トヨタ新型軽自動車ピクシスジョイ発売!燃費とダイハツキャストとの違いも比較!

2016年8月31日に、トヨタ自動車から新型軽自動車「ピクシス ジョイ」の発売が発表されました!ピクシス ジョイはダイハツとの共同開発で製造はダイハツ・キャストのOEM車ですが、一体どこが違うのでしょうか?燃費やエンジンやトランスミッションなどの基本スペックなどをまとめてご紹介します!

トヨタの新型軽自動車「ピクシス ジョイ」とは、どんな車?

↓左から順に、ピクシス ジョイC、ピクシス ジョイF、ピクシス ジョイS

新型トヨタ・ピクセス ジョイ

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

2016年8月31日、トヨタ自動車は新型となる軽自動車「ピクシス ジョイ」の発売を開始しました!
ピクシス ジョイはトヨタとダイハツの共同開発で、生産はダイハツからのOEM供給となる新型軽自動車です。
トヨタ・ピクシス ジョイは次の個性の異なる3つのタイプがラインナップされています。

ダイハツ・キャストについてのまとめ記事はこちら

トヨタの軽自動車ピクシスシリーズに関するまとめはこちら

トヨタ・ピクシス ジョイC

ピクシス ジョイCは、クロスオーバーSUVタイプとなります。
フロントとリアに樹脂のガーニッシュを採用し、クロスオーバーSUVの雰囲気のある外装デザインとなっていますが、最低地上高は他の2モデルより30mm高い、180mmとなり、15インチの大径タイヤを採用し雪道や山道などの悪路走破性を実際に高めています。

トヨタ・ピクシス ジョイF

ピクシス ジョイFはラグジュアリーモデルとなり、豪華な雰囲気に外装デザインをまとめています。
フロントとリアのバンパーモールやサイドロッカーモールなどにメッキ装飾をするなど高級感を演出しています。
また、内装もラグジュアリーな雰囲気となっており、スエード調フルファブリックのシートを採用するなど、上質な乗り心地を感じれるようになっています。

トヨタ・ピクシス ジョイS

ピクシス ジョイSは、スポーティーなモデルとなります。 
フロントとリアのバンパーには専用エアロパーツを標準装備、外装内装ともに随所に赤色のアクセントを施してスポーティーなイメージを与えています。
2WD車にはスポーティサスペンション、MOMO製の革巻きステアリングにパドルシフト付き7速マニュアルモードを採用するなど、走りはよりスポーティなものとなっています。

新型トヨタ・ピクシス ジョイは15色のボディカラーバリエーション!

↓ピクシス ジョイC

新型トヨタ・ピクセス ジョイC

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

トヨタ自動車のプレスによりますと、ピクシス ジョイは、「お客様の生活に喜び・楽しさを提供していきたい、という想い」から命名されたそうです。
そのコンセプトは、3つの車両タイプに加えて、なんと15色もの多彩なボディカラーがラインナップされています!(ピクシス ジョイCとF。Sは11色)
また、内装も、ホワイト・ブラック・ネイビー・オレンジ・ブルー・レッド・シルバー・バーガンディー・ピンク・ライトブラウンなどと多彩なラインナップとなっています。(車両タイプやオプションにより選定)

新型トヨタ・ピクシス ジョイは安全性能も充実!

衝突回避支援システム「スマート・アシストⅡ」を新型トヨタ・ピクシスジョイは採用しています。
いわゆる「ブレーキアシスト」のことですが、比較的広くとられた車速域で、先行車との衝突の危険性が高まったときに緊急ブレーキを作動させるシステムで安全性も十分です!

トヨタ・ピクシス ジョイ のエンジン・トランスミッションなどのスペック

↓ピクシス ジョイS

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

エンジンは次の2種がラインナップされています。

◆660cc DOHC12バルブ 3気筒エンジン
 最高出力:38kW(52ps)/6,800rpm
 最大トルク:60N・m(6.1kg・m)/5,200rpm

◆660cc DOHC12バルブ インタークーラー付きターボ 3気筒エンジン
 最高出力:47kW(64ps)/6,400rpm
 最大トルク:92N・m(9.4kg・m)/5,200rpm

■トランスミッション
 ・CVT
 ・7速マニュアルモード・パドルシフト付きCVT(ピクシス ジョイS)

■駆動方式
 ・2WD
 ・4WD

新型トヨタ・ピクシス ジョイの燃費は?

↓ピクシス ジョイF

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

トヨタ・ピクシス ジョイの燃費は次のようになっています。

◆660cc DOHC12バルブ 3気筒エンジン
 2WD:30.0km/L
 4WD:26.8km/L

◆660cc DOHC12バルブ インタークーラー付きターボ 3気筒エンジン
 2WD:27.0km/L
 4WD:25.0km/L

新型トヨタ・ピクシス ジョイはエコカー減税対象車です!

維持費の安い軽自動車に良好な燃費、新型でもちろんエコカー減税対象車で経済的にとても有利な車です。

OEMとは?ダイハツ・キャストとトヨタ・ピクシス ジョイの違いは?

OEMとは、他社ブランドの製品を製造することで自動車に限らず家電など、さまざまな工業製品の製造・販売形態に使われる言葉です。
自動車業界では、他社の車を自社のブランドに部分的にカスタマイズして販売することとなりますが、最近では、2つの異なる自動車メーカーが共同で開発し、製造を一方のメーカーで行い、それぞれのメーカー・ブランドに内外装などを変更して販売することがでてきています。
トヨタ 86とスバル BRZは、これに該当します。
トヨタ・ピクシスジョイは、冒頭で申し上げましたが、ダイハツとの共同開発で、製造はすべてダイハツ九州の大分(中津)工場で行われています。

トヨタ・ピクシス ジョイとダイハツ・キャストの違いは、外装と内装の違いのみで、エンジン、トランスミッションなどのパワートレインは同じとなっています。
従って、エンジン出力などのスペックは同じで、燃費も同じとなります。
また、衝突回避システムも両車に採用されています。

車両価格もほぼ同じ設定となっていますが、ボディカラーはトヨタの方が数色多い設定となっています。

ダイハツ・キャストにも、トヨタ・ピクシス ジョイと同じように3つの異なる個性をもつバリエーションがラインナップされています。
それぞれを写真を見ながら比較してみましょう。

トヨタ ピクシス ジョイC ・ダイハツ キャスト アクティバ

↓トヨタ ピクシス ジョイC

新型トヨタ・ピクシス ジョイ C ブルー

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

↓ダイハツ・キャスト アクティバ

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

トヨタ ピクシス ジョイF・ダイハツ キャスト スタイル

↓トヨタ ピクシス ジョイF

新型トヨタ・ピクシス ジョイ F

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

↓ダイハツ・キャスト スタイル

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

トヨタ ピクシスS・ダイハツ キャスト スポーツ

↓トヨタ・ピクシスS

新型トヨタ・ピクシス ジョイS

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

↓ダイハツ・キャスト スポーツ

ダイハツ・キャスト スポーツ

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

新型 トヨタ・ピクシス ジョイの車両価格は?

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

新型 トヨタ・ピクシス ジョイの車両価格は次のようになっています。(価格は千円単位を四捨五入)

・ピクシス ジョイC・Fのターボ車
 2WD:152万円
 4WD:165万円

・ピクシス ジョイC・FのNA車(ターボなし)
 2WD:122万〜141万円
 4WD:134万〜154万円
 
・ピクシス ジョイS
 2WD:162万円
 4WD:174万円

トヨタの新型軽自動車「ピクシス ジョイ」3タイプ、選ぶならどれ?

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

トヨタからの新型ピクシス ジョイのまとめ記事はいかがでしたでしょうか。

3つの異なるコンセプトの車両タイプ、どれがお好みでしたか?
豊富なボディカラーもあり、どれがいいのか悩ましいラインナップでした。
スペックも安全装備も十分で、かなり魅力のある車だったかと思います。

軽自動車のラインナップは非常に充実していますが、今回のピクシスジョイの登場によって、さらに選ぶ幅が広がりましたね。

その他の人気軽自動車が気になるかたはこちら

トヨタ・ダイハツの新型車情報