MOBY

新型ベントレー・フライングスパーW12 S発表!4ドアサルーン最強の時速325km/h

ベントレーの4ドアセダン「フライングスパー」に、新たなグレード「フライングスパーW12 S」が追加されました。新型フライングスパーは、最高速度が325km/hにも達し、ベントレーの4ドアで最速のモデルとなります。この記事では、そんな「フライングスパーW12 S」のデザインと性能について紹介しています。

ベントレー新型「フライングスパーW12 S」がデビュー!

フライングスパーの画像です。

出典:http://www.bentleymotors.com/

イギリスの高級車メーカー・ベントレーは、同社の高級セダン「フライングスパー」の新たな最上級モデルとして「フライングスパーW12 S」をラインナップに加えることを発表しました。
「フライングスパーW12 S」は、ベントレーの4ドアモデルとして初めて最高速度320km/hの壁を超えた、ベントレー最速のセダンです。

この記事では、そんな新型フライングスパーのデザインや性能について紹介しています。

ベントレー「フライングスパー」とは?

初代 フライングスパー

初代 フライングスパー

出典:http://goo.gl/

2代目 フライングスパー

出典:http://goo.gl/

フライングスパーは、イギリスの高級車メーカー・ベントレーが製造・販売する4ドアセダンです。
「ベントレー・Sタイプコンチネンタル」の派生モデルとして誕生した初代モデルは、当時最速の4ドアセダンとして名を馳せ、1957年から1966年までの9年間、生産されていました。

2代目となる現行モデルは、同社の2ドアクーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」の4ドア版という形で、2005年に発売されました。
先代と同じく、最速の4ドアセダンとして知られており、エンジンには強力な6.0L W型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高速度は312km/hにも達します。

当初は「ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー」という名前で販売されていましたが、2013年に名前から「コンチネンタル」が外れ、「ベントレー・フライングスパー」として再スタートしました。

■ベントレー・フライングスパー新車価格
・2,415万円(税込)


V8 右ハンドル…
2200.0万円
本日の在庫
1
平均価格
2200.0 万円
本体価格
2200 ~ 2200 万円

ベントレーの現行車種についてはこちら

スポーティーな「フライングスパーW12 S」

エクステリア

フライングスパーの画像です。

出典:http://www.bentleymotors.com/

出典:http://www.bentleymotors.com/

フライングスパーの画像です。

出典:http://www.bentleymotors.com/

フライングスパーの画像です。

出典:http://www.bentleymotors.com/

内装

フライングスパーの画像です。

出典:http://www.bentleymotors.com/

出典:http://www.bentleymotors.com/

「フライングスパーW12 S」のエクステリアデザインは、スポーティーな方向性でまとめられており、ラジエターグリルやリアバンパー等、車体各部の塗装をグロスブラックで統一することで、よりスタイリッシュなデザインとなっています。

ホイールは、標準装備が21インチの7ツインスポークホイールとなっており、オプションには21インチの5スポークスポーツホイールが用意されています。
もちろん、両方ともグロスブラック仕上げです。

インテリアデザインの方向性もエクステリアと同じく、スポーティーにまとまっており、上質な室内空間をスタイリッシュに演出しています。
また、他のグレードではオプションだった装備が「W12 S」では標準装備となっている所も、嬉しいポイントの一つです。

■「フライングスパーW12 S」車体寸法
全長:5,299mm
全幅:1,984mm
全高:1,488mm
ホイールベース:3,066mm
車両重量:2,475kg

最高速度325km/h!「フライングスパーW12 S」のエンジン

6.0L W12 ツインターボエンジン

ツインターボエンジンの画像です。

出典:http://www.bentleymotors.com/

「フライングスパーW12 S」は、6.0L W型12気筒ツインターボエンジンを搭載しており、最高出力は635ps、最大トルクは820Nmを発揮することができます。
その最高速度は325km/hにも達し、0-100km/h加速は4.5秒というタイムを記録しました。

また「W12 S」は改良されたサスペンションにより、快適性を損なうことなく、ハンドリングとボディコントロールの両方を向上させています。
さらにオプションには、ポルシェ等のスポーツカーにも採用されている、カーボンセラミックブレーキが用意されているので、「W12 S」はドライバーズカーとしても、十分な走りを楽しむことができるでしょう。

ツインターボエンジンについてはこちら

ベントレー最速のサルーン「フライングスパーW12 S」

出典:http://www.bentleymotors.com/

ベントレー新型「フライングスパーW12 S」はいかがでしたでしょうか?

本車の日本導入に関しては、一切アナウンスの無い状態ですが、年末には発売が予定されているとのことなので、今後何らかの動きがあるかもしれません。
その時まで、楽しみに待っていましょう。

MOBYでは今後も「フライングスパーW12 S」の最新情報を追っていきます。
どうぞご期待ください!

ベントレーの新型車についての記事はこちら!

人気のセダン・サルーンに関する記事はこちら