MOBY

新型アウディ A5スポーツバック&S5スポーツバック発表!発売日は2017年!

2017年に発売が予定されているA5とS5に、スポーツバックモデルが発表されました。すでにクーペモデルは発表されていましたが、スポーツバックモデルは2016年9月29日のパリモーターショーで公開されます。そこで予習を兼ねて現行モデルのA5、S5の情報と、公開されている新型の情報をまとめてみました。

アウディのA5とS5の新型スポーツバックが発表

パリモーターショー2016で公開

アウディの画像

出典:http://www.carscoops.com/

アウディのA5とS5のクーペモデルが2017年の発売を予定しているとの情報が2016年の6月ごろに発表されました。

それからあまり時間は経っていませんが、9月29日にパリで開催されるパリモーターショー2016では、「アウディA5とS5のスポーツバックモデルを公開する」とアウディが公式ページで発表しています。

このアウディA5・S5のスポーツバック、どのような車になるのでしょうか?

新型A5・S5スポーツバックの動画

アウディのA5スポーツバックってどんな車?

出典:http://www.audi.co.jp/

アウディA5の画像

出典:http://www.audi.co.jp/

現行モデルであるアウディのA5スポーツバックは、ハッチバックドアと4ドアを備えた4ドアクーペとして2009年から発売されています。
(日本では2010年からの発売)

アウディA5は2ドアクーペとして2007年に発売され、2009年にはカブリオレ(オープンカー)モデルが追加されています。

このアウディA5は日本人デザイナーの和田智氏が手掛けた事でも話題になりました。

アウディS5はA5のハイパフォーマンスモデルで、より強力なエンジンと運動性能を備えています。

初代アウディクアトロが80年代のラリー選手権を席巻して以来、さらに磨き上げられてきたフルタイム4WDシステムクアトロをA5も搭載しています。

アウディA5のデザイナー、和田智氏のインタビューより引用

「A5は、いままでのアウディ・デザインの概念を超えて、ヨーロッパのもつ普遍的、古典的な素晴らしさを継承していきたいという気持ちでデザインしました。その意味でA5は現在の欧州車のなかで、もっとも“ヨーロッパ”を感じられるモデルだと自負しています」

出典:http://openers.jp/

担当の日本人デザイナー、和田智氏がヨーロッパを表現したA5。
同氏は、車の持っている空気感に、ヨーロッパを表現したと語っています。

アウディには、アウディがブランドとして果たすべき責任はヨーロッパのアイコンになることだとの考えがあり、A5はその尖兵だとのこと。

気合の入ったデザインであることが伺えますね。

そのほかの有名な日本人デザイナーのエピソードはこちら

アウディA5スポーツバックのCM

現行A5スポーツバックのスペック

出典:http://audiwp.blog.fc2.com/

■エンジン性能

総排気量 1984cc
最高出力〈ネット〉( kW(PS) / rpm)  155(211) / 4,300-6,000
最大トルク〈ネット〉(Nm(kgm) / rpm)  350(35.7) / 1,500-4,200

■燃費(JC08モード燃費)
13.6km/L

■サイズ
全長 4730mm
全幅 1855mm
全高 1390mm

■価格
615万円

現行S5スポーツバックのスペック

出典:http://www.audi.co.jp/

■エンジン性能
総排気量  2,994 cc
最高出力〈ネット〉kW(PS) / rpm  245(333) / 5,500-6,500
最大トルク〈ネット〉Nm(kgm) / rpm  440(44.9) / 2,900-5,300

■燃費(JC08モード燃費)
12.6km/L

■サイズ
全長 4730mm
全幅 1855mm
全高 1390mm

■価格
927万円

現行モデルのA5とS5スポーツバックとの違い

新型S5のエクステリア

出典:http://www.theaudicars.com/

出典:http://www.theaudicars.com/

外見的な違い

新型の外見で最も特徴的な部分はボンネットに走る4本のラインです。
また、先代モデルで特徴的だったサイドを走るラインもより陰影を深め、印象を強調しています。

口の大きな逆6角形型のシングルフレームグリルはアウディのアイコンとして今作でも健在。
フロントライトはよりシャープになりました。

優れた空気抵抗値

空気抵抗係数を表すCd値は0.25を達成しており、新型アウディA5・S5の一つの売りとなっています。Cd(Constant Drag)値は空気の抵抗がどれだけ少ないかを示す値で、数値が小さいほど空気抵抗が少ない事を意味しています。

一般的な車は0.3~0.35が平均的な値なので、いかにアウディの空気抵抗が優れているかわかります。
0.25という値は市販車の中でもトップクラスで、トヨタの現行プリウスが0.25を示しています。

空気抵抗の少なさは車の高速での安定性能や、燃費性能に影響します。

エンジン性能の違い

Audi e-gas、天然ガス、ガソリンのいずれを燃料としても走れる「g-tronモデル」を新たに設定した。



新型A5はガソリンエンジンとディーゼルエンジンがラインナップされる他、Audi e-gas、天然ガス、ガソリンを燃料として使うことができる「g-tronモデル」も発表されるとのことです。

ガソリンエンジンは、
2.0L直列4気筒(TFSI)

ディーゼルエンジンは、
2.0L直列4気筒(TDI)
3.0LV型6気筒(TDI)
が、それぞれ用意されるようです。

現行モデルと比較して、パワートレインの選択の幅が広がっているようです。

新型S5は3.0LのV型6気筒ターボエンジン「TFSI」を搭載し、最高出力354HP(358PS)、最大トルクは51kgm(500Nm)のハイパワーを誇ります。
最高速度は時速250kmで、0から100km/hに到達するまでおよそ4.7秒との事です。
現行モデルよりも速度性能、加速性能、燃費性能ともに向上しています。

新型A5・S5のインテリア

アウディの画像

出典:http://www.theaudicars.com/

出典:http://www.theaudicars.com/

アウディの画像

出典:http://www.theaudicars.com/

アウディの画像

出典:http://www.theaudicars.com/

内装面では、ドライバーが選択した情報を12.3インチの大画面で表示するヴァーチャルコックピットを装備。
最近発売されたA4に搭載されているマトリクスLEDヘッドライトや3Dアドバンストサウンドシステムなども搭載が予想されます。

また、8.3インチ高解像度カラーディスプレイのアウディMMI(マルチメディアインターフェース)も装備されます。
これはアウディのインフォテインメントシステム(娯楽&情報機能)で、ナビゲーション機能、ハンズフリー通話、スマホ連動機能、地デジTV、音楽機能、周辺状況の検索などが集約されています。
また、wi-fi接続によりネットと接続する事も可能になっています。
さらに、アウディA4と同じくappleのcarplayや、googleのandroid autoにも対応が予想されます。

荷室の広さはVDA計測法で480Lとの事。
クーペモデルはおよそ465Lと言われていますので、さすがにスポーツバックモデルは荷室も広めに取られています。

新型アウディのボディサイズ

新型のボディサイズは全長4733mm、全幅1843mm、全高1386mm、ホイールベース2824mmになります。初代(全長4711mm、全幅1854mm、全高1391mm、ホイールベース2810mm)に比べ全長が22mm長く、車幅が11mmスリムで、車高は5mm低くなり、ホイールベースは14mm延ばされています。

新型A5とS5スポーツバックの価格と発売日は!?

新型S5スポーツバックの画像

出典:http://www.theaudicars.com/

新型A5、S5は2017年初頭に発売が予定されています。
これは欧州での発売日なので、日本では2017年の末ごろか、2018年の発売になるかと思われます。

価格はA5スポーツバックが日本円でおよそ436万円、S5スポーツバックが日本円でおよそ721万円とされていますが、これも欧州での価格ですので、日本に輸入されるとさらに高くなるでしょう。
現行モデルはA5がおよそ600万円、S5がおよそ900万円ですので、新型の日本での価格もその辺の価格に落ち着くのではないでしょうか。

具体的な情報も出てきて発売が待たれるアウディA5・S5スポーツバック。
パリモーターショーでさらに情報が公開されると思われますので、楽しみに待ちましょう。

パリモーターショーで公開される注目車種はこちら

ドイツ車の新型車が気になる方はこちら