初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型日産エクストレイルがマイナーチェンジし発売は2017年6月!価格や新型ローグについて

エクストレイルは中国では既にマイナーチェンジし発売開始。日本でも新型エクストレイルの発売日が2017年6月8日と間近に迫っています。北米仕様新型ローグの情報と一緒に、新型エクストレイルの価格や中古車情報までまとめて紹介いたします。

中国ではマイナーチェンジした日産新型エクストレイルを発表!

日産新型エクストレイル(中国仕様)

新型日産エクストレイル(中国仕様)

2017年4月19日から開催される上海モーターショーで、日産はマイナーチェンジしたエクストレイルを発表しました。
このマイナーチェンジでは外装デザインを一新、内装では新しいDシェイプのステアリングを採用し、5人乗りと7人乗りを設定しました。

中国ではこの新型エクストレイルを4月6日から発売、以降順次世界150カ国で発売していくとのことです。
日本仕様の発売もカウントダウンに入ったと言えるでしょう。

日本仕様の日産新型エクストレイル登場か

4月6日に中国で初公開されたこちらの動画では右ハンドル仕様やモニターの日本語の表示がされており、ナンバープレートの形状を見ても日本仕様車の可能性が高いです。

中国モデルではインテリジェントモビリティと謳っており、ハンドルには"プロパイロット”のスイッチも確認できます。
兄弟車である日産ローグもマイナーチェンジし発売されたことから、日本での発売も間近と言えるでしょう。

プロパイロットとは

プロパイロットとは日産の自動運転技術です。
運転をよりスマートに安全・安心にアシストし、ドライバーがより楽しく、よりストレスのない運転を提供します。
小型で高性能なレーザースキャナーや8つのカメラにより360度の視野を確保し狭い場所でも走行が可能です。

自動運転技術は安全な車間距離を保ち高速道路での運転をサポート。
レーダースキャナーとカメラで周辺の状況を把握し、自動で車線変更を行います。

一般道路での自動運転はまだ実現していませんが、2020年には一般道の自動運転技術を搭載した車の販売を目指しています。

新型エクストレイルは『プロパイロット1.0』が搭載すると予想されています。

日産ローグはエクストレイルの兄弟車

日産 ローグ

日産ローグは日産自動車が北米市場で販売しているクロスオーバーSUVです。
日本のエクストレイルと兄弟車であり、初代ローグではデュアリスや、ルノー・コレオスと同じ"Cプラットフォーム”で、現行の二代目ローグではエクストレイルと同じプラットフォームを採用しています。

初代ローグ(2007年〜)

日産 初代ローグ

2代目ローグ(2013年〜現行)

2007年に登場した初代ローグは日本車らしい、きめ細かいつくりが人気となり、2代目にモデルチェンジした後はさらに先進性も加わり、クロスオーバーSUVとして不動の地位を獲得しました。
そんな日産自動車にとって重要な北米戦略車とも呼べるローグの新型へのモデルチェンジが発表されました。

日産新型ローグはイギリスのサンダーランド工場で生産されることが決定!

2016年10月27日に日産新型ローグがイギリスのサンダーランド工場で生産されることが発表されました。
日産が保有するサンダーランド工場は、1986年から現在に至るまでに900万台に上る車両を生産してきたイギリスでも最大級の自動車工場です。

日産自動車はサンダーランド工場に37億ポンド以上投資して、新型エクストレイル、ローグを生産していく方針です。

日産新型ローグのエクステリアの変更点

日産 新型 ローグ
日産 新型 ローグ
日産 新型 ローグ リアデザイン

外観において一番大きな変更点は「Vモーション」でしょう。
今までのグリルのデザインよりも、太く大きくなっています。
ライトやフォグランプのデザインも、より鋭く、彫りが深くしっかりと印象を受けます。

Vモーションとは

Vモーションとは日産が提案する新しいクルマのスタイルのことを言います。
自動車がハイセンスなスタイル、エモーショナルなデザイン、広々とした空間、快適な乗り心地をドライバーに提供することを目的としています。

『Vmotion2.0(Vモーション2.0)』というコンセプトカーを開発し、そのデザインや設計コンセプトを軸に新型車を開発していきます。

日産新型ローグの内装・性能の変更点

日産 新型 ローグ 内装
日産 新型 ローグ ハイブリッド 内装

初代、そして2代目のローグのインテリア・内装と比べて新型ローグは使いやすさはもちろん、昨今のSUVに必須とも言える上質さを兼ね備えていると言えます。
オプションパッケージも充実し、バリエーションも豊かです。

今回のモデルチェンジにおいて新型ローグにハイブリッドモデルが搭載されることも話題ですが、こちらは日本のエクストレイルではすでに実装済みなので特に驚きはないと言えるでしょう。

日産新型ローグの公式動画

日産新型エクストレイルの価格は?

現行モデルのエクストレイル

日産 エクストレイル 2015年型

当然ではありますが、日産からは新型エクストレイルの日本向けモデルの発表はしていませんので価格は不明ですが、現行モデルのメーカー希望小売価格、223万〜325万円の価格帯は新型になったとしても継承されるのではないかと予測されます。

日産エクストレイルの中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


中古車市場のセオリー通りであれば、新型エクストレイルの発表となれば現行モデルの中古車価格は下がっていくことでしょう。

日産新型エクストレイルの発売日

発売日

新型エクストレイルの発売日は2017年の6月8日となります。
2017年の夏から秋という予想よりも早い登場です。
既に北米や中国ではデリバリーされているため日本での発売が待ち遠しいですね。

日産新型エクストレイルにディーゼルエンジンの追加はない?

現行モデルの日産 エクストレイル ハイブリッド

日産 エクストレイル ハイブリッド 2015年

以前は存在したディーゼルエンジンを搭載したグレードは2015年の12月のマイナーチェンジの際になくなりました。
しかし、マツダのクリーンディーゼルが人気なため、新型エクストレイルで復活するのではないかと噂されていました。
しかし、残念ではありますがクリーンディーゼルの復活の可能性は低いようです。

参考に、以前のモデルで搭載していたM9R型エンジンのエンジンスペックは以下になります。

エンジン種類直列 4気筒 DOHC
排気量1,995 cc
最高出力127(173)/ 3,750
最大トルク360(36.70 ) / 2,000
トランスミッションフロア6 AT
駆動方式4WD
使用燃料軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

マイナーチェンジする日産新型エスクトレイルに期待!

日産 エクストレイル 2015年型

日産 エクストレイル 2015年型

モデルチェンジしたローグの改良点を受け継ぎいだエクストレイルがマイナーチェンジしてまもなく登場します。

エクストレイルのプロトタイプと見られる車両のスクープ画像は度々流出していましたが、今回中国で発表された動画のデザインと同じような特徴となっていました。
現行のエクストレイルのデザインも好評ですが、マイナーチェンジ後の新型エクストレイルではラジエターグリルやヘッドライト、バンパーのデザインが変更されています。

ディーゼル車の追加はありませんが、次世代ハイブリッドシステムなどのエンジンや性能面での変更点もあり、日本での発売が待ち遠しいですね。
これからもMOBYでは新型エクストレイルやローグについての情報をお届けしたいと思いますのでご期待ください!

日産の新型車に関する記事はこちら

SUVの人気車種についてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す