初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディ Q3シリーズでリコール届け出

アウディは現行型Q3に灯火装置や駆動力制御装置に不具合あるとして2017年10月18日、国土交通省にリコール届出を行ったと発表しました。

アウディ Q3のコントロールユニットに不具合発生

アウディ Q3 2015年型

アウディ Q3 外装 2015年型

2017年10月18日、アウディジャパンは「Q3」などのゲートウェイ・オンボードサプライ・四輪駆動の各コントロールユニットのプログラムに不具合があるとして、国土交通省へリコールを届け出たと発表しました。
対象車は、「Q3 2.0 TFSI quattro 132kw」「Q3 2.0 TFSI quattro 162kw」「Q3 1.4 TFSI」「RS Q3」2015年3月28日〜2016年10月29日に輸入された計4車種、3,763台となっています。

緊急ブレーキ作動時にブレーキランプが点灯しない、車幅灯が点滅するなどの灯火系の不具合や、四輪駆動車で駆動力の分配に不具合があるとし、各コントロールユニットのプログラム変更で対応可能としています。

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

国土交通省が出した改善箇所説明図

アウディ リコール

リコールに関する記事はこちら

アウディ Q3に関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す