初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型BMW i5最新情報!EVセダン・ハッチバックで発売日は2017年内?価格や性能は

新型BMW i5はセダン・ハッチバックタイプの新型電気自動車。2017年の発売を控えて特許申請した際のデザイン画像が流出したと話題になっています。新型BMW i5の流出したデザイン画像、気になる価格や性能は!?

BMW新型5ドアハッチバックEV「i5」とは?

特許デザインからCGが流出!

BMWが5ドアハッチバックタイプの新型電気自動車「i5」を日本の特許庁に申請したことで、デザイン画像が流出したと話題になっています。
流出したデザイン画像を見ると、i5はi3をベースにしているようなデザインとなってます。

i5は電気自動車(EV)だけあって動力源はモーターやバッテリーが搭載されたドライブモジュールです。
最大後続距離は450kmに達すると予想されています。

よりリアルな予想CG

海外自動車メディア「indianaautosblog」と「RM CarDesign」が新型i5の予想CGをそれぞれ公開しました。
流出したレンダリング画像をもとにデザインされています。

RM CarDesignによる予想CGは、配色をi8やi3に近づけて制作されています。

EVに関連するおすすめ記事はこちら

BMW新型EV「i5」がフランクフルトモーターショーで登場か?

フランクフルトモーターショーでお披露目された新しいiモデル

BMW EV i5

© MOBY

2017年9月9日に発表されたフランクフルトモーターショーを前にした新型i3の公式画像の後方にベールをかぶった謎の車両の姿が公開されましたが、9月12日のフランクフルトモーターショープレスカンファレンスで、「BMW i Vision Dynamics」が発表されました。
新型i3とi8の間に位置するとされたこのモデルは、完全な電気自動車で、0-100km/hを4秒で達し、航続距離は600kmを記録すると言及しました。
BMWのiシリーズ、i3、i8に続くi5の可能性が高いと言えます。

BMWのCEOであるハラルド・クルーガー氏は、新たなコンセプトをフランクフルトモーターショーで紹介するとコメントしており、それが新型EV「i5」なのではないかと噂されています。
いまだにデザインCGしか情報が流失していないBMW i5は、新たな情報公開に期待が集まっています。
今回のフランクフルトモーターショーで登場すれば話題沸騰になることは間違いないでしょう。

エレクトロモビリティとエネレグーレベルの共成長を紹介している動画

フランクフルトモーターショーに関連するおすすめ記事はこちら

BMW新型EV「i5」の発売日は?

2021年に発売日を延期?

カレンダー

新型i5の発売日は、より完成度の高いモーター、バッテリーシステムを搭載するために2021年以降に延期されると報じられています。

新型3シリーズの完全な電気自動車モデルが、同時期に発売されるとも報道されており、2020年以降BMWは本格的にEVを市場に投入していく可能性があります。

BMW新型EV「i5」の性能は?

BMW i5はライフドライブ構造を採用予定!

i3と同じ運転席を囲む骨組み、パッセンジャーセルとパワーユニットが合わさった「ライフドライブ構造」と呼ばれる特殊な構造によって、安全性と軽量化に実現されていると言われています。航続距離は一回バッテリーをチャージして約350km走行可能だと言われています。

BMW新型EV「i5」の新車価格は?

テスラ モデル3と同じ価格帯!

BMW i3 外装 2016年型
BMW i3 外装 2016年型

車両価格は約390万円ほどになると言われており、航続距離や価格が同じぐらいになるテスラモーターズのモデル3が競合車種になるのではないかと予想されています。

BMW新型EV「i5」の今後の情報に期待!

BMWの新型5ドアハッチバックi5は、i3をベースとしたデザインにしつつ、i8っぽさを感じさせるフロントデザインがスタイリッシュなものになると思われます。
いまだに流出したデザイン画像の情報しかなく、詳しい情報は明らかとなっていませんが、今後情報が公開されていくでしょう。
今後も随時BMW i5の情報を更新していきます!

BMWに関連するおすすめ記事

EV(電気自動車)に関連するおすすめの記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!