初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産の#猫バンバンプロジェクトとは?配布のステッカーや動画がかわいい!

SNSやメディアで「#猫バンバンプロジェクト」というキャンペーンが話題になっています。日産自動車が仕掛けた「#猫バンバン」は、車に乗り込む前の、ちょっとした確認で猫たちの命を守ろうという取り組みです。猫好き、車好きにとっては見逃せない「猫バンバン」をご紹介します。

ちょっとした思いやりが猫たちを守る「猫バンバンプロジェクト」

猫バンバンプロジェクト

屋外に暮らす猫たちにとって、駐車された車は、冬の寒気や真夏の直射日光をしのぐ格好の寝床に見えるようです。
しかし、ドライバーがエンジンルームに潜り込んだ猫に気づかず、エンジンを始動させて猫が巻き込まれたり、轢かれてしまったりという悲劇も報告されています。

日産自動車の「#猫バンバンプロジェクト」は、そうした悲劇をドライバーのちょっとした思いやりで回避しようという取り組みです!

日産自動車「#猫バンバンプロジェクト」を開始

「#猫バンバンプロジェクト」とは、自動車の隙間に入ってしまった猫に、こちらの存在を気付かせるために、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩き、車体を揺らすアクションです。毎年冬になると、寒さをしのぐために車のエンジンルームやタイヤの隙間に入った猫に気付かずエンジン始動をしたために、猫が犠牲になってしまうという事故が多発しています。日産では、そのような悲劇を少しでも減らすべく、乗車前には必ず猫がいないかを確認し、気配を感じたらエンジンルームを確認するよう呼びかけています。ちょっとした思いやりで救える命があることをより多くのドライバーに向け発信していきます。

出典:http://www.nissan-global.com/

#猫バンバンプロジェクトとは?動画やステッカーも配信!

猫バンバンとは言っても、猫をバンバンする訳ではありません。
前述のように寒暖の厳しい季節に、エンジンルームや車の下にもぐりこんでいる猫を傷つけないよう、車に乗り込む前に、ボンネットを“バンバン”しましょう!というキャンペーンです。

「#猫バンバンプロジェクト」では特設サイトを開設、可愛い猫の動画やマグネットステッカーを配布しながら、このメッセージを発信しています。


残念ながらステッカーの配布は終了してしまいましたが、「#猫バンバンプロジェクト」のポスターやステッカー、ロゴのデータのがダウンロードできます。
50匹の個性的なニャンコのロゴは、いろいろな毛色や表情が揃っていて超キュートです。
もしかしたら、あなたの愛猫に似た子が見つかるかもしれません。

【動画】#猫バンバンプロジェクト

たくさんの人が#猫バンバンに賛同しています

#猫バンバンプロジェクトは猫のためだけではない

不機嫌な猫

想像したくない事態ですが、実際に猫がエンジンルームやタイヤに巻きこまれた事例は少なからず報告されています。
その時に猫がどの辺りにいるかによりますが、無事では済まない場合が多いようです。

そういった事故が起これば、猫だけではなく車にもダメージがあります。
エンジンルーム内で猫が死傷すれば、車は洗浄などのメンテナンスが必要になります。
人によっては物理的なダメージ以上に、精神的な苦痛の方が大きい方もいるかもしれません。

実際に猫を巻き込んでしまった方の話では、車をスタートさせてまもなく、エンジンルームから物音がして、ハンドルをとられる感覚があり、運転に支障をきたしたそうです。
そのまま運転を誤って事故を起こす可能性もあるため、実はかなり危険です。

猫バンバンは猫だけでなく、自分自身と愛車の安全のためでもあるんですね。

愛車のボンネットを叩くのは嫌?

ボンネット 

もしかしたら、愛車のボンネットを叩くことに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、ボンネットが傷つくほどの力で叩く必要はありません。

基本的に猫は気配や物音に敏感な生き物で、特に野良猫は人間が近づく気配を察すれば逃げていきます。
猫バンバンの目的は、あくまでもエンジンをかける前にエンジンルームや車の隙間に入りこんだ猫を追い出すことです。

どうしてもボンネットを叩きたくないという方は、ボンネットを開く、クラクションを鳴らすなどの方法で、人間の気配を伝えればいいのです。
車の中にもぐり込んだ猫に人間の気配を伝える、手軽な方法として、「ボンネットを叩く」という行為が提案されているだけなので、実際にはどんな方法でもかまいません。

猫に「車を動かすから危ないよ」と知らせる、小さな優しさを持ちましょう!
それが愛車を守ることにもつながるのです。

猫を入りこませない工夫も必要

猫バンバンだけでなく、車庫入れの仕方や猫避けグッズで、猫が入りこみにくくすることもできますので、そうした工夫をするという方法もひとつの手段だと思います。
ただし、それで完全に猫の巻き込み事故を防止できる訳ではありませんので、やはり人の気配を伝える「猫バンバン」は心がけるべきでしょう。


(1)車庫入れ

発進しやすいよう、前向きに車庫入れするのがスタンダードですが、エンジンルームが車庫の手前に来ると、猫が入りこみやすくなります。
発進の際に危険が少ない車庫の場合は、後ろ向きに車庫入れしてしまうのも、ひとつの方法です。

(2)猫よけグッズを活用する

昔の話ですが、猫を近寄らせたくない場所に水を入れたペットボトルを置くと猫が嫌がって近寄らないという方法が流行したことがあります。
しかしこの方法、実はあまり効果がないようです。
効果的に猫よけができる、市販の猫避けグッズを使いましょう。
以下で猫よけグッズの代表例をご紹介します。

猫避けグッズ1:キャットセイバー

猫が嫌う音波と光を発して、その場所にいたくないと思わせる製品です。
音と光のパターンが複雑なので、猫が慣れてしまうこともありません。

車両のバッテリーに接続して、固定するだけで簡単に装着できます。
防水仕様ではないので、エンジンルーム内に設置する必要があります。
どんな車種でも取り付けられますが、製品が網羅できる範囲としては、普通自動車が適切です。

使用電圧:12ボルト
動作温度:-20~60度くらいまで
感知距離:8メートル前後 約60~100㎡の範囲

AMAZON参考価格: 12,800円

猫避けグッズ2:自動車用カバー  カーボディーカバー

車の隙間に猫が入りこむのを防止するには、車の下部まで覆えるサイズのボディーカバーが必要です。
もちろん、猫以外にも、風雨や黄砂、大気中のガス等の汚れ、鳥の糞にも効果的で、内装の日焼け・退色も防ぐことができます。
ボディーカバーを選ぶ際は、車種にあわせてサイズをしっかり確認しましょう。

Lサイズ:4.7m×1.8m×1.5m
材質:100% ナイロン
付属品:収納袋

AMAZON参考価格:2,999円

猫避けグッズ3:フマキラー 猫まわれ右 びっくりスプレーセット 2セット

猫をセンサーが感知すると、自動的にスプレーを噴射します。「白い噴霧」「スプレー音」「スプレーの風」が猫を威嚇し、追い払います。
防雨設計なので、庭先やガレージ、花壇、ゴミ置き場などに設置できます。
手を叩くと音を感知して一時停止モードになり、1分間センサーの感知とスプレーの噴射が止まります。

センサー:熱感知赤外線センサー 有効距離(約)2~3m 有効角度(約)90°の扇形
スプレー:噴射範囲/(約)1~2m 噴射時間/0.8秒 スプレー回数/(約)50回 内容量/300mL ガスの成分/エタノール、LPG
サイズ等:約W145×D250×H130mm 約620g
電 源:単4アルカリ乾電池4本 防雨設計
その他:噴射前警告音/3秒間、一時停止モード/手を叩くと音を感知して1分間機能停止

AMAZON参考価格:5,684円

猫バンバンは定着するべき習慣


筆者は無類の猫好きです。
そのため#猫バンバンプロジェクトを絶対的に支持しています!

実は車にはねられた野良猫を捕まえようとして噛まれ、病院通いをしたことがあります。
残念ながらその猫は助からず、猫をはねたドライバーは一旦停車したものの、降りてくることもなく走り去っていきました。

ですから、エンジンルームにもぐりこんだ猫の悲劇にも心を痛めていました。
このプロジェクトを少しでも多くの方に知っていただき、猫バンバンが定着してくれることを願っています。

自動車教習所の教本のように、毎回ボンネットを開けて点検する人は少ないと思いますが、慌ただしく車に乗り込んで即発進させるよりは、車や周囲の状況を見回しながら、ゆったりと発進するゆとりを持つ方が良いことは間違いありません。

猫バンバンなら、ほんのちょっとの時間と手間で、猫も愛車も守れます。
猫のことだけでなく、ドライバーが心の余裕を持つということが安全運転にもつながります。

車に乗る前にはバンバンして、耳を済ませてくださいね。

日産自動車に関する記事はこちら

ペットとのドライブについての記事

猫好きにおすすめのカーグッズ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す