横断歩道で自転車に対して徐行や一時停止は義務?標識の意味についても

横断歩道を通行する際に、徐行はしていますか?徐行が必要なのはどんな時だっけ?と思っている方もいませんか?徐行や一時停止が必要な場合はどんな時か、またしなかった場合の罰則、横断歩道や自転車横断帯の標識などをご紹介します。

横断歩道で徐行や一時停止が義務なのはどんな時?

横断歩道を車で通行する際のルールは、道路交通法の第38条で定められています。

内容を要約すると、

1)横断歩道に接近する場合、歩行者や自転車がない事が明らかであれば直進してよい

2)横断歩道を通行する歩行者や自転車がいるかどうか明らかでない場合は横断歩道の直前(停止線がある場合はその直前)で停止できる速度で徐行する必要がある

3)横断歩道を横断中、または横断しようとしている歩行者や自転車がいる場合は一時停止し、通行を妨げてはいけない


つまり、横断歩道を通行する時は、歩行者や自転車が明らかでなければ徐行が必要で、歩行者や自転車が通行中ならば一時停止する義務があります。

交通ルールで定められていますので、守らないと当然、罰則があります。
罰則や横断歩道の標識などを以下でご紹介します。

道路交通法第38条より引用

第三八条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

出典:http://www.houko.com/

そもそも横断歩道って何?

車に乗っている方で横断歩道を知らない人は基本的にいないはずですが、おさらいとして横断歩道、自転車横断帯について確認しておきましょう。

横断歩道は、道路交通法第2条の4項で定義されています。

横断歩道とは、「道路標識または道路標示により、歩行者の横断のための場所であると示されている道路の部分」の事です。

また、自転車横断帯は、「道路標識または道路標示により、自転車の横断のための場所であると示されている道路の部分」の事です。

これらはひとまとめにして横断歩道等とも呼称されます。

横断歩道が制定されたのは1960年(昭和35年12月)です。

初期の横断歩道は、二本線のものと、白線が中央で食い違うタイプの二つのデザインがありました。

横断歩道の標識が現在のものになったのは1963年。

1965年には、側線と白線がハシゴ状になったシンプルなデザインになりました。

自転車横断帯は1978年(昭和53年)に制定されました。

また、横断歩道・自転車横断帯の制定が1992年(平成2年)に行われ、横断歩道と自転車横断帯が併設されている場所では標識が一体化されました。

そして、同じく1992年には、横断歩道の側線を省いたデザインとなりました。
これが、現在我々が見ている横断歩道です。

徐行義務を守らなかった場合はどんな罰則があるの?

横断歩道等を通行する歩行者や自転車がいない事が明らかではないにもかかわらず徐行しなかった場合や、横断歩道等を通行中の歩行者、自転車の通行を妨げた場合は、罰則があります。

「横断歩行者等妨害等違反」とされると、以下の罰則を受けなければなりません。

■行政処分
・基礎点数2点
・酒気帯び0.25mg以上の場合25点
・酒気帯0.25mg以下の場合14点

■反則通告制度(反則金)
・大型車12000円
・普通車9000円
・二輪車7000円
・小型特殊自動車6000円
・原動機付自転車6000円

信号機が設置されている場所は基本的に信号に従えばよく、徐行義務は生じません。
しかし、横断しようとしている人や自転車がいる場合は徐行しなければいけません。

また、38条の第2により、「交差点またはその直近の横断歩道の設けられていない場所において、横断しようとしている歩行者を妨げてはいけない」と定められています。
横断歩道のない交差点でも、注意が必要です。

横断歩道の標識の意味まとめ

横断歩道の標識

出典:http://www.parparshop.sakura.ne.jp/

出典:http://www.parparshop.sakura.ne.jp/

自転車横断帯の標識

出典:http://www.parparshop.sakura.ne.jp/

横断歩道・自転車横断帯の標識

横断歩道・自転車横断帯の表示

出典:http://www.parparshop.sakura.ne.jp/

横断歩道の標識は、帽子をかぶったおじさん?の絵が描いてあるものと、少年と少女が描かれたものの二種類があります。

少年と少女が描かれている横断歩道の標識は、小学校や幼稚園など、子どもが多い場所に設置されているようです。

また、自転車横断帯にも標識があります。
横断歩道と自転車横断帯が併設されている場合は横断歩道・自転車横断帯の標識が設置されています。

自転車横断帯は横断歩道と離れた場所に設置されている場合もあるため、見逃さないように注意しましょう。

自転車横断帯の道路標示

自転車横断帯の画像

出典:http://www.geocities.co.jp/

昭和53年に制定された自転車横断帯により、自転車の事故は大幅に減ったと言われています。
横断歩道と併設されている場合が多く、その場合は横断歩道・自転車横断帯の標識が掲げられています。

自転車横断帯が単独で設置されている場合もあるので、道路標識、道路標示ともによく確認しましょう。

横断歩道と紛らわしい道路標識

出典:http://sihan.itomenako.info/

横断歩道の道路標識と絵柄が似ているために混同しやすいですが、こちらは「学校、幼稚園、保育所等あり」の警戒標識です。

警戒標識とは、道路上の危険や、注意しなければならない状況などを示す標識です。

名前の通り、学校、幼稚園、保育所等が近くにある事を示しており、徐行運転をして子どもの飛び出しに気を付けなければなりません。

学校、幼稚園、保育所等から50m~200mほどの位置、または通学路などに設置されています。

横断歩道での一時停止と徐行は自動車の義務!

横断歩道を通行する際は歩行者や自転車に注意

出典:http://www.moillusions.com/

横断歩道を通行する時に、歩行者、自転車がいない事が明らかでなければ、徐行をする必要があります。

また、歩行者、自転車が横断中は一時停止する義務があります。

これらは義務であり、違反すると反則切符を切られます。

なんとなく徐行せずに通行していた方もいらっしゃいませんか?
安全のため、見通しの悪い横断歩道や交差点は特に気を付けましょう!

意外と知らない交通・車のルールについてはこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す