MOBY

アメリカ大統領専用車のキャデラックワン・通称ザビーストとは?驚きのスペックと気になる価格や重量も紹介

アメリカ合衆国大統領専用車両「キャデラック・ワン」。今年5月に開催された「伊勢志摩サミット」では、たくさんの警護車両を引き連れた、その堂々たる姿を見ることができました。あらゆる事態を想定し、最高のスペックを持って大統領を守る「キャデラック・ワン」とは、一体どのような車両なのか?この記事では、そんな大統領専用車両のスペックや価格といった情報についてまとめています。

アメリカ大統領専用車「キャデラック・ワン」とは?

通称「ザ・ビースト」

キャデラック・ワンの画像です。

出典:http://www.digitaljunkfeed.com/

アメリカ合衆国の大統領専用車両である「キャデラック・ワン」。
今年の5月に開催された「伊勢志摩サミット」でも、その姿を見ることができました。

アメリカのトップである大統領を守るために、最新鋭の装備と最高の防御力を備えているという「キャデラック・ワン」は、そのスペックのほとんどが最高機密となっており、我々は一般に公開されている僅かな情報しか知ることができません。

本記事では、そんな最高機密の塊である「キャデラック・ワン」の、一般レベルで知られているスペックや価格といった情報についてまとめています。

伊勢志摩サミットの際に撮影された「キャデラック・ワン」の車列

動画には、大統領専用車を警護する車列と「キャデラック・ワン」が2台映っています。
なぜ2台あるのかというと、大統領がどちらに乗車しているのか分からなくするためです。

大統領専用車のスペックや価格は?

大統領専用車の巨体 その価格は30万ドル!

出典:http://www.keyword-suggestions.com/

アメリカ大統領専用の航空機である「エアフォース・ワン」に倣って「キャデラック・ワン」と呼ばれる大統領専用車。
2009年に登場した現行モデルは、GMCのピックアップトラック「トップキック」のシャシーに、キャデラックのボディを乗せた特別仕様のリムジンとなっています。

そのサイズは全長5.5m、全高1.8mで、車両重量は約8トンとなっており、まさに「ザ・ビースト」の呼び名に相応しい巨体です。
また、その価格は一台当たり約30万ドル(約3,000万円)とされています。

大統領専用車は動くシェルター

出典:http://www.dailymail.co.uk/

大統領専用車は、その名が示す通り大統領専用の車であり、あらゆる攻撃から大統領を守れる「動くシェルター」とでもいうべき防御性能を持っています。

まず、車体全体がチタンやセラミック、特殊鉄鋼を素材とした、厚さ5インチ(12.7cm)の複合装甲で覆われており、ロケット砲や爆弾の爆発でもびくともしません。
ドアの厚さは20cm以上、防弾ガラスの厚さも12cm以上あるとされ、ドアだけでもかなりの重量があります。

また、タイヤにはグッドイヤー製のランフラットタイヤが採用されており、銃弾を受けてパンクをしたとしても、100km以上の距離を走ることが可能です。
さらに、核・生物・化学兵器(NBC兵器)への対策も万全で、車内は完全な気密性があるとされており、車内の空気は常に清浄に保たれます。

そして、暗視カメラや酸素ボンベ、輸血用血液製剤といった緊急用の装備や、催涙弾やショットガン等の大統領を守るための銃火器も搭載しています。

大統領専用車は、これらの装備によって重量が増加したために、最高速度は約100km/h、燃費は約2.8km/L程度だとされています。
なお、8トンというヘビー級の車体を動かすエンジンには、燃料が発火しにくく、トルクの大きいディーゼルエンジンが採用されており、燃料タンクには自動消火装置まで備えているそうです。

大統領専用車は移動司令室

出典:http://www.businessinsider.com/

あらゆる攻撃を防ぐ防御性能を持った大統領専用車ですが、当然、通信機能も最高レベルの物が搭載されています。

まず、地球上のどこだろうとネットワーク通信と電話を利用することができる衛星通信システムが搭載されており、核ミサイルの発射も車内から命令できます。
当然、最高レベルの高度な暗号化が行われているので、ハッキングや盗聴はまず不可能でしょう。

たとえホワイトハウスが壊滅しようとも、大統領が「キャデラック・ワン」で脱出さえしていれば、そこを新たな指令室にすることができるのです。

次に大統領専用車に乗るのはヒラリー?トランプ?

大統領専用車の画像です。

出典:http://www.digitaltrends.com/

アメリカ大統領専用車「キャデラック・ワン」はいかがでしたでしょうか?

すさまじい重装備の大統領専用車ですが、大統領という役職が、アメリカにとってそれだけ重要で守られるべき存在なのだということがわかります。
次の大統領はヒラリーかトランプかと、全米で白熱していますからね。

果たして、オバマ大統領の次に「ザ・ビースト」の主になるのはどちらなのか?
我々日本人も、注意深く見守っていきましょう。

皇族や政府要人が乗る車の関連記事はこちら!

天皇陛下個人の愛車から、皇族御用達の専用車までご紹介しています。

安倍首相を含む日本の要人の車といえばセンチュリーです。

イギリスの王室専用車はロールスロイス!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す