初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

BMW i8&新型i8 ロードスター最新情報!発売日は2018年|価格や性能など全まとめ

新型BMW i8ロードスターが2018年に発売されることが公式に名言されました!BMWのPHEVスポーツカー「i8」の改良型とi8のオープンモデルとなる新型i8 ロードスターに関する最新情報を解説します。エンジンを搭載しない完全なるEVとなる可能性についても紹介します。

BMW i8とは

BMW i8

BMW i8 外装

i8はドイツ大手自動車メーカー御三家の一つと呼ばれるBMWが製造、販売を行っているプラグインハイブリッド式スポーツカーです。1.5L 直列3気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを車体の後方に装備し、電気モーターをフロントに搭載しています。電力のみで約35kmまで航続可能で最大362ps、570Nmの出力を誇る性能を発揮するまさに高性能ハイブリッドスポーツカーです。

2000万円を超える車両価格ながらも、2013年に販売が開始されてから人気の車種となっています。2015年にはドバイ警察のパトカーとしても採用され、海外セレブをはじめ、XJAPANのYOSHIKIさんなど多くの著名人からの人気のスポーツカーです。

BMWi8 現行モデルに限定「Protonic Frozen Black」登場

BMW i8 Protonic Frozen Black 2017年

BMW i8 Protonic Frozen Black 限定車

BMW i8に限定モデル「プロトピック フローズン ブラック」が2017年4月に発売、6月から順次納車されていきます。
この限定車は日本国内でも発売されますが、その数は20台のみのレアなものとなります。(右ハンドル・左ハンドル10台ずつ)
その名のとおり、専用のマットブラック塗装が施された精悍な印象を与えるBMW i8となっています。

メーカー希望小売価格は、2,298万円となっています。

新型BMW「i8 S」が開発中!

現行型BMW i8

BMW i8 外装

大幅なパワーアップを実現

2017年にi8の新しいモデル「BMW i8 S」が登場すると言われています。i8 Sの走行テストが行なわれている光景を捉えた画像も海外メディアが報じており、新モデルi8 Sの登場の可能性は高いと言えるでしょう。

新型i8 Sの最高出力は、現行の362psから400psまで向上するとも言われており、リアガラスへベンチレーションの追加、よりスポーティとなったサスペンションやブレーキが採用されるなど、スポーツモデルらしい装備が目立っているようです。

完全EV!新型i8が2023年に登場!?

2016年8月現在、自動車メディア「Automobile Magazine」が報じている情報によると、BMWは現在、新型i8を開発しているそうです。2022年〜2023年の発表を予定していると言われています。

新型i8は完全 EVとなり、出力268hpのリアにモーターを2基、フロントに1基搭載されると予想。さらにバッテリー容量の拡充により1回充電で300マイル(約483km)の航続距離を誇ると言われています。

最高出力は750hpほどにまで達するとまで言われ、従来のモデルより格段に性能が向上すると予想されています。

【最新情報】新型BMW i8 ロードスターの発売が決定!

BMWのCEOが発売を名言!

BMW i8 Concept Spyder

BMW i8 Concept Spyder 2012年

2017年5月11日、BMWはi8ロードスターの発売決定を発表しました。2北京モーターショー12でi8 ロードスターコンセプトが発表されてから5年、多くのi8ファンが待ち望んでいた新モデルの市販化がついに決定しました。

i8ロードスターは2018年から「BMW i(BMWの電動車ブランド)」ラインナップに加わると、BMWのCEOであるハラルド・クルーガー氏が発言したことから、i8ロードスターの発売が確定であることが明らかになっています。

またi8ロードスターの発売とともに、i8も改良されパフォーマンスが向上するとも言われています。バッテリー容量の拡充により走行距離や走行性能が向上しているとのことです。

BMW i8 Concept Spyder

BMW i8 Concept Spyder 2012年

2012年に発表されたBMW i8 Concept Spyderと同様、左右のドアには跳ね上げ式の「バタフライドア」が採用されるようです。

新型BMW i8 ロードスターの性能や価格は?

i8ロードスターの詳しい性能に関してはまだ明らかとなってはいないものの、通常のi8と同じく220bhpの1.5リッター3気筒ターボ・エンジン、134bhpのモーターを2基搭載しているとのこと。

0-100km/h加速は4.6秒で最高速度は250km/hに制御されていると言われています。さすがのi8といった走行性能ですが、プラグインハイブリッドスポーツカーだけあって36.8km/lの燃費性能を発揮すると予想されています。

車両価格はまだ明らかとなっていませんが、性能などが通常のクーペモデルと変わらないと予想されているので、価格もそれほど大きく変わらないと思われます。ロサンゼルスモーターショーでさらなる詳細が明らかになる可能性が高いので期待しましょう!

i8ロードスターの走行テスト

新型i8 ロードスターの走行テスト動画がスクープされました!実際に走行するi8 ロードスターらしきモデルの姿を確認することができます。

新型i8&i8 ロードスターの今後に目が離せない!

BMW i8 Concept Spyder

BMW i8 Concept Spyder 2012年

今後もBMWの最上級スポーツカーi8から目を離せません。i8の新グレードの登場やロードスターモデルの発売、2023年には完全EVの新型i8も登場するので話題が尽きないでしょう。i8の動向をチェックして今後もi8に関連する情報を随時更新していきます!

BMWの車種に関連するおすすめの記事

EVスポーツカーに関連するおすすめ記事