初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【東京モーターショー】トヨタ新型クラウン コンセプト&新型センチュリーを発表

2017年10月4日、トヨタ自動車は東京モーターショー2017でフルモデルチェンジが予想されていた新型クラウンのコンセプトモデルを出展すると発表しました。トヨタ自動車の東京モーターショー2017特設プレスリリースサイトでは変わった趣向が!

トヨタ新型センチュリーを東京モーターショー2017に出展

トヨタ 新型センチュリー

トヨタは2017年10月5日、同月に開催される東京モーターショー2017で初公開となる新型センチュリーをプレスサイトにて発表しました。

3代目となる新型センチュリーは「匠の技」「高品質のモノづくり」を伝承し、センチュリーの伝統を受け継ぎつつ新しい魅力を追求しています。
内外装の一新はもちろん、エンジンにはV8・5.0Lハイブリッドシステムを搭載。
さらに、専属運転手が運転するショーファーカーの最高峰として、後席のラグジュアリー感を重視しています。

新型センチュリーは2018年年央に発売されます。

トヨタ新型クラウン コンセプトを東京モーターショー2017に出展

トヨタ新型クラウン コンセプト 東京モーターショー20171

2018年夏頃のフルモデルチェンジが噂されているトヨタ クラウンが、東京モーターショー2017でそのコンセプトモデルが出展されることが公式発表されました。

トヨタ自動車は、このコンセプトモデルについて、

「CROWN Concept」は、「走行性能の追求」と「コネクティッド技術の進化」の両輪で開発したコンセプトモデルである。
TOYOTAは、1955年の誕生以来クラウンが積み重ねてきた伝統に加え、将来のモビリティ社会においてクラウンに求められる革新性を融合することで、次世代のクラウンをお客様に提案する。

とプレスリリースの冒頭で述べています。

戦略的なプレスリリースサイト

トヨタ自動車の東京モーターショー2017向けの特設プレスリリースWEBページも公開されました。

プレスリリース東京モーターショー特設ページ

東京モーターショー トヨタプレスリリース特設ページ

新型クラウンコンセプトやセンチュリーのアイキャッチ画像の他は「STAY TUNED FOR MORE…」と表示されており、東京モーターショー2017で出展するモデルを順次公開していくようです。
この表示画像は、あと7つありますので、この画像数分の新型車やコンセプトカーが出展されることは間違いないでしょう。

今後のニュースにご期待ください。

(以下、トヨタ自動車プレスリリースより引用)

トヨタ新型クラウン コンセプト 東京モーターショー20171
トヨタ新型クラウン コンセプト 東京モーターショー20171

「Fun to Drive」を突き詰めた革新的な走行性能

将来のモビリティ社会においてもクルマを操る楽しさをお客様に提案するため、TNGA*2に基づきプラットフォームを一新するなどクルマをゼロから開発するとともに、ドイツのニュルブルクリンクでの走行テストを実施。意のままに操れるハンドリング性能に加え、低速域から高速域かつスムーズな路面から荒れた路面など、あらゆる状況において目線のぶれない圧倒的な走行安定性を実現し、ドライバーに“走る歓び”と“安心”を提供する。

コネクティッド技術とそのサービスを本格的に具現化すべく、革新的進化を追求

車載通信機の100%搭載によるIoT社会への対応
トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、車載通信機をラインアップ車に搭載し普及していくことで取得できるビッグデータを活用し、お客様へ新たな価値を提供していく。また、「CROWN Concept」の市販モデルにも車載通信機を全車標準装備し、展開を図る

「一台で守る安全」から「街全体で守る安全」へ
トヨタは、自動ブレーキに代表されるクルマ自体の先進技術だけではなく、信号情報やクルマ同士と“つながる”ITS Connectを普及させることで、社会全体で安全を守っていく。また、官民実証実験にも積極的に参加することで、“つながる”技術の早期発展に貢献する

ビッグデータによるカーライフの充実化
トヨタは、モビリティサービスプラットフォームを活用することで、交通渋滞の情報検出による街の渋滞削減をはじめ社会問題の解決に貢献していく。また、車載通信機を介して取得した車両情報をもとに車両を遠隔で診断し、故障や整備の必要性を予知。コールセンターを活用した迅速かつ適切なサポートを行い、お客様に安心・安全を提供する

なお、「CROWN Concept」の市販モデルは、2018年夏頃に発売を予定している。

トヨタは、保有後もワクワクし続けてもらえる愛車をご提供したいという思いから、コネクティッドカーならではのリモート技術と、新しいモビリティサービスを使用したカーライフを絶えず進化させていくことを探求し続ける。


*1 10月25日~26日 : プレスデー、10月26日~27日 : 特別招待日等、10月28日~11月5日 : 一般公開日
*2 Toyota New Global Architecture。トヨタ自動車(株)が全社を挙げてグローバルに取り組むクルマづくりの構造改革。パワートレーンユニットやプラットフォームなどを一新し、全体最適を考え新開発することによりクルマの基本性能や商品力を飛躍的に向上させることを目指す

新型クラウン主要諸元

全長4,910
全幅1,800
全高1,455
ホイールベース2,920
乗車定員5

※単位mm

トヨタ 新型センチュリー

3代目となる新型センチュリーは、「匠の技」「高品質のモノづくり」を伝承しつつ、市場ニーズの高い環境性能や搭乗者の快適性を追求したパッケージの実現、センチュリーのヘリテージを継承しつつも新しい魅力を付与した内外装デザイン、ショーファーカーとしてふさわしい先進装備・快適装備の採用などに重点を置き、開発を進めてきた。

具体的には、V8・5.0Lハイブリッドシステムを新たに搭載し、優れた燃費性能を追求した。また、ホイールベースの拡大・スカッフプレートとフロアの低段差化・ドアの開口高さの拡大を実施するなど、後席優先のパッケージにさらなる磨きをかけた。外装デザインは、グリルなど随所に施した七宝文様や、リヤコンビネーションランプのガーニッシュ部の黒色化など、精緻な華やかさ・落ち着きを表現。内装デザインは、折り上げ天井様式*2を取り入れ専用織物をあしらい、またリヤシートには電動オットマンを設定するなど座り心地を追求したリフレッシュ機能付アジャスタブルリヤシートを採用し、心地良さと格の高さを実現した。

*1 10月25日~26日 : プレスデー、10月26~27日 : 特別招待日等、10月28日~11月5日 : 一般公開日
*2 居室の天井の中央部を上方へ一段高く凹ませる建築様式

新型センチュリー主要諸元

全長5,335
全幅1,930
全高1,505
ホイールベース3,090
乗車定員-
※単位mm

関連するおすすめ記事