初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型メルセデスAMG GTロードスター&GT Cロードスターが発売!性能や価格は?

メルセデスの新型「メルセデスAMG GTロードスター& GT Cロードスター」が発売を開始しました!この記事では、そんな「メルセデスAMG GTロードスター& GT Cロードスター」の性能や価格などの最新情報をお伝えしていきます。

新型メルセデスAMG GTロードスター& GT Cロードスターが発売開始!

新型 メルセデス AMG GTロードスター GT Cロードスター

2017年8月25日に「メルセデス新型AMG GT ロードスター」と「メルセデス新型AMG GT C ロードスター(以下、GT Cロードスター)」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて発売を開始しました。
いずれも完全受注生産モデルとなっています。

「新型AMG GT ロードスター」および「新型AMG GT C ロードスター」は、“Handcrafted by Racers.“というスローガンを掲げて製造されました。
モータースポーツを心から愛する者たちが創り上げたメルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカー「メルセデスAMG GT」をベースに、完全自動開閉のアコースティックソフトトップを備えたオープントップモデルのスポーツカーと言えます。

最高出力475psの「GT」と、555psの「GT C」の2グレードで展開される新型ロードスターは、一体どのような性能を秘めているのか?
本記事では、そんな新型「メルセデスAMG GTロードスター」と「メルセデスAMG GT Cロードスター」の価格や性能、外装&内装デザインなどの最新情報を紹介しています。

公開されたメルセデスAMG GTロードスターの動画

メルセデスAMG・GTに関する記事はこちら!

メルセデスAMG GT/GT Cロードスターの外装(エクステリア)デザイン

メルセデス AMG GT C ロードスター

新型 メルセデス AMG GT Cロードスター
新型 メルセデス AMG GT Cロードスター
新型 メルセデス AMG GT Cロードスター

新型「メルセデスAMG GTロードスター」は、従来のクーペ型のデザインを、そのままオープンカーに落とし込んだ、流麗なボディラインとなっています。
「GT Cロードスター」の方は、リアフェンダーの幅が57mmも拡張されており、ホイールもより大径の物が装着できるようになっているのです。

1952年に開催された伝説的なレースであるカレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝を飾った「300 SL」レーシングカーを彷彿とさせる、「AMGパナメリカーナグリル」をはじめとする数々の備を備えることで、空力効率を強化するとともに最適なグリップを確保しています。

また、足回りのチューンナップに関しても「GTロードスター」と「GT Cロードスター」で異なっており、「GTロードスター」が固定レートのスポーツサスペンションになっているのに対して、「GT Cロードスター」の方は、減衰力を好みで調整できる「AMGライド コントロール サスペンション」 を搭載しています。

ルーフは走行中でも11秒で展開可能!

メルセデス AMG GT C ロードスター 2016年型
メルセデス AMG GT C ロードスター 2016年型
メルセデス AMG GT C ロードスター 2016年型

新型「メルセデスAMG GTロードスター」には、自動展開可能な「オートマティック・ファブリック・ルーフ」が採用されています。
ルーフは3層構造になっており、素材にスチール・アルミニウム・マグネシウムを用いることで、軽量化を実現しました。

また、50km/hまでの速度なら、走行中でも僅か11秒で展開可能です。
ルーフのカラーリングはレッド・ブラック・ベージュの3色が用意されています。

メルセデスAMG GT/GT Cロードスターの内装(インテリア)デザイン

新型 メルセデス AMG GTロードスター GT Cロードスター
新型 メルセデス AMG GTロードスター GT Cロードスター
新型 メルセデス AMG GTロードスター GT Cロードスター

ダッシュボードは水平基調とすることで幅を強調し、力強い翼のように見せています。
高いベルトライン、ドアパネル、ダイナミックにせり上がるセンターコンソール、低いシートポジションにより、ドライバーの身体をコックピットに一体化し、AMG パフォーマンスシート*は、バックレストとシートクッションのサイドボルスターの張り出しを大きくすることでラテラルサポートを強化します。

AMG パフォーマンスシートに初めて、温風で首元を暖めるエアスカーフが装備されました。
寒冷時でも快適なオープントップドライブを楽しむことができます。
吹き出し口はシートのヘッドレスト部に違和感なく一体化され、吹き出す暖気の温度を乗員の好みに合わせて3段階で調節することが可能です。
また、ドラフトストップを備えることで、後方から室内への風の巻き込みを低減します。

*GT ロードスターにはオプション設定

メルセデスAMG GT/GT Cロードスターの走行性能

メルセデス AMG GT C ロードスター 4.0L V型8気筒 ツインターボエンジン 2014年型

最高速度は315km/h!

新型「メルセデスAMG GTロードスター」には、クーペに搭載されている物と同じ4.0L V型8気筒ツインターボエンジンが搭載されており、新型GT ロードスターは最高出力476PS(350kW)、最大トルク630N・m、新型GT C ロードスターは最高出力557PS(410kW)、最大トルク680N・mを発揮します。

トランスミッションは、どちらも7速DCTを採用しており、「GTロードスター」では0-100km/h加速が4.0秒、最高速度は303km/hにも達します。
さらにその上を行く「GT Cロードスター」では、0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は315km/h*まで出すことが可能です。
*欧州仕様参考値

特に「GT Cロードスター」に関しては、クーペモデルの「メルセデスAMG GT S」の性能を超えているという所も注目すべきポイントです。

※「メルセデスAMG GT S」
最高速度:310km/h
0-100km/h加速:3.8秒

メルセデスAMG GT/GT Cロードスターの価格

新型 メルセデス AMG GTロードスター

新型 メルセデス AMG GTロードスター GT Cロードスター
新型メルセデスAMG GTロードスター / GT Cロードスター価格
メルセデス AMG GTロードスター1,834万
メルセデス AMG GT C ロードスター2,298万
[単位]円(消費税込み)

新型AMG GTロードスター& GT Cロードスターは圧倒的なスピードが魅力!

新型 メルセデス AMG GTロードスター GT Cロードスター

メルセデスAMG GTロードスター& GT Cロードスターの最新情報をお伝えしてきました。

「AMG GTロードスター& GT Cロードスターの」はルーフなしでクーペと同等の運動性能を実現するために、ボディシェルの剛性を高める特殊な対策を導入したと発表されています。
圧倒的なスピードをオープンカーで体験することができるのは大きな魅力です。

AMGは2017年で設立50周年を迎えます。
その記念すべき年にふさわしい性能とデザインの車と言えるでしょう。

関連記事:AMG最強仕様のメルセデスAMG GT Rはこちら!

メルセデス・ベンツのおすすめ記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK