ウェザーストリップとは?車のどの部分?交換やメンテナンスについても紹介!

車のパーツで、名前のわからないパーツってありますよね?今回はそんな名前の分からないパーツの一つ「ウェザーストリップ」について解説しています。意味や用途、交換方法まで紹介しているので、どうぞご覧になっていってください。

ウェザーストリップとは?車のどの部分?

ウェザーストリップ

ウェザーストリップの画像です。

出典:https://gazoo.com/

自動車のカタログや専門雑誌を見ていると、車のどの部分を指しているのかわからない単語が出てくることがありますよね?
本記事では、そんなよくわからない単語の一つ「ウェザーストリップ」について、意味や用途、交換方法まで解説しています。

ウェザーストリップとは?

出典:https://goo.gl/

ウェザーストリップとは、ドアや窓ガラス、トランクといった自動車の開口部から、雨や埃、騒音等が浸入するのを防ぐシール材のことです。
代表的な物では、ドアを開けた時に見える黒い帯状のドアウェザーストリップがあります。

素材は主にゴムとスポンジで構成されており、強い弾性と耐久性を持っていますが、長く使用していると、経年劣化によるひび割れや弾性の低下によって、シール材としての機能が果たせなくなってしまいます。
当然、すぐに交換しないと、雨が降れば車内が水浸しになり、振動による車内の騒音も酷いことになってしまうでしょう。

ここからはウェザーストリップの交換方法を解説していくので、参考にしてみて下さい。

ウェザーストリップの交換方法

用意する物

・新しいウェザーストリップ
・リムーバー

ウェザーストリップの価格は車種や部分ごとに違いますが、メーカー純正品だと、ドアの片側の一部分だけで大体3,000円~の価格設定になっています。

古いウェザーストリップを外す

ウェザーストリップの画像です。

出典:http://haohao32.blog5.fc2.com/

ウェザーストリップの交換は、車種によって細かい部分は違いますが、基本的には簡単です。
まず古いウェザーストリップを外すのですが、その際、手で引っ張れば簡単に外れます。
外しにくい場合は、隙間にリムーバーを差し込んでみましょう。

新しいウェザーストリップをはめ込む

出典:http://alpinakozou.web.fc2.com/

古いウェザーストリップが外せたら、次は新しいウェザーストリップをはめ込みます。
ウェザーストリップの溝に合わせてやれば、簡単にはめ込むことが可能です。

コーナーはしっかりはめ込む

ウェザーストリップの画像です。

出典:http://alpinakozou.web.fc2.com/

ウェザーストリップのはめ込みで注意しなければいけないのが、コーナー部分です。
しっかり奥まではめ込まないと、ドアがしっかり閉まらなかったり、風雨が浸入してしまいます。

端が余ったら切る

取り付けたウェザーストリップの端が余る場合もあるので、その時は切ってしまいましょう。

業者にやってもらうのもアリ!

以上でウェザーストリップの交換は終了です。
非常に簡単な作業なので、初心者でもできると思いますが、どうしても不器用で自信が無いという人は、信頼できる業者に依頼してみるのもいいでしょう。

ウェザーストリップのメンテナンス

点検の画像です。

出典:http://www.irasutoya.com/

ここまでウェザーストリップの交換方法について解説しましたが、実際の所ウェザーストリップは、よほど古くてゴムが硬化しているような状態でもない限り、交換を考える必要はありません。

しかし、交換する必要がないとはいっても、それはメンテナンスを怠っていない場合に限ります。
普段ウェザーストリップのメンテナンスをしていないという人は、ここで覚えていきましょう。

隙間をシーラーで埋める

出典:http://www.autobacs.com/

ウェザーストリップを押しこんでみて、隙間ができる場合は、シーラーで隙間を埋めましょう。
隙間を確認しながら、少しずつ流し込むと上手くいきます。

保護材を塗ってゴムの劣化を防ぐ

出典:http://www.autobacs.com/

ウェザーストリップのゴムの劣化を防ぐために、ゴムの保護材を塗りましょう。
スプレータイプの保護材を布に吹き付け、ウェザーストリップの全面に浸透するように塗り込んでいけば、ゴムを劣化から守り、長持ちさせることができます。

定期点検で愛車もウェザーストリップも長持ち

車好きの画像です。

出典:http://www.irasutoya.com/

ウェザーストリップの意味と用途、交換方法はいかがでしたでしょうか?

点検を怠らなければ、ウェザーストリップは交換する必要もなく長持ちさせることができます。
それは車の全てのパーツにも言えることなので、愛車の定期点検は忘れないようにしましょう。

点検に関する記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す