初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディ 新型A8に搭載されるTraffic Jam Pilotの詳細判明!世界初 自動運転技術レベル3の実態は?

アウディ 新型A8に搭載されるトラフィックジャムパイロット(Traffic Jam Pilot)の詳細が明らかになりました。レベル3の自動運転技術に挑戦するトラフィックジャムパイロットは発表当時から注目されています。ついにベールを脱いだ最先端の運転技術の詳細を掲載します。

トラフィックジャムパイロットの詳細判明!アウディ 新型A8に搭載

アウディ トラフィックジャムパイロット

世界初のレベル3自動運転技術として、発表当時から注目を集めていたトラフィックジャムパイロット(Traffic Jam Pilot)の詳細が、アウディ公式より発表されました。

トラフィックジャムパイロットは、これまで行われていたプロモーションの通り、ハンドルやペダルから手足を離し、AIに運転を任せることができるクラスの自動運転技術になります。

安全性と快適性に重点を置いて開発されたトラフィックジャムパイロットは、すでにテスト走行を行っており、好評を博しているとのことです。

トラフィックジャムパイロットの詳細

起動の条件と起動まで

・高速道路または複数車線で対向車線との間に障害物がある道路を走行。
・ガードレールなど道路の端に建造物がある場合。
・隣接するすべてのレーンが渋滞していて低速運転をしている。
・60km/h以下の走行をしている。
・信号や歩行者などがセンサーに検知されない。

このような条件下になると、AIボタンが白く光り、バーチャルコクピットにトラフィックジャムパイロット使用可能の旨が表示されます。
あとはAIボタンを押せば、ハンドルから手を話すことも、ブレーキペダルから足を離すこともできます。

ドライバーレディネスディテクション

前述したドライバー用カメラによって、自動運転中の車外の状況とともに、車内の状況も管理します。
計器パネル上のカメラがドライバーが運転可能かをチェックしており、たとえばドライバーの目が長時間閉じていることを検知した場合、運転の引き継ぎを催促します。
また、自動運転中にできることは限られていて、たとえば新聞を読むなど該当しないことを検知した場合も、同様です。

なお、カメラに記録された映像がアウディ社やその他第三者のもとに転送されることはありません。

運転の引き継ぎ時

AIがドライバーに運転の引き継ぎを要請する時は、バーチャルコクピットなどのアイコンやボタンが赤く点滅し、警告音が鳴ります。
これを10秒無視するとオーディオの音量が下がり、バーチャルコクピットにメッセージが流れます。
その後徐々に減速して、ドライバーのシートベルトを3度締め付け、運転の再開を催促します。

以下の記事でさらに詳しく説明しています。

国によって法律が違うため、まだレベル3の自動運転技術で公道を走れない国もありますが、アウディは段階を踏んで対応していくと宣言しています。

自動運転についてはこちら

アウディの情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す