MOBY

スタッドレスタイヤの適正空気圧とは?道路状況によって変えるべき?

冬用タイヤであるスタッドレスタイヤ。秋も近づき、そろそろ夏用タイヤから交換するという人も多いはずです。今回はそんなスタッドレスタイヤの空気圧の適正値と、道路状況によって空気圧を変えるべきなのかという疑問について、解説します。

スタッドレスタイヤの空気圧の適正値は?

スタッドレスタイヤの画像です。

出典:http://www.toyo-rubber.co.jp/

路面の積雪や凍結によるスリップを防ぐために装着する、冬用タイヤであるスタッドレスタイヤ。
9月の終わりが近づき、季節も秋に入ろうとしている中で、そろそろ夏用タイヤからの交換を考えているという人もいるはずです。

そして「スタッドレスタイヤに交換したけれど、空気圧の適正値はどれくらい?」「ノーマルタイヤと同じでいいの?」という疑問を持つ人もいるでしょう。
本記事では、そんなスタッドレスタイヤの適正空気圧について解説しているので、これからタイヤの交換を考えているという人は、是非ご覧になっていってください。

スタッドレスタイヤの適正空気圧はノーマルタイヤと同じ?

指定空気圧のシール

出典:http://fujisawataiya.com/

場所は運転席側のドアの内側

出典:http://www.tubelest.co.jp/

スタッドレスタイヤの空気圧は、基本的にノーマルタイヤと同じで大丈夫です。
運転席のドアの内側に貼ってあるシールに、メーカー指定の空気圧値が記載されているので、しっかり確認しておきましょう。
もしシールが貼られてなかったら、販売店に問い合わせるか、説明書を確認する必要があります。

上の画像の場合、タイヤの適正空気圧は前輪が220kPa(キロパスカル)で、後輪は200kPaと別々になっており、この場合、前輪の空気圧が2.2キロ、後輪の空気圧は2.0キロと言い表します。

また、シールには「タイヤの空気圧は、一般/高速走行共同じ」という記載があるので、一般道と高速道路で空気圧をそれぞれ変える必要は通常はありません。

もちろん例外としてドレスアップや運動性能を高めるために、ホイールのインチアップなどを行なっている扁平率の低い、つまりタイヤの厚みが薄いタイヤに関しては、あえてスタッドレスタイヤの空気圧を2、3割程度上げることはあります。

上記のタイヤであれば、2.2キロから2.6程度に空気圧を変えるといった具合です。

空気圧を上げることによって、タイヤのゴムのたわみを少なくしてホイールと地面が接触した時の振動を軽減するために行うというわけです。

タイヤの空気圧は道路状況によって変えるべき?

タイヤ空気圧の画像です。

出典:http://www.yellowhat.jp/

道路状況で変える必要はない!

タイヤの空気圧は車種ごとに指定されており、それが走るのに最も適した値であることは間違いないので、空気圧を道路状況によっていちいち変える必要はなく、それはスタッドレスタイヤでも同じことがいえます。

タイヤ自体の耐久性が今ほど高くなかった時代には、高速道路などタイヤを酷使する状況ではタイヤの空気圧を高めにすることでタイヤ自体を長持ちさせようとしたりしましたが、今は必要ありません。

また、タイヤの空気圧を下げてグリップ感を上げるという趣向を凝らす方もいらっしゃいますが、この特性も今のタイヤに関して言えばあまり効果はないと言えるでしょう。

空気圧が低すぎるとスタンディングウェーブ現象によるバーストや燃費や操縦性の低下を引き起こし、タイヤの寿命も縮めることになるので、空気圧は指定された値と同じか、それより0.1~0.3大きいぐらいを目安にしましょう。

こちらも例外としては、雪道の轍にはまった時はスタッドレスタイヤの空気圧を下げたり、アイスバーンでのスリップを防ぐために空気圧をあげたりすることもあるということを心にとめておいてください。

3ヶ月に一回は空気圧をチェック!

タイヤの空気圧は、大体1ヶ月で0.1キロずつ減っていくと言われているので、3ヶ月に一回を目安に空気圧をチェックする必要があります。

もちろん、1ヶ月に一回のチェックでも問題なく、むしろタイヤの寿命と安全性を高めることになるので、時間がある人は積極的にタイヤと愛車のメンテナンスを行うようにしましょう。

タイヤの適正空気圧は車種ごとの指定値

出典:http://www.carsensor.net/

スタッドレスタイヤの空気圧の適正値はいかがでしたでしょうか?
スタッドレスタイヤの適正空気圧についてまとめると、以下のようになります。

・タイヤの空気圧は車種ごとの指定値でOK、それはスタッドレスもノーマルも同じ。
・道路状況によってタイヤの空気圧を変える必要はない。(特例はある)
・空気圧は低すぎるとダメ、0.1~0.3キロ高めに入れておく。
・空気圧チェックは3ヶ月に一回が目安、ベストは1ヶ月に一回。

タイヤは車にとって最も重要な部品の一つなので、こまめなチェックするようにしましょう。
しかし車のタイヤなんて普段あまり気にしないという方は購入した時に空気圧を気持ち高めにしてもらうほうが無難といえるかもしれません。

スタッドレスタイヤなどは特に購入してなかなか装着しないことで空気圧を下げてしまったりする方が多いでしょうから素直に販売員の方の言うことに従うのが間違い無いです。

それでは安全安心の車ライフを楽しんでください!

現在の人気のタイヤの最安値はこちら

└→オートウェイ

タイヤと愛車の点検に関連する記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す