初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ランボルギーニ新型アヴェンタドールS 日本発売開始!驚愕の価格とスペックとは?

2017年4月17日、新型アヴェンタドールS の日本発売開始がランボルギーニから正式にアナウンスされました。新型アヴェンタドールS の驚愕の価格と改良されたエンジンスペックなどをまとめてご紹介!

ランボルギーニが新型「アヴェンタドールS」日本発売開始!

ランボルギーニ アヴェンタドールS

2016年12月19日、ランボルギーニは「アヴェンタドールS」を発表しました。
かねてより、ドイツ・ニュルブルクリンクにおいて、ランボルギーニ・アヴェンタドールのマイナーチェンジ新型モデルがテスト走行を行っている姿が捉えられるなど、新型の発表が噂される中、ついに発表……ではありましたが、日本での発売開始日はそのときアナウンスされていませんでした。
しかし、2017年4月17日にランボルギーニは日本での発売開始を正式に発表しました。

この新型モデルはランボルギーニの歴代全モデルの中で最速を誇った「アヴェンタドール」の追加モデルとなり、いくつかの改良がなされています。また、アヴェンタドールSがランボルギーニの新たなベンチマーク(最高スペックの基準となるモデル)となります。

ランボルギーニ ウラカンの新型モデルとしてランボルギーニ ペルフォルマンテ(スーパーレッジェーラ)の登場も注目が集まっています。
ペルフォルマンテ(スーパーレッジェーラ)の詳細については、以下でご紹介しています。

新型ランボルギーニ アヴェンタドールSの価格

ランボルギーニ アヴェンタドールS

アヴェンタドールS 日本販売価格:4,490万円

2017年4月17日、ランボルギーニ社はアヴェンタドールS のローンチパーティーを開催、価格が発表されました。
現行モデルとなるアヴェンタドール クーペの日本販売価格は、43,173,000万円(消費税込み)と大差ありませんが、いずれにしても驚愕の車両価格と言わざるを得ないでしょう。

ランボルギーニ アヴェンタドールSはカウンタックへのオマージュ

ランボルギーニ カウンタック

出典 :©everystockphoto.com/ exfordy

ランボルギーニ カウンタック

出典 :©everystockphoto.com/ exfordy

上の2枚のカウンタックの画像を見ますと、新型ランボルギーニ アヴェンタドールSと通じる部分を感じるのではないでしょうか。
アヴェンタドールSでは、現行モデルよりもさらに空力にこだわり外装の一部を改良、エンジンをパワーアップし足回りも再開発された新たなアヴェンタドールとなりました。
この新しいデザインは次世代アヴェンタドールの象徴であると同時に、名車「カウンタック」を彷彿とさせるリアホイールアーチのデザインを取り入れるオマージュが含まれていることも特徴的です。

ランボルギーニ・アヴェンタドールとは?

ランボルギーニ・アヴェンタドール LP 700-4

出典:©Shutterstock.com/yousang

アヴェンタドール(Aventador)は、イタリアの自動車メーカー・ランボルギーニが製造・販売しているスーパーカーです。
車名は、牛に関連した名前を付けるというランボルギーニ伝統の命名規則に従って、スペイン・サラゴサの闘牛場において活躍した雄牛の名前から採られています。

本車はランボルギーニ・ムルシエラゴの後継車種として、2011年に発売されました。
ボディには軽量で丈夫なカーボンファイバーモノコック構造を採用し、エンジンには強力な6.5L V型12気筒エンジンを搭載しています。
その最高出力は700ps/8,250rpmを発揮し、0-100km/h加速が2.9秒以下、最高速度は350km/h以上にも達します。

日本国内では2011年の9月から販売が開始され、その価格は4,317万円からとなっています。

■ランボルギーニ・アヴェンタドール諸元
全長:4,780mm
全幅:2,030mm
全高:1,136mm
ホイールベース:2,700mm
車両重量:1,575kg

エンジン:6.5L V型12気筒DOHC
駆動方式:4WD
最高出力:700ps/8,250rpm
最大トルク:70.3kgm/5,500rpm
トランスミッション:7速DCT

新型ランボルギーニ・アヴェンタドールSのデザイン!

発表直前に公開されたアヴェンタドールSのティザー動画

昨年末の発表前には、Youtubeのランボルギーニ公式チャンネルが、新型アヴェンタドールSのティザー動画を公開しました。動画は、これまでランボルギーニが製造して来たV型12気筒エンジン搭載モデルを製造年の古い順に紹介し、アヴェンタドールSがその系譜を継ぐものであることを表しています。
350GTに始まり、ミウラ、カウンタック、ディアブロ、ムルシエラゴなど、ランボルギーニが製造して来たフラッグシップモデル続々と登場します。
ランボルギーニファン、車好きにはたまらない動画になっています。

新型ランボルギーニ・アヴェンタドールSの外装・内装デザイン

アベンタドールSの外装・エクステリアデザイン

ランボルギーニ アヴェンタドールS

ランボルギーニ アヴェンタドールS

ランボルギーニ アヴェンタドールS

ランボルギーニ アヴェンタドールS

↓アヴェンタドールSのインテリア画像

より攻撃的なデザインで出力も若干向上

新型アヴェンタドールSは、これまでのアヴェンタドールと比べよりも攻撃的なデザインが採用されました。
フロントバンパーやサイドスカート、リアデュフューザー等のパーツに変更が見られます。
これらのパーツの変更は、デザイン性の向上だけでなく、空力性能も向上させ、より高いパフォーマンスを発揮できるようになりました。
パワートレインには大きな変更が無いとされていましたが、アヴェンタドールに搭載されていた「6.5L V型12気筒ガソリン自然吸気エンジン」をさらにパワーアップさせ、以下のように性能が向上しています。

・最大出力:700hp→740hp(40hp向上)
・最大トルク:70.4kg→75.4kgm(5kgm向上)

なお、「7速トランスミッション、最高速度:350km/h、0-100km/h加速:2.9秒」という性能に変化はありません

ランボルギーニ アヴェンタドールの中古車価格


LP700−4
3680.0万円
本日の在庫
22
平均価格
4633.8 万円
本体価格
3680 ~ 7830 万円

新型ランボルギーニ・アヴェンタドールSは量産スーパーカーの頂点へ

ランボルギーニ アヴェンタドールS

新型ランボルギーニ・アヴェンタドールSの最新情報はいかがでしたでしょうか?

昨今の自動車業界におけるダウンサイジング化の流れに反し、まさに威風堂々の大排気量V12型エンジンをさらにパワーアップさせるあたり、ランボルギーニの強い理念が感じられます。
量産スーパーカーの頂点へと君臨したといってもない新型ランボルギーニ アヴェンタドールSの日本発売開始で今後、さらにランボルギーニのファンを増やしていくのではないでしょうか。
ただしかし、公道を走る姿が見られるかどうかが悩ましいところではあります。

現在の愛車の最高買取査定額の確認はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

ランボルギーニに関連するおすすめの記事こちら!

スーパーカーに関するオススメ記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...