初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲン出展車を発表!ID BUZZなど日本初公開8台

2017年10月16日、フォルクスワーゲンは東京モーターショー2017で出展する車両9台を発表しました。そのうち8台は日本初公開となるモデルとなります。復活の期待が高まるワーゲンバスから、フランクフルトモーターショーでワールドプレミアされた「I.D CROZZ」のバーチャル体験まで、その概要をお伝えします。

復活のワーゲンバス「ID BUZZ」など日本初公開!

フォルクスワーゲン新型EVワーゲンバス「ID BUZZ」

2017年10月16日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、東京モーターショー2017で出展する9台を発表しました。
この内9台が日本初公開となります。

東京モーターショー2017 出展車

◆日本初公開(8台)
1. I.D.BUZZ(アイディバズ)
2. ポロ TSI ハイライン (Polo TSI Highline)
3. up! GTI
4. アルテオン Rライン アドバンス (Arteon R-Line Advance)
5. eゴルフ (e-Golf)
6. ゴルフGTE (Golf GTE)
7. ゴルフRパフォーマンス (Golf R Performance)
8. パサート ヴァリアント TDI (Passat Variant TDI)
◆出展車
9. パサート GTEアドバンス (Passat GTE Advance)

東京モーターショーでID CROZZの体験ができる!

東京モーターショー2017のフォルクスワーゲンのブースでは、フランクフルトモーターショー2017で公開されたクロスオーバーモデルEV「I.D CROZZ」のエクステリアやインテリアをバーチャルに体験できるブース「VR Experience」、ヘッドマウントギアを用いて動画などを見ることで動く脳波により、その人の潜在意識を読み取り、最適な1 台を提案するバーチャルショールーム「Intuitive Car Finder」、展示車両の ARマーカーにスマートフォンやタブレット端末をかざすと、クルマの魅力や機能を研究員のフィギュアが紹介するAR Experience、「Tech Labo」 など、フォルクスワーゲンが描く未来を様々な形で体験できるとのことです。

関連するおすすめ記事