心的な役割を担っていくこと、そのためにライドシェアリングサービスのプロバイダーに向けたグローバルサプライヤーを目指していくことを発表しています。

また、ボルボとウーバーの連携は以前から行われており、XC90プレミアムSUVは双方のエンジニアの協力の下、生産されています。
今回の提携により、ボルボは自動運転対応車の販売だけにとどまらず、2021年のボルボ完全自動運転車発売計画に向けた技術の向上に役立てていくとのことです。

自動運転についてのおすすめ記事はこちら

ライドシェアサービスに関するおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す