MOBY

憧れのロードスター、どれを買う?おすすめモデルを5つご紹介!

スタイリッシュなデザインに、メーカーのこだわりが詰まった高性能。マツダ車の中でも長い歴史を持ち、世界中で愛されてきた車です。そんなロードスターの中でも、特におすすめのモデルはどれなのでしょうか?最新のものから根強い人気を誇る伝統的なものまで、人気の車種を5つご紹介します!

やっぱり最新型がいい!NDロードスター

今年2015年に発売された最新型が、NDロードスター。
細く鋭い眼光が、初代ロードスターの面影を浮き上がらせるようです。

運転席からの眺めも良好で、乗り降りもしやすいので、従来のロードスターに比べると普段使いに向いているとも言われます。
価格が250万円~300万円と、比較的安価なのも嬉しいですね。

 写真や映像では大きく見えるNDロードスターですが、実物はかなりコンパクトです。なにしろサイズ的には初代NAロードスターよりも小さいというのですから「そりゃごもっとも」といったところです。

出典:http://wonderdriving.com/

 まず、見た目がユニークです。フロントマスクが「両生類顔」なのは歴代ロードスターの伝統ですね。初代NAはウーパールーパー顔でしたから、ちゃんとヘリテージされています。NDロードスターはヤモリといった感じですかね。

出典:http://wonderdriving.com/

 ただ、さすがはマツダ。ステアリング、シフトノブ、サイドブレーキレバーの位置関係が絶妙です。左手の移動を最低限で済ませられるこの位置関係は、自分も10年間乗っていたRX-7(GF-FD3S)を思い起こせさてくれます。S660は、サイドブレーキレバーがやや後ろ気味で離れていましたからね。

出典:http://wonderdriving.com/

 そうそう、気になるトランクスペースですが、さすがに大きいとはいえませんが、NCロードスターよりもトランク容量は増えています。キャリーバッグは一個は入りますね。

出典:http://wonderdriving.com/

やはり一番新しいだけあって、従来のロードスターに比べデザイン、収納スペース、安全性など、様々なところが改善されているようです。

レースよりも日常に特化した、実用的なオープンカーを求めている方にはおすすめのモデルと言えるでしょう。

滑らかなデザインと性能の高さ!NC2ロードスター

続いてご紹介するのは、丸みを帯びた滑らかなデザインと、足回りの良さが魅力のNC2。
良好なサウンドと一体感で、心地よく乗れるとドライバーから高評価を得ています。

発売からは7年経ちますが未だにファンが多く、見どころのある車です。

評判の良い、マイナーチェンジ後のNC2が何と言っても魅力的です!

出典:http://na1800.blog96.fc2.com/

スポーツカーとはいえ、今時のセッティングですから結構ロールもしますし、路面からの衝撃もやんわりといなしてくれます。
MR-Sと比べると、加速はほぼイーブンながら、乗り心地は完全な乗用車のそれです。(エンジンの回り方は確かにロードスターの方が数段気持ち良い)

出典:http://na1800.blog96.fc2.com/

とにかくロードスターとは思えない程の快適走行性能でした。(良い意味でも、悪い意味でもね)

出典:http://na1800.blog96.fc2.com/

スタイリングに関しては、野暮ったさがなくなり幾分スッキリとシャープにまとまった印象。個人的な事を言わせてもらうとNC1のスタイリングは登場当初から拒絶反応を示していただけに、このマイナーチェンジは個人的には○。温故知新には頼らない新鮮さが出たのも重要なポイントと言えるでしょう。

出典:http://kunisawagakkou.seesaa.net/

シンクロ容量拡大やカーボンコーティングの施行などにより、6速MTのシフトフィールはまさに痛快。各ギアが吸いこまれるようにスコンスコンと気持ち良く入り、ストロークも適切。

出典:http://kunisawagakkou.seesaa.net/

そして足周りの改善も。ロールセンターを26mm下げたほか、それに合わせてサスペンションをリセッティング。その効果はターンイン時のフロントの接地性の向上とアペックス付近でのリアのスタビリティの良さに結びついています。

出典:http://kunisawagakkou.seesaa.net/

走り心地については、そのあまりの安定ぶりから「ロードスターらしくない」という声もあるようですが、逆に初めて購入される方には馴染みやすいと言えるでしょう。

ストイックなスポーツカー!NC3ロードスター

少しばかりシャープさを出したデザインと、よりスポーティーな車体を追求したNC3。

車体への衝撃から乗車している人の頭部を守る「アクティブボンネット」というシステムを装備し、安全面にも配慮されています。
NC2に比べると、どちらかといえばスポーツカーらしい形を重視して表現されたモデルのようです。

走るなら車のコンデションを強制的に制限出来るハイテクマシーンじゃなきゃ危なくて走れないって人はNC3を選べば間違いないって言えばこの話は終わる事なのですがwww
NC3は水温によって回転数が制限されます。(自動的に)

出典:http://www.dclog.jp/

他には1と2と3ではバンパーも違います
これにより軽量化も兼ねながら空力もかわってるみたいですねヽ(´o`;
当然1と3では3の方が軽くできてるみたいです(^ ^)

出典:http://www.dclog.jp/

NC3はNC2をマイナーチェンジしたものなので、基本的な性能は変わらないのですが、車体が多少軽量化されていたり、中の機能が細かく変わっていたりします。

安全性の面では当然NC3の方が上と言えるものの、ドライバーの腕が試される車の方がそれらしくて良い!という考えの方だと、少々物足りなく感じる部分もあるようです。

色あせない個性と存在感!ユーノス・ロードスター

ロードスターの中でも初代のモデルにあたる、ユーノス・ロードスター。
「シジミ目」とも称される愛嬌バツグンの顔立ちと丈夫なボディ、何より他に類を見ない存在感で、発売から20年以上経つ今でも愛好者が多いモデルです。

もちろん中古で購入すれば修理やメンテナンスが必要になりますが、部品やオプションを替え、自分好みにカスタマイズするのもまた一つの楽しみ方だとか。

あれから早や12年が経過。今も我が愛車はこのロードスターで、余程の事がない限り買い換える気もない。ちなみに現在の走行距離は約66000km。12年も乗ってる割には大して走ってない。

出典:http://homepage1.nifty.com/

さすがにボディは小キズだらけなれども大きなトラブルや事故に見舞われる事もなくエンジンは快調そのもの。その気になれば向こう10年くらい現状維持でいけちゃうんじゃないかな。

出典:http://homepage1.nifty.com/

ユーノスロードスターは、エンジニアたちの純粋な情熱を注がれて『生』を受けたクルマである。そして、デビュー以来世界中のたくさんの人達から愛され続けている。本当に世にも幸せなクルマである。
ロードスター開発ストーリーより

出典:http://na8c.net/

めちゃめちゃ楽しい車です。なんだこりゃーて感じです。

車を運転して楽しいと思ったのは久しぶり。や~ 最高です わーい(嬉しい顔)

出典:http://www.c-s-factory.jp/

長所・とにかく、こまわりが効く。
   目立つ。小学生に大人気。
   加速するときの、到達点がはやいです。
   うちの狭い庭でも、車庫証明がとれる。

出典:http://www.double-ko.net/

基本的には最新型の方が注目されやすいはずですが、それでも初代が支持され続けるのは、やはり開発者たちの情熱とこだわりを感じ取ることのできる味わい深さがあるからなのでしょう。

優雅なボディラインと軽い車体!NB3ロードスター

シュッと引き締まった優雅なボディラインと、NCシリーズよりも軽い車体が魅力のNB3。

NBシリーズはとにかく素早い走行が特徴で、本当に運転の楽しさを味わいたいのならNBがおすすめ!と言われているほどです。
NB3はその中でも洗練された外見が特徴で、流れるようなフォルムにうっとりしてしまいますね。

新排ガス規制に対応する為にマイナーチェンジしました。
基本的にはNB2から変化はありませんが、排気系についてはNB2と一部互換性が無くなっています。
VSがブラック内装のVS Combination A、ベージュ内装のVS Combination Bと分かれました。

出典:http://www.atelier-nii.com/

NA、NB、NCと続くロードスターの中でもNBのボディラインはいちばん優雅で魅力的に思います。眺めているだけでもうれしくなっちゃいます。

出典:http://motor.geocities.jp/

NBロードスターにのっていて良かった点は
運転がすごく楽しかった事!!燃費もスポーツカーにしては
良かったし、無理に飛ばすというよりは流れにそって飛ばせる車

出典:http://nbloadstar.jugem.jp/

まっすぐ走ってるだけでも運転している感がある車です。

出典:http://nbloadstar.jugem.jp/

優美なデザインのイメージそのままに、滑らかに動いてくれるのが魅力のようです。

エンジンが丈夫なので、高価なオイルを入れる必要がなく、維持費も思ったよりはかからないとのこと。

情緒あるデザインと走りの楽しさを、ロードスターで体感しよう!

いかがでしょうか?さすがに長い歴史を誇る車種なだけあって、いずれのモデルにもそれぞれに違った見どころがありますね。
車は最新型が出ればそれより前のモデルは比較的注目されなくなるものですが、ロードスターの場合は以前のモデルを含めて見つめ続けられているところが素晴らしいものです。

車体やエンジンが丈夫なので、10年以上経っても故障しにくいですし、何よりあまり酷使せず大事に乗る方が多いため、走行距離が比較的短い中古車を手に入れやすいのも特徴と言えます。
興味が沸いた方は、ぜひ自分好みのモデルを調べてみてくださいね。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す