自分で出来るETC車載器の取り付け方|オートバックスでの費用や時間と比較

昨今では当たり前のように使われているETCですが、こちらは自分で取り付けることもできます。自分で取り付ける方法やオートバックスなどのお店で取り付けてもらったときの費用や時間、どちらの方がいいのかなどについて説明していきます。

ETCの仕組みと制度とは?

ETCとは、有料道路を利用するときに、料金所で停止せずに通過することができるシステムで、正式名称を「電子料金収受システム」といい、英語表記の「Electronic Toll Collection System(エレクトロニック・トール・コレクション・システム)」の頭文字を取って略称としたものです。

ETCの取り付け方法

ETC車載器が標準装備された車もずいぶんと増えてきましたが、まだまだ後付けの需要は高い状況です。

これは高速道路料金を現金で支払うよりETCで支払った方が安くなる制度が背景にあります。
年に数回しか高速道路に乗ることがなくても、料金といちいち料金所で停止しなくてもすむ手軽さは、もはや必需品となってきたETC車載器ですが、ETCの機械的な仕組みと制度上、通販で買って自分で取り付けて終了、といった手軽な装備品ではありません。


このセットアップは、ETC車載器を自分の車専用にするために必要な動作です。
ETCのセットアップは、自分で行うことが出来ないので、お店でセットアップをしてもらいましょう。
セットアップにはオンラインセットアップとオフラインセットアップがあります。
オンラインセットアップは、セットアップに必要な暗号化された情報をオンラインで送受信します。
セットアップがすぐにできるので、申込み当日からETCが使用できるようになります。
オフラインセットアップは、情報発行元(ITS-TEA)と登録店の間で行われます。
セットアップ情報の伝達などはFAXを使って、発送は宅配便を使って行っています。
しかし、このセットアップは申し込みから完了まで一週間ほどかかってしまいます。

ETC車載器のセットアップは認定店でしかできない

ETC車載器には、車種の情報が埋め込まれます。
高速道路の料金は車種(普通車・大型車など)によって異なります。
ETCのある料金所等を通過するとき、道路に設置されたETCとETC車載器が通信をして、ETCカードへ課金するといった仕組みがあり、この通信のためにETC車載器へ車種情報を書き込む必要があるのです。
ETC車載器へは、車種区分のほか、ナンバーの情報も書き込まれます。
この情報の書き込みはとても重要な部分となり、認定されたお店でしか実施することができない制度があります。
従って、この情報を書き込むセットアップは自分ではできません。

尚、ETC車載器を物理的に車に取り付けるだけであれば、自分で実施することは構いません。
次項から、この解説をしていきます。

ETC車載器のセットアップ店

ETC車載器のセットアップをしてくれるお店はたくさんあります。
各メーカーのディーラー、オートバックスやイエローハットなどの大手カー用品チェーン店、カー用品を取り扱うホームセンターなど身近なところに無数にあります。

ETC車載器の取付け方法

1.取り付ける場所とアンテナを設置する場所を確認する

まずは、ETCを取り付ける場所を確認します。
次にアンテナを設置する位置を確認します。
設置する位置は、フロントガラス上部中央のガラス部分です。

2.電源コードにコネクタを取り付ける

次に、付属されている電源コードに接続コネクタを取り付けます。
電源コードの黄色の配線と赤色の配線の両方に接続コネクタをプライヤーを使って取り付けます。
このときに、フリータイプのヒューズ電源にある赤色配線にも接続コネクターを取り付けます。

3.ヒューズボックスを探す

次にETC車載器を取り付けるにあたって必要になるヒューズボックスを探します。
ヒューズボックスとは、自動車の電源を一か所に集め、過度な電流が流れた際に、過電流から車を守る役目をする箱のことです。
ヒューズボックスを見つけたら、ヒューズを抜きます。
ヒューズボックスのカバーを外すと、その裏にヒューズを外すためのピンチがあるので、それを使って外しましょう。

4.電流が流れているかを確認する

抜き終わったら、検電テスターで電流がしっかり流れているかどうかを確認します。
電流が流れていると、テスターが赤く光るので、非常にわかりやすいです。
テストが終わったら、次は低背ヒューズ電源を取り付けます。

5.ヒューズ電源を取り付ける

取りつけ終えたら、ETCの電源の+側をヒューズ電源に、-側をボディに取り付けます。
終わったらアースをつなげ、ラチェットで締め、ETC本体を取り付けて完了です。
取り付けが完了したら、最後に通電しているかを確認しましょう。

ETCを自分で取り付ける際にかかる費用は?

ETC取り付けの費用

この取り付けにかかる費用はどれくらいになるのでしょうか。
ETC本体の値段や、セットアップ料金などを合わせると、約15,000円ほどです。ETC本体の値段や使用するヒューズ電源によって、上下することもあります。この価格はおおよその目安として参考程度にとどめておきましょう。

オートバックスでETC車載器を取り付けると?

オートバックス

出典:https://www.autobacs.co.jp/

先程までは自分でETC車載器を取り付ける方法や費用などを紹介しましたが、やはり自分でやるよりもお店などに頼んだ方が手間もかからず、確実性も高いです。

オートバックスでは、ETC本体とセットアップ費用、基本工賃を合わせたお得なパックがあります。
こちらは約10,800円という低価格で取り付けをしてもらえます。

また、ETCのセットアップの際には、車検証が必要となるので、忘れずに用意しておきましょう。

ETCを自分で取り付けるのとオートバックス、どっちがいい?

ここまで記事を見てきて、ETCを取り付けるときは自分でやるのがいいのか、それともオートバックスなどのお店で取り付けてもらうのがいいのか、どっちなの?という疑問を持つ方もいることでしょう。

自分で取り付けることのメリットとデメリット

自分で取り付けることのメリットは、何より基本工賃がかからないことです。
よって、当然ながらその分費用は安くなります。
また、取り付けるETCを自由に選べるので、自分好みに取り付けることができます。
ただし、電装系に関して多少知識が必要となったり、自分で取り付けなければならないため、手間や時間もかかったりします。

オートバックスでのメリットとデメリット

オートバックスで取り付けてもらうと、そういった知識や手間、時間も大してかからずに取り付けてもらえます。
ただし、セットアップ料金として2,700円、取り付け費用として5,400円ほど取られてしまいます。
しかし、先ほど紹介したお得なパックを使用すれば、場合によっては自作で取り付けるよりも低価格でETCを取り付けることができます。

ETC取り付けに関しての結論は!

結論としては、知識があり、自分好みに取り付けたい場合は自分で取り付け、とにかくETCが使えるようになればいい、というのであればお店に取り付けてもらう、ということになります。

どちらがいい、というよりは、自分がどちらに当てはまるかを考えて選択しましょう。

通販でETCを購入した場合

通販でETCを購入した場合は、セットアップ等はどうなるのでしょうか。
まず、通販でETCを購入した後に、委任状と車検証のコピーをメールなどで送る必要があります。
その後、案内のメールが来るので、委任状に必要事項を記入します。
特に問題がなければ、受付完了のメールが来て、商品が発送されます。

ETC車載器を取り付けてみよう!

ETCを取り付けよう

出典:https://www.google.co.jp/

ETC車載器の取り付けに関する記事はいかがでしたか?
昨今ではETCの使用率も高まり、多くの方がスムーズに有料道路を使用しています。
例にだすと、東京から名古屋までの高速道路料金は、およそ7,000円です。
この料金を見てみると、カーショップに頼んでも、高速道路に乗る回数や料金などをご自身のカーライフに照らし合わせて考えてみたら、すぐに元が取れてしまうという方が多いのではないでしょうか?
この記事を読んで興味を持ったら、是非ETCを取り付けてみてください。

MOBYには、ETCや高速道路に関する記事がいくつかありますので、そちらもあわせてどうぞ!

ETCに関するまとめ記事

高速道路に関するまとめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す