MOBY

トヨタのロボット「KIROBO mini(キロボ ミニ)」とは?価格や機能や役割を紹介!

トヨタ自動車は、手のひらサイズのコミュニケーションロボット「KIROBO mini(キロボ ミニ)」を2017年に発売すると発表しました。小さなボディのKIROBO miniとは、一体どのようなロボットなのか?本記事では、その機能や役割、価格について紹介しています。

トヨタ、会話ができるミニロボット「KIROBO mini」を開発!

KIROBO mini

トヨタは、会話ができるミニロボット「KIROBO mini」を2017年に発売すると発表しました。
自動車メーカーのロボットというと、ホンダのASIMOを思い浮かべますが、トヨタが新たに開発したこの「KIROBO mini」とは、一体どのようなロボットなのか?

本記事では「KIROBO mini」の機能や役割、価格まで紹介しているので、自動車メーカーのロボットに興味があるという人は、是非ご覧になっていってください。

コミュニケーションパートナー「KIROBO mini」 その役割と機能とは?

KIROBO mini コンセプトムービー

コミュニケーションができるロボット

「KIROBO mini(キロボ ミニ)」は、「人に寄り添い、心を通わせる存在」を目指して開発されたコミュニケーションパートナーロボットです。

搭載されたカメラによって人の表情を認識し、相手の感情を推察しながら、それに合わせた自然な会話や動作を行うことが可能であり、会話相手の顔を追従して頭を動かすので、相手の顔を見ながら対話するという、自然なコミュニケーションが可能となっています。

また、単なるその場限りの会話で終わる訳ではなく、コミュニケーションによって個人の好みや思い出を記憶し、相手に合わせて成長するという所も特徴的です。

 

車や家と「つながる」KIROBO mini

KIROBO miniの自然な動作と会話は、専用アプリをインストールしたスマートフォンとのBluetooth接続によって、実現しています。
また、KIROBO miniに対応した車両や、トヨタホームのエネルギー管理サービス「TSC-HEMS」に対応して、車や家と「つながる」ことも可能であり、車や家から取得した情報を元にした会話も可能だということです。

KIROBO miniの価格と発売日、その仕様は?

出典:http://toyota.jp/

価格と発売日

KIROBO miniの価格は、税抜きで3万9,800円に設定されており、専用アプリの使用料は月額300円程度を予定しているとのことです。
発売日は2017年を予定していますが、今冬には東京および愛知の一部販売店で、先行販売も行われる予定となっています。

KIROBO miniの仕様

座高:10cm
重量:183g
連続コミュニケーション可能時間:約2.5時間
充電時間:約3時間

生産は元ソニーのパソコン部門「VAIO」が担当しています。

希望のロボット KIROBO mini

kirobo miniの画像です。

出典:http://toyota.jp/

トヨタのコミュニケーションロボット「KIROBO mini」はいかがでしたでしょうか?

KIROBO miniは、トヨタが開発した人類初の宇宙飛行士ロボットで、国際宇宙ステーションに滞在したこともある「キロボ」のミニバージョンです。
「キロボ」の由来は希望+ロボットであり、KIROBO miniからも、人と車の未来に対する小さな希望を感じ取ることができます。

最近コミュニケーション不足だなと感じている人や、新しいモノが好きだという人には、小さなパートナー「KIROBO mini」がおすすめですよ!

車に関連する最新テクノロジーのおすすめ記事はこちら

トヨタ車に関連するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す