MOBY

トヨタ新型「ルーミー/タンク」発売開始!bB後継モデルの燃費や価格など

bBの後継モデルとも言われ、密かに話題になっていたトヨタ ルーミーとタンク。11月9日、いよいよ発売が開始されました。今回は、気になるトヨタの新型コンパクトトールワゴン「ルーミー/タンク(ROOMY/TUNK)」の最新情報をご紹介します。

トヨタ新型「ルーミー/タンク(ROOMY/TUNK)」発売!

トヨタの新型小型車・コンパクトトールワゴンが登場

トヨタは、11月9日に新たに新型コンパクトトールワゴン「ルーミー」「タンク」を発売しました。
軽自動車にールワゴンに近いボディ形状をしていて、あらゆる用途で使える便利なコンパクトカーとなっています。

両車とも、広々とした空間という意味での「リビング」と走りの良さという意味での「ドライビング」を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」をコンセプトとしています。

今回は、そんなトヨタの新型小型車「ルーミー/タンク」について詳しくご紹介します。

また、後述しますが「ルーミー/タンク」の他に、ダイハツからは「トール」スバルからは「ジャスティ」の名前で兄弟車が発売されます。
以下の記事で詳しく解説していますので気になった方は是非ご覧ください。

ルーミー・タンクの兄弟車について詳しくはこちら

トヨタ新型「ルーミー/タンク(ROOMY/TUNK)」とは?

トヨタbBの後継車・ダイハツからのOEM車

トヨタ bB

新しくトヨタから「ルーミー/タンク(ROOMY/TUNK)」と呼ばれる5人乗りコンパクトトールワゴンが販売されます。企画と開発はダイハツによって行われ、トヨタはOEM車としてルーミー/タンクを販売します。ダイハツはこの新型コンパクトトールワゴンを「トール」として売り出すことになっています。ルーミーはトヨタのラクティスやbB、ダイハツではQooといったモデルの後継車という位置付けとなるようです。

さらに、ダイハツ「トール」のOEMとして、トヨタ「ルーミー/タンク」だけでなくスバルから「ジャスティ」としても発売されます。
(画像はトヨタbB)

ルーミーは両側のパワースライドドアが標準装備(一部グレードを除く)となり、コンパクトトールワゴン市場で最も人気の高いモデルであるスズキ ソリオとの激しい市場争いになりそうです。

ルーミーとタンクの違いは?

ルーミーとタンクの違いについては、ノアとヴォクシー、旧タウンエースとライトエースのように、販売店によって名前が異なるということのようです。

ルーミーはトヨタとカローラ店で、タンクはトヨペットとネッツ店で販売されます。

また、二台の具体的な違いとして、エクステリアの違いのみでルーミーのデザインは「品格と艶やかさ」を表現し、タンクのデザインは「ダイナミックさとアグレッシブさ」を表現しているとのことです。

ルーミー・タンクの内装・外装デザイン

ルーミーの外装デザイン

タンクの外装デザイン

【ルーミー/タンクのサイズ】
全長約 3,700mm
全幅約 1,670mm
全高約 1,735mm
ホイールベース 約2,600mm

ルーミー/タンクの内装デザイン

新型ルーミーとタンクの外装デザインについては、前述しましたが、それぞれ品格と艶やかさ」「ダイナミックさとアグレッシブさ」を表現しているとのこと。

どちらも、コンパクトカーとして十分魅力的なデザインと言えるのではないでしょうか。

トヨタ新型「ルーミー/タンク(ROOMY/TUNK)」の燃費・性能は?

ルーミー/タンク搭載エンジンは?

ルーミー(タンク)にはダウンサイジングの1.0L直3気筒エンジンが搭載されます。
最高出力69ps/6,000rpm、最大トルク:9.4kgfm/4,400rpm、燃費は24.6km/Lとなっていますが、ハイブリッドモデルもあり、27.8km/Lの燃費を誇るライバル車種、スズキ ソリオに負けています。

ただ、燃費ではソリオに負けているものの、ルーミーにはターボエンジンを搭載したモデルがラインナップされます。ターボモデルの最高出力は98ps、最大トルクは14.3㎏mで、燃費は21.8km/Lとなるようです。
走り(Driving)を重視する方には、ターボモデルの有無は非常に重要なのではないでしょうか?
また、ターボモデルとしては低燃費と言えます。

ルーミー/タンクの安全機能

ルーミーにはスマートアシストⅡが搭載されます。
【スマートアシストⅡの安全機能】
■衝突警報機能(対歩行者)
衝突警報機能は、走行中の歩行者に反応して、警告音とメーターのライトによって危険を運転手に伝える機能です。

■車線逸脱警報機能
この機能は運転する車両がウィンカーを出さずに、車線外に飛び出しそうになると、警告する機能です。

■衝突回避支援ブレーキ機能
走行している際、前方の車に反応。危険を察知した際には緊急ブレーキが作動する機能です。

■衝突警報機能(対車両)
走行中に前方の車両に反応して、危険を察知。ドライバーに警告します。

これらの安全支援機能の他にも、先行者発進お知らせ機能や誤発進抑制制御機能が装備されています。

ルーミー/タンクのグレードごとの違い

■Xグレード
【足まわり】
・14インチスチールホイール
・165/65R14インチタイヤ
・フロントスタビライザー
【エクステリア】
・ハロゲンヘッドランプ
・UVカットフロントドアガラス
・リアプライバシーガラス
・オートライト
【内装】
緊急ブレーキシグナル
スマートキー
助手席側電動スライドドア
マニュアルエアコン
2スピーカー

■Gグレード
GグレードはXグレードの装備にさらに特別な装備が追加されます。またG-Tグレードは下記のGグレード装備にリアスタビライザーが追加されるそうです。

【安全機能・装備】
・スマートアシスト2
・スーパーUV&IRカットガラス
・ドアミラーウインカー
・クルーズコントロール
・マルチインフォメーションディスプレイ
・車速感応型フロントワイパー
【内装】
・運転席側電動スライドドア
・シルバーメッキ加飾ステアリングホイール
・センタークラスターピアノブラック加飾
・オートエアコン
・運転席アームレスト
・4スピーカー

■カスタムGグレード
Gグレードの装備に加えてさらに装備が追加されます。
【エクステリア・足まわり】
・14インチアルミホイール
・専用フロントスポイラー
・専用バンパー
・専用メッキグリル
・LEDヘッドランプ
・LEDGERフォグランプ
・専用リアコンビランプ
・本革巻ステアリングホイール
・ドアハンドルメッキ加飾
【内装】
・エアコン操作パネルピアノブラック加飾
・6スピーカー

■カスタムG-Tグレード
カスタムGグレードの装備に、リアスタビライザーと15インチアルミホイール、175/55R15インチタイヤが装備されます。

トヨタ新型「ルーミー/タンク(ROOMY/TUNK)」の価格は?

全8タイプの豊富なラインナップ

新たルーミ/タンクのラインアップはタンク&ルーミーが、X、XS、G、GS、G-Tで、ターボモデルはG-T。ノーマルとカスタムを全て含めると、計8タイプのラインアップとなります。

価格については
【ルーミー/タンク】
◆Xグレード
1,463,400円「2WD」 / 1,636,200円「4WD」
◆XSグレード
1,528,200円「2WD」 / 1,701,000円「4WD」
◆Gグレード
1,620,000円「2WD」 / 1,792,800円「4WD」
◆GSグレード
1,684,800円「2WD」 / 1,857,600円「4WD」
◆G-T グレード(ターボ)
1,803,600円「2WD」

【ルーミー/タンク カスタム】
◆Gグレード
1,771,200円「2WD」 / 1,944,000円「4WD」
◆GSグレード
1,836,000円「2WD」 / 2,880,000円「4WD」
◆GTグレード (ターボ)
1,965,600円「2WD」
が予定されています。

すでに11月9日から発売開始されています。

ルーミー/タンクの兄弟車についてはこちらをチェック

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す