違反者講習とは?時間から料金や内容まで解説|免許更新時の違反運転者講習との違いも分かる

皆さんは、違反者講習の通知が自宅に来たことはありませんか?この講習ですが、面倒くさいからといって受けないでいると、大変なことになってしまいます。今回の記事では、違反者講習を受けるメリットや講習にかかる時間、料金、違反運転者講習との違いについて説明します。

違反者講習とは?

違反者講習とは

出典:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

違反者講習とは、運転免許証を持つ者が、違反をした際に受ける必要のある講習のことです。
この講習を受けないと、免許停止処分を受けることになります。

講習の対象者は?

違反者講習を受ける対象者は、

・免許の累積点数が6点になっている人
・累積の内容が基礎点数3点以下の違反行為であること
・過去3年間に、違反者講習を受けたことがない
・免許停止処分を受けたことがない

という方です。
ただし、以下の項目に該当する方は、違反者講習を受講することができません。

・過去3年以内に免許停止(保留)処分を受けた者
・過去3年以内に免許取消(拒否)処分を受けた者
・過去3年以内に違反者講習の受講歴がある者
・過去に「道路外致死傷」や「重大違反そそのかし等」をした者

これらに該当した方は、行政処分を受けることになります。
講習の受講は任意となっていますが、受けないと前述のとおり免許停止処分を受けてしまいますので、ほとんどの方が受講しています。
また、点数も除外されるようになるので、受けた方がメリットがあります。

違反したら通知は来るの?

点数が6点になった場合などは、公安委員会から配達証明郵便で連絡が来て、講習を受けるように促されます。
受講可能期間は、通知書を受け取った日から一か月となっています。
もしこの一か月以内に受けることが難しかったら、通知に記載されている問い合わせ先に連絡して、その旨を伝えましょう。
どのようにすればいいか指導してくれるはずです。
前述の通り、受けたら点数が除外されたり、処分前歴がなくなったりするので、基本的には受けた方がいいです。

講習を受けなかった場合の処置について

違反者講習を受けなかった場合は、30日間の免許停止処分になったり、停止処分者講習受講の資格をはく奪されたり、別の違反をした際に行政処分が重くなったりします。
このように、デメリットが大きすぎるため、講習の通知が来たら必ず受けるようにしましょう。

MOBYには、免許の取り消しや免停についての記事がありますので、そちらも参考にしてみてください。

違反者講習はどんな内容?

違反者講習の内容

出典:http://hoku-g.jp/

違反者講習では、受講する者が二つのコースを選ぶことが出来ます。
コースの種類は、社会参加活動を含むコースと含まないコースです。

社会参加活動を含む講習

このコースでは、さらに二つのコースに分かれており、それぞれ事前体験コースと当日体験コースの二つがあります。
事前体験コースでは、指定した講習日にあらかじめ社会参加活動を受けた上で、別に指定された講習日に座学等を行い、当日体験コースでは、講習日の当日に、座学や社会参加活動を行います。

社会参加活動、いわゆるボランティア活動の内容は、歩行者が安全に通行するための補助指導や、交通安全のチラシやポスターの作成、交通安全の呼びかけなどを行います。

これらの内容は都道府県によって違うので、自分の都道府県がどれに該当するのかは、講習を受ける前に調べて、それからこちらのコースを選ぶかどうかを決めるとよいでしょう。

社会参加活動を含まない講習

ボランティア活動を含まない講習については、座学やシミュレーターによる運転指導などを行っています。
ボランティア活動を受けない代わりに、実車による安全運転指導を受けることになっています。
なお、座学の内容はどちらも同じような内容になっています。

違反者講習の料金はいくらかかるの?

料金

ここで気になるのが、違反者講習にかかる料金です。
一体いくらかかるのでしょうか。
受講コースにはAコースからDコースの4つあり、それぞれ料金が異なります。

・Aコース 実車による安全運転をするコース
料金:14,100円
・Bコース 交通安全活動を体験するコース
料金:9,950円
・Cコース 地域交通安全活動推進委員協議会の活動を体験するコース
料金:9,950円
・Dコース 社会福祉協議会の交通安全活動を体験するコース
料金:9,950円

違反者講習の時間はどれくらい?

違反者講習の講習時間

講習時間は総合で6時間となっています。
内訳は、ボランティア活動もしくは安全運転指導で2時間30分、座学で3時間、考査で30分となっています。

違反運転者講習との違いは?

違反運手者講習という違反者講習と名前の似た講習がありますが、これらの違いは一体何なのでしょうか。
違反運転者講習は、運転免許の更新時に受ける講習の一つであり、この講習を受けたからと言って、違反点数が除外されることはありません。
ちなみに、免許更新時に特に違反をしていない場合は、この違反運転者講習を受ける必要はありません。
別にある優良運転者講習か初回更新者講習、一般運転者講習のどれかを受けることになります。

違反者講習の通知が来た場合はきちんと受講しましょう

違反者講習に関する記事はいかがでしたか?
違反が重なって講習の通知が来てしまったら、嫌がらずにおとなしく講習を受けましょう。
今回の記事で受けるメリットや受けないデメリットも理解できたと思います。
違反者講習をしっかりと受講して、次からの運転に活かすことができれば、何にも代えがたい貴重な経験となるはずです。

MOBYには、他にも免許や講習に関する記事がいくつかありますので、そちらもあわせてどうぞ!

免許に関するまとめ記事

講習に関するまとめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す