初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ・デンソー・トヨタがEV開発の新会社「EV C.A. Spirit 株式会社」を設立

2017年9月28日トヨタ、マツダ、デンソーの3社が電気自動車共同開発のため、新会社「EV C.A. Spirit 株式会社」の設立を決定したことを発表しました。幅広いセグメントや車種をカバーするためそれぞれのもつ強みで開発手法を見直すことで合意しました。

「トヨタ、マツダ、デンソー」3社のEV共同開発会社の設立を発表!

新会社の体制イメージ

新会社の体制イメージ

2017年9月28日、トヨタ・マツダ・デンソーの3社がEVの共同開発のため新会社「EV C.A. Spirit 株式会社」を設立することを発表しました。
電気自動車の開発をより効率的かつ、膨大な費用や時間を削減するため、マツダの「一括企画」や「モデルベース開発」、デンソーの「エレクトロニクス技術」、トヨタの「TNGA」など、各社の強みを持ち寄り幅広いデグメント、車種をカバーできる技術を共同で開発することに同意しました。

デンソーとはトヨタグループの自動車部品メーカーで、2009年以来世界シェア第1位を獲得しており、自動車の空調設備や走行安全関係製品に力を入れています。
2015年にマツダとトヨタがすでに資本提携を開始していましたが、今回はそこにデンソーが加わることになりました。

以下、トヨタプレスリリースから引用

新会社では、主に以下に取り組んでいきます。

①ユニットおよび車両についてEVに最適となる性能および機能を規定する特性(コモンアーキテクチャー※)を研究
②上記①の特性を実現する各ユニットの搭載および車両としての性能を検証
③ ②を通して、車種群として考えた場合の各ユニットおよび各車両の最適構想の検討
今回の共同技術開発に対して、マツダとトヨタは開発資源を等しく負担すると共に、効率的な開発、および既存生産設備の活用を図ることで、各社がリソーセスをクルマ本来の価値追求に注力し、EVを「コモディティ化」させることなく、それぞれのブランド独自の付加価値あるクルマを追及してまいります。

また、今後は他の自動車メーカーやサプライヤーも参画可能なオープンな体制を目指します。

※製品に要求される性能を、各構成要素に配分して実現するための製品設計の基本コンセプト。コモンアーキテクチャー構想では、車格や出力の違いを超えて各ユニットの基本構造を共通化し、特性を揃えることで、多様な製品を同じプロセスで開発・生産できるようにしている。

新会社の概要

会社名:EV C.A. Spirit 株式会社
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目7-1 ミッドランドスクエア37階
出資金:1,000万円(出資比率 : トヨタ90%、マツダ5%、デンソー5%)
役員体制 代表取締役:寺師 茂樹
取締役:伊勢 清貴
取締役:水島 寿之
監査役:上田 達郎
社員数:発足時 : 約40名
ホームページ:http://www.ev-cas.co.jp(2017年10月中旬開設予定)
問い合わせ先:info@ev-cas.co.jp(2017年10月1日開設予定)

電気自動車(EV)についてはこちらの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す