RE雨宮とは?シャンテやRX-7やRX−8などRE雨宮が作った車を総まとめ!

数々の伝説を残しているロータリーチューンの名門中の名門として知られているのが、「RE雨宮」です。軽自動車でポルシェに勝ったこと、公道で300km/hを出したなど、逸話の数々を上げていくとキリがないほどです。今回は、そんなRE雨宮と、RE雨宮の伝説的なチューンドカーについてご紹介します。

RE雨宮とは?

名門ロータリーチューンの老舗


日本には数多くのカーチューニングショップがあります。
その中でも古株であり、突出して有名なのが、ロータリーチューンの老舗、RE雨宮です。

警察の検問突破、高速道路の300km/hオーバー走行を公言し、自らを暴走族と称する雨宮勇美氏が代表を務めています。

主にマツダ車向けのパーツの製造・販売を行っています。
特に、ロータリーエンジンを得意としており、ロータリーエンジンを搭載したRX-7やRX-8のチューニングカーが有名です。

今回は、そんなRE雨宮が世に送り出してきた名車の数々を紹介したいと思います。

RE雨宮の名車①REシャンテ

初代REシャンテ

RE雨宮 ドラッグシャンテ

出典:http://www.re-amemiya.co.jp/

RE雨宮は法律的に改造車が今ほど認められていない時期からチューニングカーの製作に取り組んでいました。
そんな時期に生まれたのがこの「REシャンテ」です。

マツダが販売していた軽自動車「シャンテ」にロータリーエンジンを移植し、240.5km/hという驚異的な最高速を誇りました。
今から30年以上前の東名レースでは、ポルシェターボと互角以上の速さを見せつけていました。

スーパーシャンテ 13B NA

出典:http://jp.autoblog.com/

初代REシャンテが登場してから35年後にあたる2016年に開かれた東京オートサロンにて、再びロータリーエンジンを搭載したシャンテがお目見えしました。

鮮やかなブルーに塗装され、ワイド化されたボディーやリアスポイラーが目立ちます。

280馬力を誇り、強力なブレーキを搭載しています。
現代のスポーツカーを相手にしても互角以上の走りが期待できます。

RE雨宮の名車②RX-7ベースのチューニングカー

2002年に惜しまれながらも発売が終了した言わずと知れた日本を代表するスポーツカーである、RX-7。

RE雨宮はそんなRX-7をベースに、数多くの魅力的なチューニングカーを生み出してきました。
今回はその一部をご紹介したいと思います。

過給圧上昇7

出典:http://www.advan.com/

RX-7の素性の良さを活かすセットアップがされており、チューンは最小限にとどめられています。

エアロは簡素なものを装着し、軽量化も殆ど行われていません。
エンジン本体も補機の強化と、ブーストアップしただけのライトチューンとなっています。

それでもレースで培ったサスペンションセッティングにより、筑波サーキットでは59秒台を叩き出し、十分な速さを見せつけています。

Greddy

出典:http://www.re-amemiya.co.jp/

ロータリーエンジン、あるいはRE雨宮ファンならだれしもが知る「Greddy」シリーズ。

1989年にFC3Sをベースとした初代モデルが登場し、その後10代目まで続いたRE雨宮の代表作といえるシリーズです。

エンジンチューンと同じくらいルックスにもこだわり、雨宮勇美氏がデザインを手がけたオリジナルエアロキットを装着しています。

RX-7が持つスタイリングの妖艶さと、オリジナリティ溢れるエッセンスが組み合わさり独特な仕上がりを見せます。

NA Super-7

出典:http://jp.autoblog.com/

東京オートサロン2012において、来場者の投票によって決められる人気ナンバーワンの車に贈られる、「チューニングカー部門最優秀賞」。その輝かしい賞を受賞したのがこの「雨宮 NA Super-7」です。

デザインは雨宮勇美氏が担当し、発泡ウレタンで形を作り、何度も修正を加えながら製作していったそうです。
ごまかしの利かないシルバー1色の塗装が、細部まで作りこまれた造形を際立たせています。

RE雨宮の名車③RX-8ベースのチューニングカー

2003年から2012年の期間に、マツダのロータリースポーツカーとして販売されたRX-8。

ロータリーエンジンだけでなく、観音開きのドアなど特徴的な点をいくつも備えており、いまでも高く評価されています。

RE雨宮は、そんなRX-8をベースにしたチューニングカーも数多く手がけています。

ストリート爆走エイト-The Devil-

魔王号

出典:http://www.re-amemiya.co.jp/

自動車雑誌「ホットバージョン」とRE雨宮のコラボによって生まれた車です。

魔王号の異名を持ち、4ドアながらも破格の走りを見せつけました。
エンジンから足回り、内装までこだわりぬいたカスタマイズが施されています。

μ Super G8

出典:http://www.re-amemiya.co.jp/

フロントライトが特徴的な車です。
本来のRX-8とはかなり雰囲気が変わってるように見えます。

サーキットでもひときわ目立つ存在になるでしょう。

もちろん、外見だけでなく、エンジンや駆動系にも細かいチューニングが施されています。

RE雨宮のモータースポーツ活動

SUPER GT GT300クラス

出典:http://forums.vwvortex.com/

RE雨宮は1995年から2010年までRX-7で参戦していました。
マツダからは、部品供給を含めて公式なサポートは受けておらず、完全なプライベートチームとして参加していました。
そのため、レースで使用するエンジンを解体屋から調達するなど、他のチームではあまり見られない苦労も多かったそうです。
ドライバーの山野哲也、井入宏之がドライバーを務めた2006年には、年間シリーズ総合優勝を獲得しました。

黄色いカラーリングは、サーキットでもひときわ目立ち、絶大な人気を誇りました。

全日本プロドリフト選手権 D1GP

http://www.re-amemiya.co.jp/retuden/05_new_car/d_fd_d1_2.html/

出典:http://www.re-amemiya.co.jp/

ドリフトの美しさを競い合うD1グランプリ。
RE雨宮は2004年から参戦しています。

参戦当初は、速く走るためではなく、華麗なドリフトをするためのチューンのノウハウが少なく、マシン製作に苦戦していました。
しかし徐々に経験を積み、足回りやボディー補強など、コントロール性を重視したマシンを作り上げることができるようになり、活躍する場面が多々見られるようになりました。

ロータリーチューンの名門 RE雨宮

日本のチューニングカー業界を牽引してきたRE雨宮。
今回は彼らが生み出してきた数々の名車のほんの一部だけ取り上げさせていただきました。

他にもまだまだたくさんの強烈なオリジナリティを持つ雨宮チューンの車があります。
サーキットにいけばRE雨宮のパーツを付けた車に会えるかもしれません。

興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

車のカスタムに関連するおすすめの記事

ロータリーなどエンジン音の違いが気になる方はこちらもチェック

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す