初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

Bセグメント・Aセグメントとは?各セグメントの意味とおすすめ車種まとめ

Aセグメント・Bセグメントという言葉をよく見聞きしませんか?その2つのセグメントの違いは何でしょうか?Aから始まる各セグメントの意味とAセグメントとBセグメントのおすすめ代表車種をまとめてご紹介します。車選びの参考にどうぞ!

セグメントとは?A〜Dのアルファベットが意味するもの

Aから始まる各セグメントとは?

「セグメント」とは、主にヨーロッパで使われている乗用車をわかりやすく分類、ランク付けする概念です。

具体的には、A〜E、Fなどのアルファベットを用い、それぞれのセグメントで乗用車を分類します。
基本的にA〜Eの順に大型化、高級化していき、Fセグメントは一線を画した超高級車となります。
また、SUVやスポーツクーペはそれぞれJセグメント、Sセグメントに分類されます。

もともとは、自動車メーカーが統計調査に使う目的で作られたもので、調査する団体や、調査の目的によってそれぞれの定義は変わることがあります。

Aセグメント・Bセグメントの定義と違い

Aセグメントは軽自動車と一部のコンパクトカー

Aセグメントは、主に日本の軽自動車のような、最も小さいサイズの車を指すカテゴリーとなっています。

全長が3750mm以下の乗用車を示すとされていて、排気量は0.6Lから1.3Lまでのエンジンを搭載することがほとんどです。
例えば「トヨタ・アクア」や「ホンダ・フィット」よりもさらに小さい車となります。
つまり、軽自動車や軽自動車より更に全長が短いコンパクトカーの「トヨタ・パッソ」や「スマート・フォーツー」がこのセグメントに含まれます。

Bセグメントはほとんどのコンパクトカー

Bセグメントは、「トヨタ・ヴィッツ」、「ホンダ・フィット」、「マツダ・デミオ」といった、一般的なほとんどのコンパクトカーを指すカテゴリーです。

全長が3750mmから4200mmまでの乗用車を示すとされていて、排気量が1Lから1.5Lのガソリンエンジンを搭載することほとんどです。
ボディ形状がセダン、クーペ、またはステーションワゴンで、全長が4300mm以上に達している車については「フルBセグメント」または「BCセグメント」と呼ぶ場合もあります。
ただ、前述したようにセグメントに決まった定義はなく、調査主体によって分類方法は若干変わります。

また、Aセグメント・Bセグメントは、コストとクオリティのバランスが重視される競争の激しいセグメントでもあります。
近年では加速性能・乗り心地ともに著しく向上してきていて、注目を集めているセグメントと言えます。

ちなみに最近人気の「メルセデス・ベンツ・Aクラス」は「Cセグメント」に属します。
紛らわしいですね。

Aセグメントのおすすめ車種

【Aセグメント・軽自動車】スズキ・ワゴンR

ワゴンR FA S-エンチャージ搭載 2014年

軽自動車の代表と言えばこの「スズキ・ワゴンR」
現在のAセグメント・軽自動車人気の火付け役となった車です。
現行型はワイド感や上質感が増し、より洗練されたスタイルになりました。
さらに、広い視界、操作性の良さといった車としてのベースの高さや、「S-エネチャージ」といった先進の燃費技術もこの車が支持され続けている理由です。現在もその魅力は衰えていません。
Aセグメント・軽自動車の中では間違いのない選択肢と言えるでしょう。


中古車情報
システムメンテナンス中


【Aセグメント・軽自動車】ダイハツ・ムーヴ

ダイハツ ムーヴ L 2014年

ワゴンRと長きにわたって軽自動車・Aセグメントのライバル関係にあるのが「ダイハツ・ムーヴ」
デザイン、走行性能、燃費、安全性と4拍子揃ったバランスの良さが人気の理由です。
現行型では軽量高剛性ボディを採用し、走りが大幅に進化しました。サスペンションの進化により荒れた路面でも乗り心地は良いです。
また、「ムーヴカスタム」の内外装の上質さは軽自動車であることを忘れてしまいそうになるほどのクオリティです。


中古車情報
システムメンテナンス中


【Aセグメント・軽自動車】ホンダ・N-BOX

ホンダ N-BOX G・Lパッケージ 2015年型

ホンダが新しいAセグメント・軽自動車のベンチマークをつくろうと意気込んで開発したのがこの「ホンダ・N-BOX」に代表される「Nシリーズ」
室内空間が広いので疲れにくく、肌触りにこだわったシートも居心地の良さに一役買っています。
2015年の軽自動車新車販売台数No.1に輝いたのも、世界初となる「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」の採用など、進化を続けていることが理由として挙げられます。


中古車情報
システムメンテナンス中


【Aセグメント・国産車】トヨタ・パッソ

トヨタ パッソ X L package S 2016年

「軽じゃないK」というキャッチフレーズがインパクト大の「トヨタ・パッソ」
マツコ・デラックスのCMを覚えている方も多いのではないでしょうか。
Kは快適・かわいい・かっこいいの頭文字だそうです。
事実、この車はトヨタが送り込んだ軽自動車ハンターとのことです。
現行型でも車を必要以上に大きくせずに可愛らしさと運転のしやすさで軽自動車と真っ向勝負しています。
姉妹車は「ダイハツ・ブーン」です。
日本で最も売れている普通車規格のAセグメントのうちの1台です。


中古車情報
システムメンテナンス中


【Aセグメント・ドイツ車】スマート・フォーツー

スマート フォーツークーペ 2017年型

「スマート・フォーツー」は全長わずか2755mmという軽自動車よりもはるかに小さいマイクロカー。
2車線あればUターンできる取り回しの良さはシティライフにはうってつけです。
現行型は新エンジンにより走りが滑らかかつ俊敏になりました。
さらに、広く上質になった内装、最先端の安全性能、ひとクラス上の快適装備、自信に満ちたポップなデザインにより、メルセデスらしいまさにプレミアム・Aセグメントと言えます。


中古車情報
システムメンテナンス中


【Aセグメント・ドイツ車】フォルクスワーゲン・up!

シンプルかつクリーンな内外装が目を引くVW最小のAセグメント・コンパクトカー、「フォルクスワーゲン・up!」です。
154万円からと軽自動車とも渡り合える価格も魅力です。
しっかりしたシートのおかげでロングドライブも快適です。
安全装備も充実していて、追突軽減ブレーキ、横滑り防止装置のESP、サイドエアバッグも全車に標準です。
up!に搭載されたASG(DCT)は、クラッチペダルがない点はATと同じですが、MTベースで変速は自動で行うシステムです。


中古車情報
システムメンテナンス中


【Aセグメント・イタリア車】フィアット・500(チンクエチェント)

新型フィアット500

「フィアット・500(チンクエチェント)」は愛らしいデザインが魅力の車です。
デザインだけで欲しいと思わせるのはさすがイタリア車です。
内外装の国産車との無数の違いが大小さまざまな驚きや喜びとなって乗る人を刺激します。
取り回しにも優れ、エンジンも元気で走りも楽しめることが幅広い支持を得ている理由です。
屋根が開く「500C」もラインアップし、走りの刺激をさらに求める人には「アバルト・500」という選択肢もあります。
世界中で人気の高いAセグメントの車です。


中古車情報
システムメンテナンス中


次のページ