初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

エコタイヤはグリップが弱い?燃費や寿命と価格などを紹介!

エコタイヤがこの世に登場してから高い人気を維持してきています。さて、エコタイヤのグリップ力は弱いのか?安全性は?といった基本的な疑問から、燃費や寿命と価格などをまとめてご紹介します!タイヤ交換前の必読記事!

エコタイヤとは?

どんなものなのかを説明!

エコタイヤとは、日本自動車タイヤ協会(JATMA)が定めた等級制度で、低燃費性と安全性が基準値をクリアしているタイヤのことです。
低燃費タイヤとも呼ばれています。
エコタイヤの特徴は、まず軽いことです。
見た目は普通のタイヤですが、実際の重量は従来のタイヤと比べて軽くなっています。
自動車は、サスペンションより下の重量「バネ下重量」が軽ければ軽い程、走行性能は上がり、燃費はよくなります。
例えば、鉄のように重い靴を履いて走るのと、その靴を手で持って走るのとでは、どちらが早く走れるかどうか想像してみてください。
重い靴は手で持って走った方が速いですよね。
これは、タイヤの重さと同じ理論です。

また、エコタイヤの最大の特徴が、転がり抵抗の低さとなっています。
転がり抵抗とは、タイヤが受けている逆向きの抵抗のことです。
この抵抗が大きいと、タイヤが転がりにくくなり、前に進もうとする際にエネルギーを使うため、燃費が悪くなってしまいます。
そこでエコタイヤは、この転がり抵抗を極限まで減らし、低燃費を実現したのです。

いっそのこと、抵抗を完全になくせばいいんじゃないの?と疑問に思う方もいるかもしれません。
抵抗を完全になくしてしまうと、車が静止することが出来なくなってしまうので、必要最小限の抵抗は残さなければならないのです。

エコタイヤの基礎知識がおわかり頂いたところで、続けてエコタイヤのグリップ力や安全性、気になる燃費や価格のまとめへとご覧ください!
タイヤ交換を考えている人、タイヤにスリップサインが出てしまった人は必読です!

エコタイヤの安全性は?グリップ力は弱いのか

抵抗を極限まで減らしたと聞いて、安全性は大丈夫なのか、と心配する方もいるでしょう。
エコタイヤは、安全性にも配慮しています。
タイヤは雨や雪道を走ると滑りやすくなります。
この滑りやすさには、タイヤのグリップ力が関係してきます。
グリップ力とは、簡単に言うと摩擦力のことです。
グリップ力が高いと、タイヤは滑りにくくなりますが、熱を発生させやすいため、タイヤを溶かしてしまうことがあります。
タイヤを溶かさないために、タイヤのゴムを特殊なものに変えるなどして、グリップ力を確保し安全性を高めています。

エコタイヤとは、低燃費と安全性を両立しているタイヤのことなので、当然この二つは高性能となっています。
逆に言えば二つの基準をクリアしているタイヤのみがエコタイヤとして発売されているので、安心して使用することができます。

エコタイヤを使うことで燃費はどう変わるの?

追加メーター

エコタイヤを使用することで燃費が良くなる理由は、前述した通りです。
では、どれくらい燃費が良くなるのでしょうか。

一般的に、転がり抵抗が20%減ると、燃費は2%良くなると言われています。
参考程度に例を挙げると、年に1万km走った場合、普通タイヤで走った場合と比べておよそガソリン満タン2回分の費用が浮く試算となります。

車を頻繁に使用する人は、エコタイヤにした方が年間費用も浮くので、検討してみる価値はあるといえます。

エコタイヤの寿命は?

タイヤ ひび割れ

タイヤの寿命は一概には言えませんが、普通車のファミリーカークラスの標準的なタイヤであれば、走行距離ではおおよそ30,000km程度、走行距離が少ない場合での使用年数では3年〜5年とされています。
エコタイヤの寿命は、走行距離40,000〜50,000kmが交換の目安となりますが、それ以下の走行距離においての使用年数については、標準的なタイヤと同じ3年〜5年が目安となります。

エコタイヤは摩耗にしくくなっていますが、経年劣化による耐性を特別強化しているものではありませんので、単に走行距離が標準的なタイヤより寿命が伸びるものと考えましょう。

尚、軽自動車やコンパクトカーなど小さいタイヤを履いた車は、同じ走行距離でもタイヤ回転数が増加するため、走行距離に対する寿命は標準的なタイヤとエコタイヤともに短くなる傾向があります。

エコタイヤの価格っていくらくらい?

費用 ペン お金

この記事を読んでエコタイヤを買ってみたくなったけど、いくらするの、という疑問は当然出てくると思います。

値段はタイヤのメーカーや使用している車の種類によって違いますが、普通のタイヤと比べると少し高めとなります。
具体的な価格は、あらゆる種類のエコタイヤと豊富なサイズがあるため明示できませんが、同一メーカーのタイヤで比較すると2割〜3割以上高くなるものもあります。

頻繁に車を使う方なら、タイヤを買ってから取り換えるまでの間に燃費分の元が取れるかどうか試算すると良いでしょう。

おすすめのエコタイヤを紹介!

ヨコハマタイヤ ブルーアース1

Amazonでの価格 : ¥13,980(2016年10月現在)

エコタイヤ ブリジストン ECOPIA EP001S

Amazonでの価格 : ¥ 14,700 (2016年10月現在)

エコタイヤは多数のメーカーが出しており、様々な種類があります。どのエコタイヤがいいのか迷っている場合は、以下の商品を参考にしてみてください。

エコタイヤにはラベリング制度というものがあり、性能を評価しています。最高評価はAAA/aとなっており、これに当てはまるタイヤはヨコハマタイヤの「ブルーアース1」や、ブリヂストンの「ECOPIA EP001S」などがあります。
性能を求めるならば、この2つがおすすめです。

ただ、性能の高さに比例して値段も高くなっているので、費用対効果を考えて購入しましょう。

エコタイヤは地球環境への配慮に!

エコタイヤについてのまとめ記事は、いかがでしたでしょうか?

エコタイヤは燃費が良いタイヤです。
燃費が良くなることは、使用するガソリンの量が減り、排出する二酸化炭素の量も減ることになります。
単に経済的な理由だけでエコタイヤにする、という他にも、あまり走行距離が伸びないドライバーも、地球環境に配慮するといった目的でエコタイヤを選択することが多くなってきているようです。

ぜひ、この機会にエコタイヤへの切替だけでなく、地球環境についても考えてみてください。

エコタイヤの現在の相場価格はこちら

エコタイヤ
↑エコタイヤの相場価格について知りたい方はこちらのリンクへ!!

タイヤに関わるおすすめのまとめ記事