初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

復活の新型アルファロメオ・ジュリアが2017年に発売!性能や価格についても

1977年以来、約40年ぶりにアルファロメオ・ジュリアが復活します。2017年中に発売が予定されているニュルブルクリンクのタイムアタックにおいてFRセダン最速ラップタイムをたたき出したFRセダン、アルファロメオ・ジュリアの最新情報に迫ります。BMW M5やパナメーラ ターボを凌ぐ新型ジュリアの性能と価格は?

アルファロメオ・ジュリアが2017年内に日本で発売決定

アルファロメオ ジュリア

FCAジャパン株式会社が、高性能車ブランドとして活躍しているアルファロメオから新型ジュリアがついに日本で発売することが決定しました。
2017年内に新型ジュリアの発売に向け、アルファロメオ専売店舗の展開が行われています。
アルファロメオは、専売ディーラー網を2018年中に60店舗規模に拡大する見通しです。
107周年を迎えるアルファロメオは、グローバル規模での新型ジュリアの導入を予定しているようです。

アルファロメオ・ジュリアとは?

アルファロメオ ジュリア

新型ジュリアはイタリアの名門・アルファロメオが、5年ぶりに登場させたスポーツセダンです。
しかも、同社にとっては四半世紀ぶりの量産FR車と言うことで、いやが上にも期待が膨らみます。
159が生産を終了して以来、アルファロメオのラインナップからは4ドアセダンが消え、FFハッチバックのジュリエッタとMITOだけになるという寂しい状況が続いていました。
しかし、アルファロメオのラインナップにセダンとクーペは欠かせません。新型スポーツセダンの噂は数年前より囁かれていましたが、ついに今年6月からイタリアで販売を開始しました。

アルファロメオの歴代名車や現行車種に関する記事はこちら

アルファロメオ・ジュリアの歴史を振り返る

アルファロメオ 初代ジュリエッタ スパイダー

じつはアルファロメオは「ジュリア」の名を冠した車を以前にも販売しており、今回は約40年ぶりの復活となります。
それではここでアルファロメオの歴史を少し振り返ってみましょう。
第2次世界大戦後、戦前の高級車メーカーから量産車メーカーへと転身したアルファロメオは、1950年代に「ジュリエッタ(初代)」を発表し、イタリア国内では戦後初のヒット作となりました。
ジュリエッタの名称は、イタリアを舞台とするウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」から名づけられたもので、ラテン読みでは「ロメオとジュリエッタ」となるのです。
つまり、アルファ“ロメオ”の“ジュリエッタ”という意味が車名に込められているわけです。
現在販売されているジュリエッタは3代目にあたり、日本では2012年から販売されています。

アルファロメオ 初代 ジュリア・スプリントGTA

そして、1962年に登場したジュリエッタの後継車種には、「ジュリエッタの姉」という意味を込めて「ジュリア」という車名がつけられました。
初代ジュリアは、コンパクトな車体に当時としては先進的なツインカム(DOHC)エンジンを搭載し、スポーツカーにも匹敵する高性能セダン/クーペとして、登場とともに爆発的な人気となりました。

ジュリアシリーズは、社内デザインの4ドアベルリーナ(セダン)のほか、当時ベルトーネ社に在籍していた若き日のジョルジェット・ジウジアーロが手掛けたスプリント(クーペ)、ピニンファリーナによる美しいスタイリングのスパイダー(2シーターオープン)などのボディバリエーションが製造されました。

「ジュリア」はアルファロメオにとって特別な車名

同車は商業的な成功を収めただけでなく、欧州で開催されていた耐久レースやツーリングカーレースでも大きな活躍を見せました。
中でもスプリントGTのボディをアルミニウム製に置き換えて軽量化した「ジュリア・スプリントGTA」は、1966年から4年連続でヨーロッパツーリングカー選手権のチャンピオンとなり、米国のSCCAツーリングカーレースでも活躍しました。

1972年には新型の「アルフェッタ」が登場しましたが、ジュリアの人気は衰えることはなく、ベルリーナ、スプリントとともに77年のジュリエッタ(2代目)が登場するまで生産が継続されたのです。
アルファロメオにとって、ジュリアと言う車名が特別な意味を持つことは、これでご理解頂けたと思います。

アルファロメオ ジュリア/ジュリエッタの中古車価格についてはこちら


中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中


アルファロメオ・ジュリアの性能は?

ジュリアQV(クワドリフォリオ)のスペック

アルファロメオ ジュリア 外装
全長全幅全高
4,6391,8731,426
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8201,5245
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類V型6気筒ツインターボ
排気量2.9 L
最高出力375[510]/6,500rpm
最大トルク600[61]/2,500-5,500rpm
トランスミッション6MT/8AT
駆動方式FR
使用燃料ガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

アルファロメオ・ジュリアQV(クアドリフォリオ)のスペックをご覧になれば分かる通り、アルファロメオが久しぶりにリリースするスポーツセダンということで、その性能は相当に気合いが入っています。

ライバルはBMW M5

BMW M5

アルファロメオ・ジュリアQVの開発に当たってはBMW M5を仮想敵としており、最高出力こそM5の560psに負けていますが、トップグレードのQVは、軽量化を狙ってエンジン本体やサスペンション、ドアなどはアルミ化されており、ルーフとボンネットフード、フロント・リアスポイラー、サイドスカートがカーボン製となっています。
その結果、車重は最近のプレミアムDセグメントセダンとしては、驚異的に軽い1,524kgに収まりました。
これはライバルのM5よりも456kgも軽い車重です。
その結果、アルファロメオ・ジュリアQVのパワーウェイトレシオ(出力重量比。車重÷最高出力で求められます)は3.017kg/psと、M5の3.535kg/psを軽く引き離しています。
BMW M5に比べ、全長が281mm、全幅が17mm、全高が44mm小さいことも大きな要因です。


中古車情報
システムメンテナンス中


アルファロメオ・ジュリアがニュルでセダン最速記録!

アルファロメオ ジュリア

そんなアルファロメオ・ジュリアQVがドイツ・ニュルブルクリンクサーキットの北コースにタイムアタックを行いました。
ラップタイムは7分32秒を記録しました。
新型ポルシェ・パナメーラターボが7分38秒をマークしたばかりだというのに、あっさりと6秒を短縮してセダン最速記録をアルファロメオ・ジュリアが更新してしまいました。
これは総合タイムでも30〜40位あたりに位置するタイムで、かつてモンスターマシンと言われた日産GT-Rよりも2秒以上も速いというのですから驚きです。

ポルシェ・パナメーラターボ

ポルシェ パナメーラ ターボ 外装 2016年型

ポルシェ・パナメーラターボに関連する詳しい解説についてはこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


アルファロメオ・ジュリアのラインナップはどうなる? 

ジュリアの内装

アルファロメオ ジュリア 内装

アルファロメオ・ジュリアのラインナップは、ニュルでセダン最速ラップを記録した2.9L V6DOHCツインターボ(クワドリフォリオ)、200psを発揮する2L直4DOHCターボ、そして150psと180psの2種類の2.2L直4ディーゼルの4種類が用意されています。
QVに組み合わされるトランスミッションは、アルファ自慢の「ALFA TCT」(DCT)ではなく、ZF製の8速ATと6MTで、今回記録を更新したのは前者となります(アルファの公式発表では「MTは6秒遅い7分38秒になる」とのことです)。

自動車用語に関連する詳しい解説についてはこちら

アルファロメオ・ジュリアの日本発売日は?

カレンダー 日程 発売日

出典:©Shutterstock.com/ Laborant

アルファロメオ・ジュリアの日本発売は2017年内に決定しました。
詳しい日付は未だ発表されていません。
導入されるグレードに関しては、おそらくディーゼルは不採用となり、2.9L V6DOHCツインターボと2L直4DOHCターボ、それもZF製の8速ATのみの設定になるものと思われます。
また、ジュリアのトリムレベルには、スタンダードとより贅沢な内装が与えられた「スーパー」の2種類が、それぞれのモデルに用意されています。
ただし、日本に導入されるモデルはすべて後者になるようです。

アルファロメオ・ジュリアの価格は?

自動車 金額 価格 円

北米で発表されたアルファロメオ・ジュリアQVの価格は7万ドル(邦貨に換算して721万円)ですが、装備差や輸入コストなどを考えると、だいたい900万円前後になるのではないかと言われています。
アルファロメオ・ジュリアは、たしかに高価ですが、ライバルのM5が1,553万円のプライスタグを着けていることを考えれば、バーゲンプライスと言えるかも知れません。
スタンダードな2L直4ターボモデルは、500〜600万円前後になるものと予想されています。
しかしながら、プレミアムブランド化によって従来のアルファロメオよりもいささか高額化した印象は拭えません。

アルファロメオ・ジュリアの燃費はどれくらい?

ガソリン 給油の画像

気になるアルファロメオ・ジュリアQVの燃費性能については、EU複合モードで12.2km/Lと発表されていますので、街乗りでの実燃費は7〜8km/L程度になるかと思われます。
2L直4モデルであれば、それより燃費が良くなるでしょう。
燃費を気にする人はスタンダードモデルを選べばよろしいと思います(あるいは並行輸入でディーゼルを買うという手段もありますが)。

燃費についての詳しい解説についてはこちら

アルファロメオ・ジュリアの続報に期待!

アルファロメオ ジュリア

新型アルファロメオ・ジュリアに関する最新情報はいかがでしたでしょうか?アルファロメオといえば小柄な乗用車というイメージがありますが、新型ジュリアの性能はBMW M5を凌ぐとも言われています。
MOBYでは今後もジュリアの続報が入り次第情報をお届け致します。どうぞお楽しみに!

アルファロメオの新型車に関するおすすめ記事!

輸入車に関するおすすめ記事!

この記事の執筆者

山崎 龍この執筆者の詳細プロフィール

1973年1月東京生まれ。自動車専門誌の編集を経てフリーライターに。自動車専門誌を中心に、航空、ミリタリー、映像作品、オタクカルチャー、政治などの 様々なジャンルに寄稿する雑文ライター。 著書に『最強!連合艦隊オールスターズ』『萌えだらけのクルマ選び』(共にイカロス出版)、『「...