初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【東京モーターショー2017】BMWが出展車を追加

2017年10月5日、BMWは東京モーターショー2017に出展するモデルの追加を発表しました。すでに新型Z4コンセプト、新型8シリーズコンセプトの出展が確定していましたが、さらにアジア・プレミアとして3つの新型モデルを展示するとのことです。

新型M5やX3などをアジア・プレミアとして展示

BMWは10月27日より東京ビッグサイトで開催される、第45回東京モーターショー2017へブース出展するモデルの追加を発表しました。

プレスリリースでは、
「今年のショーテーマである「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」に相応しいコンセプト・モデルを含む5モデルを、アジア・プレミアとして、アジア地域で初めて展示する。」
と述べています。

(以下、プレスリリースより引用)
続々と登場するBMWの新型車に注目が集まっています。

展示モデル(4輪)

アジア・プレミアとして、以下のモデルを展示する。

BMWコンセプトZ4
BMWコンセプト8シリーズ
BMW M5
BMW 6シリーズ グランツーリスモ
BMW X3
さらに、以下のモデルも展示する。

BMW M4 CS
BMW M760Li
BMW M2
BMW X6 M
BMW i3
BMW i8

BMWコンセプトZ4

BMW Z4 コンセプト

BMWコンセプトZ4は、数年後に発売を予定しているモデルのデザイン試作車で、BMWの駆けぬける歓びを純粋に表現したモデルである。短くなったエンジン・フードとシャープなオーバーハングにより、従来のBMWロードスターに比べて運転席が車体の中央寄りに位置している。フロント・ホイール後ろの存在感あるエア・ブリーザーを起点にして、車体の側面に深く彫が入ったデザインは、空気の流れによって現れた造形であるかのようにスムーズな曲線を描き、全体に流線型かつダイナミックな印象を与えている。フロントのキドニー・グリルは、BMW 328 Mille Migliaを想い起させ、クラシックなロードスター・モデルを連想させるデザインになっている。ヘッドライトは、ライトを縦に2つ重なり合わせた新しいデザインを採用すると共に、エンジン・フードのカーブがホイール上まで伸び、フロント全体にほとんど継ぎ目のない緊張感あるデザインとなっている。さらに、インテリアの大半をボディ・カラーで彩りながらも、ドライバー周りはブラックを採用することで、純粋な運転する歓びを妨げないような演出を施している。

BMWコンセプト8シリーズ

BMW 8シリーズクーペ

BMWコンセプト8シリーズは、今後導入予定の新型BMW 8シリーズ クーペのテイストをまとい、BMWクーペの本質である運動性能、高級感、圧倒的な存在感を具現化している。伝統的なデザインと新鋭的なアイデアがコラボレーションすることで、妥協のないスポーティな個性を印象的に表現。長いエンジン・フード、流れるようなルーフ・ライン、そしてテール・パネルの独特な曲線により美しいシルエットを形づくっている。インテリアは、個々の部品デザインと素材の調和により躍動感と高級感を同時に演出。メリノ・レザーの採用、宝石のように光を屈折させるファセット加工が施されたセレクター・レバー、スワロフスキー製のiDriveコントローラーにより、特別な室内空間となっている。車内のレイアウトは、ドライバーも含めて運転そのものが主役となるように配置され、見る物の期待感をくすぐる演出となっている。

関連するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す