MOBY

ハイドロプレーニング現象とは?雨の高速道路で注意!速度など原因と対処方法

雨の日での事故のもとになるハイドロプレーニング現象とは?自動車教習所で習ったけど、イマイチどういったものなのか、どういう原因で起こるのかわからない、という方も多いと思います。そんな方たちのために、今回はハイドロプレーニング現象の概要や原因、対策などをわかりやすくまとめました!

ハイドロプレーニング現象とは?

ハイドロプレーニング現象とは

出典:https://ja.wikipedia.org/

ハイドロプレーニング現象とは、車が水たまりなどを走った際に、滑ってブレーキやハンドルが効かなくなる現象です。
アクアプレーニング現象や水膜現象とも言います。

特にスピードを出す高速道路で起きやすく、この現象による事故は多く、交通事故や車を大破するなど、毎年被害が多く出ています。
ハイドロプレーニング現象は、一定の条件で誰にでも起こるものとなっているので、事故を起こした場合でも過失が低くなる場合があるようです。
しかし、いくら事故の過失割合が低くなったとしても、ハイドロプレーニング現象に陥りたくはないものです。

このまとめ記事では、ハイドロプレーニング現象の発生の原理、原因や対処方法などを詳しくご紹介していきます。

ハイドロプレーニング現象発生の原理

ハイドロプレーニング現象の原理

ハイドロプレーニング現象が発生する原理は、水の溜まった道路を走行中、タイヤと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑るような状態となることとなります。
大げさに言えば、タイヤが水の上に浮いているのと同じです。
ハンドルやブレーキが利かなくなるのは、タイヤと路面が接していないからです。

ハイドロプレーニング現象の対処方法は?

ハイドロプレーニング現象の対処方法

出典:http://kurumaurukuma.com/

対処法は、あえて「何もしない」こととなります。

その理由は、ハイドロプレーニング現象が起こると、そもそもブレーキやハンドルが効かないので操作する意味がありません。
高速道路や自動車専用道路などで速度が出ている状態でハイドロプレーニング現象が起きても、そのまま走らせて減速させるしかありません。
一般道路の場合は、クラクションを鳴らして危険を知らせることで、なるべく被害を少なくする、という方法を取りましょう。

ハイドロプレーニング現象を発生させないための対策

ハイドロプレーニング現象の対策

出典:https://ja.wikipedia.org/

ハイドロプレーニング現象を発生させないための対策は、


・濡れた路面、雨天時は速度を控えて走行する
・水たまりを避けて走る
・タイヤの空気圧を規定値にする
・タイヤの溝が十分にある状態で走行する
・ヒビが入るなど古く劣化したタイヤを使わない


ことなどとなります。
また、スポーツ性能を重視したタイヤでは濡れた路面のグリップ力が弱い場合がありますので、タイヤの性能と天候に合った運転をすることもとても大切です。

最近では、路面を排水性が高いアスファルトに変えることが進んできています。
粒の荒い小石がアスファルトで固められているような外観で、粒子の粗さが水はけを良くしています。
これは、ハイドロプレーニング現象を抑制して事故発生率を下げる効果があります。

空気圧をこまめにチェック!ハイドロプレーニング現象の有効な対策

ハイドロプレーニング現象と空気圧

出典:https://www.webcartop.jp/

前述しましたが、ハイドロプレーニング現象は、タイヤの空気圧が大きく関係します。
タイヤの空気圧が不足していると、トラクション(タイヤが路面を掴む力=摩擦力)が維持できなくなり、ハイドロプレーニング現象が起きやすくなります。

空気圧は外気温、路面温度の変化によっても上下しますので、定期的にタイヤの空気圧が不足していないかチェックしましょう。

ハイドロプレーニング現象が起きる速度は何km?

出典:http://gtavphoto.blog.jp/

ハイドロプレーニング現象は、高速道路で起きやすいことからわかる通り、速度が速いほど起きやすくなっています。
タイヤの空気圧や道路の状態にもよりますが、おおむね80km以上で発生することが多くなっています。
しかし、時速30km/h程度の低速でもハイドロプレーニング現象が起きることがあります。
この点は、この後の項でご説明します。

ハイドロプレーニング現象が起きやすい高速道路

ハイドロプレーニング現象が起きやすい高速道路

出典:https://ja.wikipedia.org/

ハイドロプレーニング現象は、よく高速道路で起きています。
前述しました80km以上の速度がハイドロプレーニング現象が起きやすく、高速道路は一般道路と違って加速、減速をすることが少ないため発生率が上がります。
高速道路では雨が降ると最高速度が80km/hに規制される理由の1つに、ハイドロプレーニング現象の発生を抑えることが含まれています。

高速道路では、前述しました水はけの良いアスファルト舗装化が進んでいますが、過信せずに規制速度を守り、状況に応じては規制速度以下で走行するなど、過信はせずに十分に安全運転に心がけてください。

ハイドロプレーニング現象は低速でも起きる

ハイドロプレーニング現象は低速でも起きる

出典:http://www.kodansha-bc.com/

高速で走っていると起きやすいハイドロプレーニング現象ですが、低速なら起こらないのか、というとそうではありません。
水たまりの深さや、流れる水の速さなどの原因によって、低速でもハイドロプレーニング現象が起こります。
また、タイヤの溝がほとんどない場合も低速で発生してしまいます。

低速では発生しにくいとされていますが、油断は禁物です。

ハイドロプレーニング現象は飛行機でも!

ハイドロプレーニング現象は飛行機でも!

出典:https://latte.la/

ハイドロプレーニング現象は、車だけに起こるものではありません。
実は、飛行機でも起こることがあるのです!
もちろん、飛んでいるときに起こることはありません。
飛行機が滑走路に着陸するときに、路面やタイヤの状態によって起こることがあります。
滑走路は基本的にグルービングという溝が加工され水はけがよくされていますが、全ての滑走路がされているわけではないようです。

ハイドロプレーニング現象の原因をよく理解して事故防止を!

ハイドロプレーニング現象の原因

出典:http://forum.grantorinosport.org/

ハイドロプレーニング現象についてのまとめ記事はいかがでしたでしょうか?

ハイドロプレーニング現象の発生の原理や対策など、おわかり頂けたら幸いです。
雨天時の事故を起こさないためにも、ハイドロプレーニング現象の原因をよく理解し、日常の車の点検、特にタイヤの点検と安全運転に心がけてくださいね!

ハイドロプレーニング現象の発生防止に役立つまとめ記事

その他タイヤに関するまとめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す