人気おすすめ車用カーテン5選|車用カーテンは違法?車検は通る?

日差しを遮ったり、車の中を覗かれたりされるのを防ぐには便利な車用のカーテン。レジャー先で車中泊をする時にも良いかもしれません。ですが、そんなカーテンを付けるのは交通違反!?そんな車のカーテン事情に迫りました。

車用カーテンの用途は様々!

車用カーテンの用途

出典:http://minkara.carview.co.jp/

車の中にカーテンを、見かけたことはあっても実際に車用カーテンを取り付けている人はそれほど多くはないのではないでしょうか?

実は車にカーテンを取り付けることは意外なメリットがいくつも存在するのです!

暑さ対策に最適

運転中のじりじりと焼け付く様な日差しは精神的にも辛く、肉体的にもバテてしまいます。

そんな時、役に立つのが、車用のカーテンではないでしょうか。これ一つあるだけで車内温度と体感温度は5℃程度変わるといわれています。

寒さ対策にも

車用カーテンが暑さ対策になるのはもちろん、寒さ対策にも抜群の効果を発揮するのをご存知でしょうか?

夏場海へのドライブを乗り越え、冬にはウィンタースポーツで遠出をするアクティブなご家庭には通年でメリットがあるすばらしいアイテムというわけです。

視線を遮ることで防犯効果も!

車用カーテンが大活躍する場と言えば車中泊ですが、それはおもに駐車時に外から覗かれることを防ぎ、安全に眠ることを可能にしてくれるというのが主な理由です。

他にも、単純に駐車時に外からの視線を遮断して読書や音楽に集中するということも車用カーテンがあれば可能です。

赤ちゃんのために紫外線を遮断することも可能!

赤ちゃんは成人に比べて皮膚が薄く、紫外線に対するバリアが不完全なため念入りな対策が必要なことは子育てを経験している人にとっては周知のことだと思います。

赤ちゃんを乗せてちょっと車で遠出するような時には、この車用カーテンが役に立つことは間違いありません。

シートやカーテンを車購入時にオプションとしてカスタマイズするとかなりの費用がかかってしまいますが、市販されているもので代用で、しかも安く抑えられるならば、かなり嬉しいですよね。

出典:http://amylemleyforoakland.com/

キャンプなどに出かけるときには、後部座席の扉に車用カーテンを取り付けると、簡易テントのようにも使うことが出来ます。

出典:http://www.whatcur.net/

車のカーテンは違反?車検は通る?

出典:http://www.pinnoki.com.tw/

暑い夏、家族みんなで出かけることも多いですよね。

日差し除け、車の中を見られたくない、などの理由で車にカーテンを付けている、または付けようかと思っていませんか?
しかし、そこで気になるのが車のカーテンは違反ではないのか、ということ。

その気になる疑問について調べてみました。

運転席や助手席のカーテン

出典:http://japanese.alibaba.com/

例えば、神奈川県警のホームページには「運転席、助手席の窓をカーテンで閉めて運転すると違反」とちゃんと明記されています。

運転席又は助手席の窓をカーテン等で閉めて、又はテレビ等を助手席などに置き、視野を妨げて運転すると交通違反(乗車又は積載の方法違反)となり、取締りの対象となります。

出典:http://www.police.pref.kanagawa.jp/

正確には、

道路交通法第55条第2項(乗車又は積載の方法)

車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

出典:http://law.e-gov.go.jp/

反則金 6,000円(普通車)、7,000円(大型車・中型車)
違反点数 1点

この部分に対する違反となります。

走行時はカーテンを収納し、座席の背もたれより前に出ないようにしましょう。


では、それを守れば違反にはならないのか、と思いますよね。
しかし、ここで注目したいのが道路運送車両法の保安基準です。

第29条3項には

自動車(被牽引自動車を除く。)の前面ガラス及び側面ガラス(告示で定める部分を除く。)は、運転者の視野を妨げないものとして、ひずみ、可視光線の透過率等に関し告示で定める基準に適合するものでなければならない。

出典:http://goo.gl/

とあります。
つまりカーテンが窓ガラス一切触れないようにしなければならないのです。

また、車検の際には、カーテンが付いているとまず通りません。
たとえカーテンを取ってレールだけにしたとしても引っかかってしまう場合もあるようです。

駐車時にのみ使うとしてもデメリットを考えると、運転席・助手席のカーテンの装着はあまりおすすめできません。

後部座席のカーテン

出典:http://www.mmjp.or.jp/

運転席・助手席と違い、後部座席のカーテンは違反にはなりません。
ワゴン車などで後部座席にカーテンが付いている車を見かけたこともあると思います。

車中泊をしなければならない時や子供を寝かせたい時などはカーテンを付けても良いかもしれません。

おすすめの車用カーテン3選!

①アールエル 車用カーテン

車用カーテン

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらは吸盤で取り付けるタイプなので着脱が容易かつ、長さ自体の調節機構もあるのでしょう用カーテンを始めて購入されると言う方にはおすすめです!

価格:1100円

②カーメイト UVカット99.9%サンシェード

車用カーテン

出典:https://www.amazon.co.jp/

特に紫外線に特化したタイプの車用カーテン。

吸盤タイプで変形窓など、どんなタイプの窓にも柔軟に対応することが可能です。

価格:1954円

③Meltec 車の網戸 虫除けタイプ 風が通る高性能版

車用カーテン

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらの車用カーテンはアウトドア向けに風通しと防虫効果を両立したタイプのカーテンとなっております。

フロントドアにかぶせるタイプなので、カーテンというより網戸の感が強いのですが、その分夏場や湿度の高い地域には特化していると言えます。

④ゼンポー 車用着脱簡単カーテン

ゼンポー車用カーテン

出典:https://www.amazon.co.jp/

横幅17cmとかなり大型のカーテンなので、車中泊などの際、車の運転席と後部座席を区切ったりするのに最適と言えるでしょう。

またこちらの車用カーテンはピラーの間にクリップを挟み込むタイプなので、購入の前にいちどご確認することをおすすめします。

価格:2440円

⑤BONFORM ( ボンフォーム ) 車用カーテン

ボンフォーム車用カーテン

出典:https://www.amazon.co.jp/

極めて大型で、フリーサイズとなっているのでどんな車種にでも対応できる万能車用カーテンと言えばこちらの車用カーテンです。

記事も厚く、適度な重量もあるので使い勝手は申し分ありません。

価格:4698円

車のカーテンに関しては安全第一で!

出典:http://www.mmjp.or.jp/

車のカーテンについて、今はまだグレーゾーンなところもありますが、とにかく安全を第一に考えましょう。

また、調べてみるとわかりますが、車のカーテンについての周りからのイメージはかなり悪いです。
特に、死角が増えたことで巻き込み確認がし難くなったり、他車の運転手とのアイコンタクトが通じないのは致命的です。

それらを考えると、駐車時(使用時)以外はすぐ取り外せるものにするか、根本的にカーテンの取り付けはやめておいた方が良いと思います。


それでは、自分だけではなく他の人への影響・迷惑にも気をつけてドライブを楽しんでください!

車の法律に関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す