【女性ウケ抜群】20代男性におすすめのマツダ新型ロードスター

20代男性で、時流に乗ってエコだコンパクトだなどといった観点ばかりでクルマを選んでいませんか?正直、勿体ないですね。自分の好みでクルマを選べるのは20代のときぐらいです!30を過ぎればぼちぼち結婚をし、家族も増えます。そうなれば自然と家族が中心のクルマ選びとなります。まだまだ若いイマだからこそクルマ選びに「遊び心」を取り入れてみませんか?今回、紹介するマツダの新型ロードスターはそんな「遊び心」を存分に満たしてくれる1台です!2シーターですので、女性と2人っきりの時間を過ごすにはもってこいのアイテムになってくれます!恋人同士でシーサイドを駆け抜け、緑豊かな地をフルオープンにして風を呼び込めば、20歳代を最高の思い出として彩ってくれること間違いなしです!

2015年5月デビュー 新型ロードスター!

2015年の5月、ついにマツダの新型ロードスターがデビューしました! 

初代NAが登場したのは1989年のことです。
ブリティッシュライトウェイトスポーツを目指して開発された初代NAロードスターは、世界中で大ヒットし、BMW・Z3やベンツ・SLK、フィアット・バルケッタなどに大きなリスペクトを与えました!

そんなロードスターも、NAのAから4つ数えて、Dの4代目NDとして、また新たなストーリーを刻み始めました。

初代NAへの原点回帰

出典:http://autoprove.net/

エンジンはマツダのSKYACTIVによる1.5リッター直噴4気筒131psです。

2.0リッターで170psだった3代目NCからしてみれば、少し物足りないのは明らかですが、今回マツダの開発陣がこだわったのは「原点回帰」です。

ロードスターはモデルチェンジを繰り返す度に、マニア受けばかりを狙ったスペックの向上が計られて行き、その都度、初代NAに比べて車重が増していきました。

そもそもロードスターの最大の魅力は、「走り」にこだわるマニアだけでなく、誰でも気軽にスポーツカーを味わえるというものです。

今回は初代NAの目指したコンセプトに回帰し、ボディーのコンパクト化と、車重が1000kgを切る軽量化が取られ、先代のNCに劣らない動力性能を実現しています!

トルクを活かしてブイブイとクルマを操って、同乗する女(ひと)をあまり驚かせたり、怖がらせたりしてもいけませんね。

心地よい加減で風に当たり、ほどよいスピードでスポーツカーを楽しむなら、今回のNDは最適なクルマだと言えます!

上質感とスポーティーさを失わないインテリア

出典:http://drumsyos.blog.fc2.com/

NCまではサイドブレーキが助手席側にあったのが、今回からはドライバーシート側への設置となり、操作性がアップしました!

両サイドのドアレバーの部分をボディーカラーに合わせたあしらいも、なんともオシャレですね。

写真は6MTですが、いまどき珍しくほとんどの車種でMTを扱うマツダであれ、ちゃんとATも用意されてます。
ただし、ATの場合、車重は増しますが。

自動車ジャーナリストの故・徳大寺有恒さんが生前、「スポーツカーはスポーツをするための車である」と語っていました。

やはりここはMTを選択してこそスポーツカーの醍醐味を味わえるというものです。

出典:http://drumsyos.blog.fc2.com/

コーナーでヒールアンドトゥが上手くキマれば、自己満足だけでなく、隣に乗せている女性からの得点も期待できますね!

自由にクルマが選べる20代だからこそスポーツカーを!

草食男子なる言葉が生まれて随分と時間が経ちます。

冒頭でも触れましたが、20代なのに、あまり堅い条件でばかりクルマを選んでいては勿体ないです!

また、クルマすら持たずに自宅でネットやゲームばかりに講じているのも同様です。

いま付き合っている女(ひと)がいる方も、これから探されるという方も、こうしたクルマはカップルで乗ってこそ一つのスタイルが出来上がるというものです!

互いに髪をなびかせ、サングラス越しに見る風景は、きっと格別なものに違いありません!!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す