MOBY

オーバーフェンダーとは?取り付け加工や構造変更と車検について

車をカスタムすることが好きな方は必見ですよ!オーバーフェンダーの色々な情報をわかりやすく書いていきますので最後まで是非ご覧下さい。

オーバーフェンダーとは?

オーバーフェンダー

出典:http://www.uras.co.jp/

各自動車メーカーから発売されている自動車に三日月型のフェンダーを上からかぶせるように付ける事をいいます。

付ける意味としては道路運送車両法保安基準第178条において

車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方 30°及び後方 50°に交わる2平面によりはさまれる走行装置の回転部
分が当該部分の直上の車体
(フェンダ等)より車両の外側方向に突出していないもの

出典:http://www.mlit.go.jp/

としているので太いタイヤを履いてフェンダーからはみ出すことを法律的に禁止しているんですね。

歩行者の安全の為のなので太いタイヤを履いてはみ出しているのであればオーバーフェンダーは必須だと言えますね。

オーバーフェンダーとブリスターフェンダーって違うの?

ブリスターフェンダー

出典:http://www.garage-spark.jp/

一度は聞いたことあると思いますがオーバーフェンダーと近い意味で言われるブリスターフェンダーなのですが、写真のオデッセイのようにフェンダー部分が膨らんでいますよね?

これがブリスターフェンダーです。

オーバーフェンダーが既存のフェンダーの上から後付けで足すのですが、ブリスターフェンダーの方は自然な膨らみでフェンダー前後のドアやリヤバンパーの方も膨らんでいるので現在はこちらが主流のようですね。

ブリスターフェンダーの方はタイヤだけではなくトレッドも拡大して足回りのアーム類も純正では無いものを使用している事が多いので、走行安定性を求めるスポーツカーなどはほぼブリスターフェンダーです。

オーバーフェンダーの付け方

出典:http://www.dena-ec.com/

オーバーフェンダーをいざ付ける時ですが、DIYで自分で加工して付ける人もいますが、カーボディー屋に持ち込むか、既製品のオーバーフェンダーが非常に豊富にあるので、インターネットやカー用品点で買って付けるのが一番効率的かと思います。

自分で付ける場合、商品によっては両面テープのものもありますがすぐに剥がれ落ちる可能性があり車検で不合格になる可能性もあるのでせめてビスで止める事をおすすめします。

同じようにDIYで作れるフロントテーブルのリンクも貼っておくので気になった方はご覧下さいね。

こだわりのオーバーフェンダーを付けたい場合

出典:http://www.rip-jb.com/

ホイールのサイズに合わせたオーバーフェンダーの制作の方法などもボディー屋に持ち込めば可能です。

制作の内容ですがホイールのサイズに合わせてまずフェンダーをカットしてから溶接と叩き出しで適正な形に加工して、パテ盛りから塗装までのこだわりのオーバーフェンダーにもできるのが魅力ですね。

オーバーフェンダーを頼んだ時の工賃はいくらぐらい?

既製品のオーバーフェンダーをビスで止めるだけであればだいたい4輪で1万円ぐらいが相場です。

あとはビスではなくリベットで止めて見た目をよくすると、4輪で約2万円程なので実際そんなに高額な金額はかからないようですね。

ポン付けではなく既存のフェンダーを切ったり溶接したり、更にパテ盛りでつなぎ目をわからなくしてから塗装するような事をすると、1輪当たり5万~20万前後はかかるみたいなのでかなり高額になってしまいます。

オーバーフェンダーは車検適合なの?

オーバーフェンダーの有無によって車検に通る通らないは関係ないですが、車検証に乗っている全幅より20mm幅が大きくなってしまっている場合などは構造変更がいるので事前に測定しておく必要があります。

それともう二つ注意があり、オーバーフェンダーの取り付け方法によって自動車検査員の判断次第では不合格にされてしまうので確実にいくなら、ビスかリベットでしっかり固定しておくと安心です。

もう一つはフェンダーとタイヤの隙間を結構見ている検査員が多いので車検的にはお互い干渉しなければいいのですが、指2本分縦に入らないと不合格にする検査員もいるのでそこは事前に確認しておきたいですね。

オーバーフェンダーによる構造変更の注意点

ナンバー

出典:http://kurumaurukuma.com/

一般乗用車の場合3ナンバーが普通自動車で5ナンバーが小型自動車、軽自動車は黄色いナンバーなのでわかりやすいですがそれぞれ超えてはいけない全幅があるのはご存知ですか?

軽自動車の場合1480mm以内
小型自動車(5ナンバー)は1700mm以内

なので軽自動車にオーバーフェンダーをつけて全幅が20mm以内しか変わらない場合でも軽自動車の全幅を超えていたら小型自動車として登録しないとならないので注意が必要です。

小型自動車(5ナンバー)の場合特に多いのですがオーバーフェンダーをつけていると車検を嫌がる整備工場が多く、純正に戻すことや取り外しを言われることがあるので車検や修理の度に嫌な思いをしているのであれば、普通自動車(3ナンバー)にすることもオススメですよ。

構造等変更検査を受けるタイミングについて

構造変更をする際に考えなければならないのがいつ検査を受けるのかです。

結論を先にいうと構造変更検査を受けるとそこから2年間の有効な車検証が発行されるので、車検を受けるタイミングで構造変更しないと車検の期間が短くなってしまってもったいないので車検の時に構造変更することをオススメします。

構造変更の費用について

構造変更自体の費用は普段の車検費用に加えて改造申請書類の1400円ぐらいプラスされると考えてもらって大丈夫です。

実際エンジンを載せ替えたりミッションを載せ替えたりなどすると強度計算書の提出を求められますがオーバーフェンダーの全幅が20mmを超えての構造変更であればそこまでかからないのでご安心ですね。

オーバーフェンダーをつけてドライブへ

ドライブ 風景

出典:http://www.threetroy.com/

色々オーバーフェンダーについて書きましたがいかがでした?

見た目だけのオーバーフェンダーではなく安全にドライブするために必要なものであり歩行者の安全を考えてつけているものなので、色々な商品を探してみて気に入ったオーバーフェンダーがあったら是非つけてみてくださいね。

見た目がかっこいい車とドライブすると日々の疲れも取れますよ。

車のメンテナンス・カスタム用品に関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す