MOBY

電気自動車と軽自動車ならどちらがお得?日産リーフを参考に徹底検証!

大気汚染の心配のない、環境に優しい電気自動車。地球に優しいエコな車には間違いありませんが、実際のところ使い心地&料金は軽自動車と比べてどうなのでしょうか?今買うべきはどちらなのか、メリットとデメリットをまとめてみました。

軽自動車と比べると、電気自動車の本体価格はまだまだ高い

電気自動車の維持費

出典:http://www.toyota.co.jp/

電気自動車購入にあたって、まず問題になるのは初期費用の車両の本体価格。
軽自動車と比べると、搭載されている大容量のバッテリーのためにどうしても電気自動車は車両の本体価格が高くなる傾向にあります。

普通にガソリン車を購入し、ガソリンを入れながら走るほうが、結局のところ、まだコスト的には安く収まるはずです。もっと電気自動車の低価格モデルが続々と発売されてくれば、話は別なんでしょうけど……。

出典:http://www.gizmodo.jp/

相場はやはり少し高め?

見た目は軽自動車となんら変わらないのに、電気自動車の本体価格の相場は最低でも200万円以上はかかります。
まだ普及するかどうかも手探り、使い勝手もわからない状態。
電気自動車を選択する消費者の数が伸び悩んでいるのも、無理はありません。

日産リーフの新車が約400万円、中古車でも200万円ぐらい。
軽自動車サイズの三菱i-miveも300万前後でしょう。
もちろん補助金も出ますが、初期費用が高いことは否めません。

出典:http://www.coara.or.jp/

電気自動車は国からの補助金を受けることができたり、各自治体によって購入の際に補助金が適用される場合があります。
自分が住んでいる地域の補助金を調べたい場合は、以下のサイトを
参考にして見てください。

各自治体の補助金情報の検索ができます。

走行距離が短いのでライトユーザー向け

自宅で充簡単に充電できる電気自動車ですが、日産リーフの場合200Vの電源で充電にかかる時間が8時間です。
一回の充電で航続可能な距離は200kmほどになります。
長距離を運転する場合途中で充電をする必要があり、急速充電をしようしても30分かかります。

電気自動車の一充電走行距離は、100km程度です。遠くへのドライブは、ちょっと厳しいですね。充電箇所の少なさや充電時間の長さから、生活圏内での使用がベストですね。

出典:http://www.eurosongspain.com/

電気自動車で、キャンプや山などの遠出の外出は厳しいのが現状のようです。
今後電気自動車が普及するかどうかは、電気を給電する充電スポットの設置が課題と言えそうです。

維持費は軽自動車よりも電気自動車の方が安い!

出典:http://ev.gogo.gs/

維持費の面から考えると、電気自動車はガソリンを全く必要としないので、圧倒的に軽自動車よりも電気自動車の方が安くすみます。
近年のガソリン代の高騰を考えると維持費で節約できる電気自動車の方が、本体価格は高くても長期的に見ればお得かもしれません。

たとえば日産「LEAF」。日産によると、6年間の保有を前提に同クラスのガソリン車と比較した場合、月間走行距離1000㎞なら電気自動車の燃料代は8万6千円(東京電力の夜間電気料金で充電した場合)。ガソリン車の67万円(1邃唐P48円で計算)と比べるとその価格の差は歴然で、なんとガソリン車の13%程度の維持費で済む計算となります。

出典:http://www.ev-car.info/

長く乗り続けることで、グッとお得になるのが電気自動車と言えそうです。

電気自動車のデメリットとメリット、今後の課題

電気自動車のメリットは、自宅で充電することができることや騒音が少ないことなどがあげられそうです。

ガソリン自動車と異なり、燃焼・爆発させないため、走行中とても静かです。
また、エンジン・ルームが不要になりスペース効率を上げられるため、デザインやパッケージの自由度も高く、走行安定性や加速力が向上するなどのメリットもあります。

出典:http://ev-car.info/

デメリットとしては自動車と比べて車両本体の価格が高いことや、走行距離の短さや充電インフラ整備がまだ整っていないことが挙げられそうです。

でも、環境によく、停電時には充電した電力を家庭の電力として使用できる電気自動車はやっぱり魅力的。
まだまだ多くの可能性を秘めていそうです。
使用する用途などをよく考えた上で、購入するのは軽自動車か電気自動車か、じっくり検討してみましょう!