MOBY

知っておきたい自動車の基礎知識!車のエンジンルームの仕組みを解説

エンジンルームって開けることはあんまりありませんよね。ボンネットを開いて棒で支えて、中を覗き込んでと。見ればわかる部分も多いですが、なんだか似たようなものがいっぱいあったりもします。そこで、今回はエンジンルームがどのようになっているかまとめます!

エンジンルームに入っているもの

エンジンとエンジンを維持するために必要なものと車全体で必要なものとが入っています。
真ん中にどかりとエンジンがあって、その周りにいろいろなものが置かれています。

エンジンルームはとても熱くなりますので、可燃性のものはほぼありません。
エンジンに送り込むためのガソリンがあるくらいです。

エンジンを維持するためのもの

基本的なエンジン部品と、エンジンを冷やしたりエンジンを潤滑に動かすための部品です。
ねじで取り付ける機械的な部品と、オイルや水などの消耗品で構成されています。

エンジン

真ん中にどっしりと構えるエンジンと、そのエンジンから太目のパイプがいくつか覗いています。
パイプは2種類あって、排気を車体後方へ導くものはエキゾーストパイプ(マニホールド)と呼ばれています。
エンジン内に燃料を送り込むための太いパイプをインテークマニホールドといいます。

混合気の吸気口と燃料噴射装置

ちょっと見えにくい位置にある事もありますが、エンジンに燃料を霧状にする燃料噴射装置(インジェクター)がついています。

エンジンへ燃料と一緒に空気を取り入れるため、吸気口とごみやチリをエンジンに入れないためのエアフィルターがあります。

一般的な車の場合は、エアフィルタボックスの中にじゃばら状の紙製フィルタがセットされています。
空気の吸入は結構重要で、吸気口が埃で詰まってしまいますと、エンジンが期待したとおりの空気量が入ってこなくなり、性能も燃費も低下してしまいます。

日常的なメンテナンスでは、フィルターはエアコンや空気清浄機の掃除くらいの気持ちで、簡単に手でぽんぽんと埃を払うくらいでも大丈夫です。
掃除をするときは、エアフィルタボックスの中に埃が入らないように注意してくださいね!

エアフィルターは、定期点検がずいぶん前ならば、交換してみる手もあります。

エンジンオイル

エンジンの近くにエンジンオイルを注入するための注入口があります。

エンジンオイルは金属製のエンジンの中の部品へ潤滑剤として流して、金属同士の磨耗を抑えたり、エンジン内で過熱する部品の冷却に使います。
極少量ですが、エンジンの燃焼と共に外に出て行ってしまい、オイル量が減ってしまうことがあります。
そのため、エンジンオイルの量を調べるための棒がついています。

車種によって変わりますが、引き出すと30cm位の長さで、大体は黄色いつまみがついています。

また、その棒に付着したオイルの色や、金属片が含まれる量、粘度などを調べることでオイル交換の時期を知ることも出来ます。

エンジンオイルは、それほど神経質にならなくても。通常の用途ならば2年くらいは十分に持ちます。

人間の血液のようにエンジン内部のすみずみまでゆきわたり、エンジンの動きを円滑にしています。

出典:http://www.mazda.co.jp/

ラジエーター及び冷却水タンク

一般的な水冷エンジンはエンジンを冷却するために水路を作ってあって、水を流すことでエンジン冷却しています。

ラジエーターは、エンジンを冷却した水へ風を当てて温度を下げ、冷ました水をまたエンジンへとポンプから送り込むための部品です。

ほとんどの場合は、車の一番前面の横長の口のような穴が開いたところについています。
車が顔っぽい形になる理由のひとつですね。

信号待ちや渋滞などで、たまにエンジンからブワーンと音が鳴る時がありますが、これはラジエータのすぐ後ろのファンが回っているときです。
走行中でないと、ラジエーターに風が当たらずに冷却できませんので冷却水の温度を見て必要なときにファンが回るようになっています。

水冷で使う水は専用の不凍液を使います。
不凍液原液に近い形で使うか水で薄めて使うかは、お住まいの地域の気温によります。
リザーバータンクがラジエーターの側にありますので、足りなくなったらそこへ補充します。

ラジエータキャップと、リザーバータンクは車の運転直後は絶対に開けてはダメです。
特にラジエータキャップは、見た目にあったかい程度でも、内部では水が沸騰している事もあり、蒸気が噴出して大やけどをしてしまいます。
キャップは十分に冷めてから開けるようにしてくださいね!

ラジエーターを含む水冷装置は、これもまた密閉状態なので、短期間で補充しなければいけなくなる状況というのは、どこかから冷却水が漏れていると考えられます。
早めに検査した方がいいでしょう!

バッテリー

バッテリーはエンジンが燃焼するときの点火装置へ電気を送るために使います。
キーを入れてエンジンをかけるときにもちょっとだけエンジン内を動かしてかかりやすく、また逆転でかからないようにしています。

ラジエーター内のポンプや燃料噴射装置にも使います。
どちらかというと、車の中で電気が必要となったら全部バッテリーから供給されます。
最近の車はコンピュータ制御ですので、電気が無いと動かすのも大変です。

ただ使うばかりだと電気はすぐなくなってしまうので、車のバッテリーは充電池が使われています。
エンジンがかかると充電する仕組みです。
なので、こまめに車を運転していればまず電池切れは起こしませんが、エアコンの使いすぎ等にはご注意ください!

車のバッテリーは、携帯型の小型電池より大きく安定していますが、それほど多くの電気をもっているわけでは無いと思っておいて方がいいと思います!

車全体を維持するためのもの

エンジン関連部品以外にもエンジンルームを使っているものがあります。
どちらかというと、エンジンの近くに部品があるものやあまり触られては困るような重要なものが多いです。

ウィンドウウォッシャー液タンク

窓をワイパーで掃除するときのウォッシャー液です。
タンクがありますので、減ってきたらそこへ足します。

ブレーキフルードタンク

一般的な油圧式ブレーキを採用している車用です。
ブレーキ用のオイルが無くなってしまったら継ぎ足します。

ブレーキのシステムは密閉状態ですので、まず足らなくなることはありません。
継ぎ足さなければいけないような状態や、色がいつもとおかしいなどがあったら異常のサインです。

ブレーキは非常に重要な部品なので、ブレーキがおかしいと思ったときは、修理を頼みましょう!

エンジンルーム内でのトラブル

エンジンルームの中で発生する問題は、ほぼ自己修復はできませんので、助けを呼んで直してもらうことが無難です。
それでもいくつかは目立つ例がありますので、現象だけでも把握しておきましょう。

ボンネットから白い湯気が!

エンジンが過熱(オーバーヒート)して冷却水も沸騰してしまい、ラジエータの冷却では追いつかなくなったときに起こります。

ラジエータの部品(多くはラジエーターキャップ)が壊れて湯気が噴出している状態です。
なので、車を安全なところに止めて、湯気には絶対に近づかずに冷めるまで離れてくださいね!

冷めてもラジエーターが壊れているままなので、直るまでは運転できません。

エンジンからキュルキュルと音がする!

エンジン内で使われているベルトが何らかの原因で傷ついたり、伸びてしまった時に起こります。
音が鳴るくらいなら、とりあえずは乗れますが、なんとなく恥ずかしい。

このベルトは冷却ファンをまわしているものだったり、発電をするものだったりと車によっていろいろな機能がありますので、変な音がしたら修理に出しましょう!
もし、ベルトが切れてしまったら大変です!

ほかにもいろいろあります

バッテリーが切れてしまった、ブレーキがおかしいなどとエンジンルーム内ではいろいろな問題が発生することがありますが、まず落ち着いて安全なところに車を止めましょう。

それから、修理の依頼を出しましょう。
日頃から定期検査などで整備をしていればまず起こらないことですけれども、それでも絶対に起こらないこととは言い切れません。

もしおかしいと思ったら整備や検査に出すことをお勧めします!

電気自動車のエンジンルーム

各社様々過ぎて全部は難しいので簡単にまとめます。

エンジンルームにエンジンが要りませんので、エンジン関連の部品パーツは全てありません。
その代わりにバッテリーをたくさん置いていたりしています。

ハイブリッド車の場合はエンジンもありますので、充電池は車体の下に薄くしたものを置いていたりしています。

エンジンルームはすし詰め状態

いかがでしたでしょうか。

あんまり露出させておきたくないような重要なものがあれこれとたくさん入っています。
肝心のエンジンが真ん中を占めているので、エンジンルームはぎゅうぎゅう詰め状態です。

上の動画の車は、エンジンルームは空っぽに見えますが・・・いざ後ろに回ってみると、やっぱりぴっちりすし詰めです!

エンジンルームは、エンジンに近いところにあるため、運転後はとっても熱くなります。
触れるくらいに冷めるまでは絶対にボンネットを開けないようにしましょう!

でも、できることは自分でやってみるというのも楽しいですね!
まずはウォッシャー液とエンジンオイル、エアフィルターから様子を見てみてはいかがでしょうか。

特にエンジンオイルは車の調子を知るにはちょうどいい対象と思います!
ごみが入らないよう注意しつつ、怪我しないように軍手をして作業してくださいね!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す