アルファードおすすめグレードはGかS”Cパッケージ”!違いを比較

トヨタから発売されている高級ミニバン、アルファード。高級な価格設定にもかかわらず、人気があり売れている車です。様々なVIPにも愛用されるこのアルファード、グレードを選ぶならどのグレードにしますか?それぞれのグレードごとの特徴やおすすめをまとめました。

トヨタのアルファードってどんな車?

アルファードの画像

出典:http://carview.yahoo.co.jp/

アルファードはトヨタから発売されている高級ミニバンです。

初代モデルは2002年に発売され、現在ではフルモデルチェンジを経て3代目モデルが2015年から販売されています。

およそ300万円~700万円という価格帯ながら、高級ミニバンとしての地位と人気を獲得しています。
毎年のように2~3万台をコンスタントに売り上げ、フルモデルチェンジを行った2015年には4万台以上を販売しています。

グレード体系は、最上級モデルのExecutive Lounge、上級グレードにあたるGシリーズ、エアロバンパー装備のSシリーズ、ベーシックグレードのXなどがあります。

このアルファード、グレードを選ぶならどのグレードにしますか?

アルファードのCM

アルファードについての基本情報はこちら

人気のミニバンについてはこちら


2.5X 新型ア…
294.7万円
本日の在庫
632
平均価格
272.4 万円
本体価格
69 ~ 1777 万円

トヨタ・アルファードの評価

アルファードの画像

ほぼ、フルオプションで620万乗り出しでした。静粛性、乗り心地共にクラウンに近いレベル。マンホールや道路の繋ぎ目程度なら、音も出ないし、全く揺れません。
試乗の時に、これだけでかいミニバンが
フラットに走行する感覚は衝撃的でした。
感覚的には、現行プラドと同じぐらいの乗り心地は有ると思います。
自分の場合は、ミニバンの開放感と視界が長距離移動ではセダンより疲れないと思っているので、このクルマはとても気に入っています。

出典:http://review.kakaku.com/

アルファードの評価は、高級ミニバンらしい豪華な内装と、乗り心地が評価されています。

ハイブリッドとガソリン車の比較では、販売台数はガソリン車の方が売れているようです。
実燃費はカタログスペックほどの燃費にはなりませんので、ある程度の距離を乗らないとハイブリッドによる価格差の元は取れないでしょう。

ガソリン車でも質の高い内装により静粛性も高く、トルク性能も高いため、さほどハイブリッドにする必要性を感じない人も多いようです。

トヨタ・アルファードのスペック

アルファードの画像

出典:http://toyota.jp/

ハイブリッドモデルのスペック

■エンジン性能

総排気量(L)   2.493
最高出力(ネット) kW(PS)/r.p.m.   112(152)/5,700
最大トルク(ネット) N・m(kgf・m)/r.p.m.   206(21.0)/4,400~4,800

■燃費(JC08モード燃費)
18.4km/L~19.4km/L

■サイズ
全長mm  4925~4935
全幅mm  1850
全高mm  1895~1950

ガソリンモデルのスペック

■エンジン性能

・3.5L車の場合

総排気量(L)   3.456
最高出力(ネット) kW(PS)/r.p.m.   206(280)/6,200
最大トルク(ネット) N・m(kgf・m)/r.p.m.   344(35.1)/4,700

・2.5L車の場合
総排気量(L)    2.493
最高出力(ネット) kW(PS)/r.p.m.     134(182)/6,000
最大トルク(ネット) N・m(kgf・m)/r.p.m.    235(24.0)/4,100

■燃費(JC08モード燃費)
9.5km/L~11.6km/L

■サイズ
全長mm  4915~4935
全幅mm  1850
全高mm  1880

トヨタ・アルファードのグレードごとの特徴と価格

アルファードはガソリン車とハイブリッド車がラインナップされており、それぞれが、最上級モデルのexecutive Lounge、上級モデルのGシリーズ、エアロパーツ装備のSシリーズ、ベーシックモデルのXと大別できます。

アイドリングストップ機能はガソリン車の2.5Lエンジンの4WDに標準装備され、2WDはメーカーオプションとなります。
3.5Lエンジン車には装備されていません。

Executive Lounge

アルファードの画像

出典:http://toyota.jp/

Executive Loungeはアルファードの最上級グレードです。
最上級にふさわしく、装備、安全装備ともに最高級のものを揃えています。

ミリ波レーダーにより衝突回避を支援するプリクラッシュセーフティシステムを標準装備(他のグレードはメーカーオプション)
障害物の接近を表示とブザーで知らせ、エンジン出力の抑制やブレーキサポートを行うインテリジェントクリアランスソナーを標準装備(他のグレードはメーカーオプション)

ウインカー操作やステアリング操作と連動し、歩行者や障害物の視認性を高めるLEDコーナリングランプを標準装備

周囲の明るさを検知してハイビームとロービームを自動で切り替えるオートマチックハイビームを標準装備
鏡面の反射状態を自動で変化させて視認性を高める自動防眩インナーミラーを標準装備

ガソリン車のExecutive Loungeには、ナビゲーションの情報に合わせて最適なシフト制御を行うNAVI・AIーSHIFTが標準装備(その他全車メーカーオプション)

上から見たアングルの周辺画像を画面に表示するパノラミックビューモニターを標準装備(他のグレードはメーカーオプション)

全車速追従走行を行うレーダークルーズコントロールを標準装備(他のグレードはメーカーオプション)

SDカードによる情報更新が可能な9.2型ワイドTFTタッチディスプレイのT-Connect SDナビゲーションシステムを標準装備(他のグレードはメーカーオプション)
12chアンプを採用したJBLプレミアムサウンドシステムを標準装備(他のグレードはメーカーオプション)

ナビに接続する事で高速データ通信が可能になるDCM+ルーフアンテナを標準装備(GのFパッケージ、SシリーズのCパッケージなどはメーカーオプションで選択可能)

12.1型リヤシートエンターテインメントシステムを標準装備(他のグレードはメーカーオプション)
シート表皮はセミアニリン本革(染料や顔料を用いた高級感と強度を併せ持つ仕上げを施した本革)を採用

オリーブ・アッシュパール木目調+スパッタリングインストルメントパネル
本革巻き4本スポークステアリングホイール(オリーブ・アッシュパール木目調)
内装色2色、ボディカラーは5色から選択可能

価格は、
ガソリン車が
2WDがおよそ652万円
4WDがおよそ671万円
ハイブリッド車がおよそ703万円です。

Executive Loungeの解説動画

Gシリーズ

出典:http://toyota.jp/

Gシリーズはアルファードの上位モデルにあたります。
ハイブリッド車は、ハイブリッドG、ハイブリッドG”Fパッケージ”、
ガソリン車は、G、GFがGシリーズに該当します。

GとFパッケージ(GF)の違いは、
Gのシートがファブリック+合成皮革に対し、Fパッケージは本革となります。

また、ガソリン車のG以外に、大型ハイグレードコンソールボックスが装備されます。

さらに、オートマチックハイビーム、ステアリングヒーター、快適温熱シートはFパッケージ(GF)にのみ装備されます。

AC100Vアクセサリーコンセントやパワーバックドア、スマートエントリーのウェルカムパワースライドドアはFパッケージ(GF)には標準装備で、Gはメーカーオプションとなります。

ガソリン車のGは2.5Lエンジンで、GFは3.5Lエンジンです。
内装色は1色で、ボディカラーは5色から選択可能。

そしてシートの形態がFパッケージ(GF)はエグゼクティブパワーシートに、Gはリラックスキャプテンシートになります。

ガソリン車のGやSAなどに装備されるスーパーロングスライドシートは、助手席の最大1160mmの超ロングスライドが可能で、助手席を後ろに下げて後席のお子様の様子を見たり、足をのばしてくつろぎたい場合は、こちらを選択するのもいいかもしれません。

ハイブリッドGとGに装備されるリラックスキャプテンシートは、830mmのロングスライドが可能なセカンドシートです。
7人乗りモデルのみに装備されます。
ゆったりと足をのばして座れる空間を作り出す事ができます。

エグゼクティブパワーシートには、パワーリクライニングや大型アームレストが含まれており、オットマンの収納やリクライニングを電動で行えます。

また、ハイブリッドの場合は1500wの、ガソリン車の場合は100wのAC100Vアクセサリーコンセントが装備されています。
楽にくつろぎたい場合はこちらがおすすめです。

ガソリン車のGにのみ8人乗りが設定されており、8人乗り専用チップアップシートが装備されます。

GグレードでFパッケージにするかどうか迷った際は、シートの種類や、定員数、必要な装備の違いなどで決めるとよいでしょう。

価格は、
GF(ガソリン車)がおよそ434万円~503万円
G(ガソリン車)がおよそ395万円~424万円です。

ハイブリッドGがおよそ477万円
ハイブリッドG”Fパッケージ”が535万円です。

Sシリーズ

アルファードの画像

出典:http://toyota.jp/

Sシリーズはエアロパーツ装着モデルです。
ハイブリッド車は、ハイブリッドSR、ハイブリッドSR”Cパッケージ”、
ガソリン車は、S、S”Aパッケージ”、SA、S"Cパッケージ、SA”Cパッケージ”がラインナップされています。

Sシリーズはエアロタイプフロントバンパーやエアロタイプリヤバンパー、リヤコンビネーションランプ、エアロタイプサイドマットガードなどを装備しています。

Cパッケージは、GグレードでいうところのFパッケージの装備を追加したものです。
LEDクリアランスランプにイルミネーションデイライト機能が付きます。
大型ハイグレードコンソールボックスが付き、シートもファブリック+合成皮革シートになります。

Aパッケージは、Cパッケージの簡易版といったところで、Sにクルーズコントロールや、IRカット付きフロントグリーンガラス、助手席スーパーロングスライドシート、助手席オットマン、ハイグレードコンソールボックスなどが追加されています。

SAとS"Aパッケージ”の違いは、SAは3.5Lエンジンで、S"Aパッケージ”は2.5Lエンジンです。
装備はほとんど同じですが、SAにはフロント蓄冷エボパレーターやアイドリングストップが無く、グローブボックスやセンターロアボックスが植毛付きのものになります。

8人乗りはガソリン車のSのみが選択可能です。
また、Sのみフルオートエアコンやパワースライドドアが装備されていません。

Sシリーズの内装の特徴は黒木目調を基調としたパネルやホイールなどです。
黒木目調+スパッタリングインストルメントパネル
本革巻4本スポークステアリングホイール(Cパッケージの場合黒木目調加飾付き)

内装色は1色、ボディカラーは6色から選択可能
他のグレードに比べて、スパークリングブラックパールクリスタルシャインが追加されています。

価格は、
ガソリン車のSがおよそ353万円~382万円
S”Aパッケージ”がおよそ375万円~400万円
SAがおよそ414~433万円
S"Cパッケージ”がおよそ417万円~442万円
SA”Cパッケージ”がおよそ458万円~477万円

ハイブリッドSR”Cパッケージ”がおよそ550万円
ハイブリッドSRがおよそ491万円
ハイブリッドSRサイドリフトアップシート装着車がおよそ486万円です。

Xシリーズ

アルファードの画像

出典:http://toyota.jp/

Xはアルファードのベーシックグレードで、最も廉価なモデルとなります。
また、ガソリン車、ハイブリッド車ともに8人乗りが選択可能です。
ハイブリッド車で8人乗りが選択できるグレードはXのみとなります。

パワースライドドアはメーカーオプションとなり、フルオートエアコンは装備されていません。

シート表皮はファブリック
茶木目調+シルバー塗装インストルメントパネル
ボディカラーは5色から選択可能

本革巻き4本スポークステアリングホイール
防眩インナーミラー
LEDロー・ハイビーム+LEDクリアランスランプ

などを装備。

価格は、
ガソリン車は、
2WD(8人乗り)がおよそ319万円
4WD(8人乗り)がおよそ344万円
2WD(7人乗り)サイドリフトアップシート装着車がおよそ330万円
4WD(7人乗り)サイドリフトアップシート装着車がおよそ353万円

ハイブリッド車は、
(7人乗り)が415万円
(8人乗り)が411万円
(7人乗り)サイドリフトアップシート装着車が418万円です。

トヨタ・アルファードのおすすめグレードはGかS”Cパッケージ”!

アルファードはグレードが入り組んでいて迷う方も多いのではないでしょうか。

グレードを選択する基準がいくつかあるので、順番に一つずつ決めていくと迷わずに考えられるかと思います。

まず、ハイブリッド車かガソリン車か。
コストパフォーマンスは、よほど長距離を長年移動する場合でなければガソリン車の方がお得になる場合が多いでしょう。
ガソリン車でも内装が上質なため静粛性も高く、トルクもあるので、こだわりがなければガソリン車で問題ないかと思います。

そして2WDか4WDか。
また、エンジンは3.5Lか2.5Lか。
よほど大人数で重量がかさまない限り、2WDの2.5Lでも十分なパワーがあります。
燃費も若干ですが良いのもうれしいところ。

あとは必要な装備の有無で見ていけばいいのですが、おすすめはG、もしくはS”Cパッケージ”です。

S”Cパッケージ”の価格はおよそ411万と比較的リーズナブルで、ハイブリッドのXとほぼ同額で装備がさらに充実しています。

Gと比較してもおよそ20万円の上乗せで、エグゼクティブパワーシートや大型ハイグレードコンソールボックス、ステアリングヒーター、エアロパーツなどの様々な装備がついてきます。

Gは399万とさらに安い価格で、S”Cパッケージ”には無い助手席スーパーロングスライドシートが装備されています。

この二つのグレードはいずれもコストパフォーマンスのバランスが良く、Gは最も安いXと比べてもおよそ80万円の差で、装備や内装も比較的充実しています。
いずれも合成皮革+ファブリックのシートを装備しており、内装面でも十分に高級感を味わえるでしょう。

アルファードは高級車としての位置づけなので、どうせ買うならそれなりに高級感のあるグレードを選択したいところ。

それらを考えると、G、もしくはS”Cパッケージ”が最もコストパフォーマンスが良いのではないかと思います。

トヨタ・アルファードのグレードを選ぶ基準を決めておこう!

アルファードのグレードは入り組んでいるので迷っている方も多いかもしれませんが、欲しい、または必要な基準を決めておけば、スムーズにグレードを決められるかと思います。

財布とも相談になりますが、せっかくアルファードに乗るのであれば装備や内装にもこだわりたいところです。

高級で上質な車だけに、じっくりと検討し、納得のいくグレードを購入したいですね。

中古車価格の相場はこちら


2.5X 新型ア…
294.7万円
本日の在庫
632
平均価格
272.4 万円
本体価格
69 ~ 1777 万円

おすすめの記事はこちら