初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタのトップドライバーがジャパニメーションと融合して爆走!メイキング動画も

WRCで活躍するトヨタGAZOOレーシング・ワールドラリーチームのエースドライバー、ラトバラ氏がレースに潜む“魔物”と闘う様を、象徴的なジャパニメーションで表現したブランデッドムービーが公開されました!

ショートムービー「VS SAMURAI羅兎薔薇」を公開!

侍の格好をしたラトバラの化身「羅兎薔薇」が、その華麗なドライビングテクニックで、恐ろしい”魔物”に打ち勝つために奮闘する、迫力あるムービー!

ラトバラのプロフィール

WRC通算17勝を誇るフィンランド人ラリードライバー「ヤリ-マティ・ラトバラ」
2008年のスウェーデンでWRC初優勝を挙げ、22歳313日で、WRC最年少優勝記録を更新しました。
2016年TOYOTA GAZOO Racingに電撃移籍し、今年はエースドライバーとしてヤリスWRCのステアリングを握っています。
2017年開幕戦モンテカルロでヤリスWRCをデビュー戦2位に導き、さらに第2戦スウェーデンではヤリスWRCの初優勝を飾るなど大活躍中のドライバーです。

ラバトラが駆るのは、トヨタ・ヤリスのWRCラリー仕様車。
東京モーターショー2017で出展されています。

動画はこちら

【ラバトラ=羅兎薔薇】漢字の由来

ドライバー、ラバトラ氏を「羅兎薔薇」漢字に当てた由来は、

羅:漢字そのものの意味としての上品さに加え、日本のアニメキャラ“羅王”から、強さの象徴としての意味も

兎:強さとは対照的に、ラトバラの持つ温かい人間性、優しさの象徴としての意味を。羅兎薔薇に打ち負かされた魔物は、その後、ウサギとなってラトバラに手懐けられてしまう。

薔薇:ラトバラの華麗な運転テクニックを薔薇に例えた。

としています。

メイキング動画はこちら

MOBYで人気の記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す