MOBY

ラウンドアバウト(環状交差点)のルールやメリットと日本である場所は?

2014年9月1日から本格的に運用が始まったラウンドアバウト。免許証の更新や取得時に説明は受けても、まだよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。ラウンドアバウトを通行する際のルールや、ロータリー交差点との違い、ラウンドアバウトのメリットなどをご紹介します。

ラウンドアバウトって何?

ラウンドアバウトの画像

出典:https://www.ds-hitachi.co.jp/

ラウンドアバウトの標識

ラウンドアバウトの標識

出典:https://www.ds-hitachi.co.jp/

ラウンドアバウトとは交差点の1種です。道路がリング状になった交差点の事で、信号機が無いことが特徴です。環状交差点とも呼ばれます。

現代的なラウンドアバウトのルールは、1960年代にイギリスで制定され、ヨーロッパやアメリカに広がっていきました。

日本でも2014年9月1日から本格的な運用が開始されています。
以前から環状の交差点はロータリー交差点として存在していましたが、イギリスから始まった現代的ラウンドアバウトとしての法律は制定されていませんでした。

しかし2013年に道路交通法で環状交差点の定義と交通方法が定められ、2014年9月1日から施行されました。

国内でラウンドアバウトが設置されている箇所はまだ多くはありませんが、いざラウンドアバウトを通行する時に迷わなくてすむよう、あらかじめ交通ルールを学んでおきましょう。

道路交通法第4条第3項による環状交差点の定義

車両の通行の用に供する部分が環状の交差点であつて、道路標識等により車両が当該部分を右回りに通行すべきことが指定されているものをいう。

出典:http://www.mlit.go.jp/

ラウンドアバウトの概要

●円形平面交差点のうち、環道の交通が優先されるもの
●環道交通は時計回りの一方通行、信号や一時停止の規制を受けない
●環道に流入する車両は徐行し、環道に通行車両がなければ一時停止なしに流入可能

出典:http://www.mlit.go.jp/

ラウンドアバウトの空撮動画

ラウンドアバウトを通行する際のルール

出典:https://www.pref.yamanashi.jp/

ラウンドアバウトを通行する際のルールは以下の通り。

1)ラウンドアバウト(環状交差点)内を通行している車両が優先

2)あらかじめできる限り道路の左端に寄り、徐行して侵入

3)ラウンドアバウト内は右回り(時計回り)に通行し、出来る限りラウンドアバウトの測端にそって徐行する

4)ラウンドアバウトを出る時は、左ウインカーを出し、ラウンドアバウトから出るまで継続


1)にあるように、ラウンドアバウト内を通行している車両が優先です。
通行中の車を妨げないようにしましょう。
ラウンドアバウトに侵入する位置には「ゆずれ」の法定外表示が設置されている場合がありますので、よく確認しましょう。
法定外表示とは、標識令で定められたもの以外の表示、看板などで、交通を円滑に図るため、ある程度統一されたものです。

ラウンドアバウト内は上から俯瞰して見た場合に右回り(時計周り)に通行します。
侵入口から見れば、左側へと曲がる事になります。

侵入する時はどのみち一方的にしか通行できないためにウインカーは必要ありませんが、ラウンドアバウトから出る時は直進(道なりに進行)ではなく左折(ラウンドアバウトから出る)を示すためにウインカーを出す必要があります。
また、侵入した直後に左折してラウンドアバウトから出る場合は、侵入した時にウインカーを出しておく必要があります。

ラウンドアバウト通行動画

ラウンドアバウト(環状交差点)のメリット

ラウンドアバウトの画像

出典:http://www.jaf.or.jp/

ラウンドアバウトのメリットとして、渋滞の緩和、事故の減少などが期待されています。

ラウンドアバウトは長く信号を待つ必要がないため、渋滞ができにくくなります。

通常の交差点では右折時の事故が非常に多いのですが、これは直進する対向車の影などになってバイクや歩行者が見えにくくなるなどの理由によるものです。
ラウンドアバウトを通行中は常に道路の左側を注意していればよく、直進車とすれ違う必要もないため、事故が減少するであろうと言われています。

また、信号がないために災害などの際も交通整備が必要ないのもメリットといえるでしょう。

ロータリー交差点(円形交差点)との違い

ロータリー(左)とラウンドアバウト(右)の標識

ロータリーとラウンドアバウトの標識

出典:http://www.ondamemo.net/

円形になったロータリー交差点は、ラウンドアバウト(環状交差点)の制定以前から日本各地に存在していました。
ロータリー交差点は円形交差点とも呼ばれます。

これらは信号があったり一時停止の標識があったりなどまちまちで、道路交通法で定められた環状交差点とは区別して考えられています。

ラウンドアバウト(環状交差点)の手前には、画像右側にある青地に白い矢印の標識があります。

ラウンドアバウト付近に設置されている「ゆずれ」の法定外表示

出典:http://trafficsignal.jp/

ゆずれの道路標識

出典:http://trafficsignal.jp/

ラウンドアバウトの手前には、「ゆずれ」の法定外表示が設置されている事があります。
法定外表示とは、標識令で定められたもの以外の表示、看板などで、交通を円滑に図るため、ある程度統一されたものです。

これらの表示は道路交通法で規格が統一された標識とは異なるため、全国各地で微妙に図柄が違う場合があります。

この表示を見かけたら、ラウンドアバウト内を通行する車両を妨げないように気を付けましょう。

日本でラウンドアバウトのある場所

多摩市桜ケ丘のラウンドアバウト

ラウンドアバウトは2014年に施行が開始されて以来、毎年増えています。
2014年時点でラウンドアバウトが設置されていた都道府県は、

宮城県
茨城県
東京都
長野県
静岡県
愛知県
大阪府
京都府
などです。

東京では、多摩市桜ケ丘1丁目にあるものが唯一のラウンドアバウトです。

2014年の9月1日に設置されたラウンドアバウト

宮城県石巻市大瓜字棚橋180番地
宮城県大崎市鳴子温泉字沼井134
宮城県塩釜松陽台1丁目
宮城県仙台市青葉区川内15番地
宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘4丁目
宮城県仙台市青葉区中山吉成1丁目
宮城県仙台市青葉区中山吉成1丁目
宮城県仙台市泉区永和台15番地
宮城県仙台市太白区中田字後河原3
宮城県仙台市太白区日本平21
宮城県仙台市太白区ひより台24
宮城県仙台市太白区ひより台32
宮城県仙台市太白区八木山本町1丁目35
宮城県仙台市宮城野区東仙台5丁目19
宮城県名取市相互台1丁目
宮城県名取市相互台2丁目1
宮城県名取市相互台2丁目15
宮城県名取市相互台東2丁目
宮城県名取市みどり台3丁目
茨城県日立市多賀町1丁目
東京都多摩市桜ヶ丘1丁目
長野県飯田市東新町1丁目
長野県飯田市鈴加町1丁目
静岡県菊川市柳1丁目
静岡県浜松市浜北区内野台1丁目
愛知県豊田市猿投町神郷
愛知県一宮市栄1丁目11
愛知県常滑市北汐見坂2丁目
大阪府堺市東区日置荘西町1丁目
京都府南丹市八木町大薮小溝

出典:https://www.google.com/

ラウンドアバウト(環状交差点)のルールを知っておこう!

ラウンドアバウトの画像

出典:http://cyclist.sanspo.com/

ラウンドアバウト(環状交差点)のルールやメリットについてはいかがでしたか?

ラウンドアバウトが設置されている場所はまだ少ないですが、地方や新興住宅街では今後どんどん増えていくでしょう。

ロータリー交差点とは通行のルールが異なりますので、標識やラウンドアバウト独特の交通ルールなど、覚えておきましょう。

ラウンドアバウトの設置で渋滞や事故が減ると良いですね。

交通マナーやルールに関するおすすめ記事!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す