初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型ベンツEクラスクーペが発売開始!燃費や価格やスペックから内装まで最新情報

メルセデス・ベンツのEセグメントの乗用車「メルセデス・ベンツ・Eクラス」。そのクーペモデルである「Eクラスクーペ」がフルモデルチェンジしました!この記事では、そんな新型Eクラスクーペのスペックや価格から内装や外装などの最新情報について紹介しています。

メルセデス・ベンツEクラス新型クーペが発売!

メルセデス・ベンツEクラス クーペ E300
メルセデス・ベンツEクラス クーペ

2017年5月31日に新型Eクラスクーペがついに発売されました。
従来のモデルに比べて一体どのような部分が改良されているのでしょうか。
この記事では新型Eクラスクーペの最新情報をまとめていきます。

まずヘッドライトとリアコンビネーションランプの点灯方法が改良されました。新型ベンツEクラス クーペを施錠する際には、ライトが内から外方向へ向けて点灯、対して解錠時には外側から内へと点灯する仕様になっているそうです。


機能面においては、ステアリング操作をサポートするドライブパイロット機能と車庫入れ操作をサポートする「リモートパイロット機能」が導入されるとのことです。

新型Eクラスに関連する記事!

メルセデス・ベンツEクラスクーペとは?

従来モデル C250型 Eクラスクーペ

ベンツの主力を担う、Eセグメントの乗用車「メルセデス・ベンツ・Eクラス」。そのクーペモデルとして、14年ぶりに復活したのが現行のEクラスクーペです。
2009年に発売された現行のEクラスクーペは、同社が2008年まで生産していた「CLKクラス」の後継車種に位置付けられています。

現行モデルは「Eクラス」の名が冠されてはいますが、プラットフォーム自体は3代目Cクラスをベースとしており、燃料タンクの容量やホイールベースの長さも、3代目Cクラスと同じです。

パワートレインに関しては、最高出力330ps、最大トルク49.0kgmを発揮する3.5LのV型8気筒ツインターボーチャージャー付きエンジンと、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発揮する2.0Lの直列4気筒ターボーチャージャー付きエンジンの2種類が用意されており、グレードもそれに合わせて、E250クーペとE400クーペの2種類のみとなっています。

また、全グレードの標準装備として、対向車に反応して自動的にハイビームを制御してくれる「アダプティブハイビームアシスト」、走行状況や天候に合わせてヘッドライトの照射範囲を自動調整してくれる「インテリジェントライトシステム」、様々な機能を直観的に操作できる「COMMANDシステム」が搭載されています。

メルセデス・ベンツEクラス新型クーペの車体寸法

E200クーペE200クーペスポーツ
全長4,8304,855
全幅1,8601,860
全高1,4301,430
ホイールベース2,8752,875
車両重量1,7301,730
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
E300クーペスポーツE400 4MATIC クーペスポーツ
全長4,8554,855
全幅1,8601,860
全高1,4301,430
ホイールベース2,8752,875
車両重量1,7601,940
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

メルセデス・ベンツEクラス新型クーペの燃費

メルセデス・ベンツEクラス クーペ E200

メルセデス・ベンツEクラス クーペ E200
E200クーペE200クーペスポーツ
JC08モード燃費13.913.9
実燃費--
[単位]km/L
E300クーペスポーツE400 4MATIC クーペスポーツ
JC08モード燃費14.010.7
実燃費--
[単位]km/L

メルセデス・ベンツEクラス新型クーペの価格

メルセデス・ベンツEクラス クーペ E400

メルセデス・ベンツEクラス クーペ E400

メルセデス・ベンツEクラス
E200クーペ682万円
E200クーペスポーツ750万円
E300クーペスポーツ835万円
E400 4MATIC クーペスポーツ1,037万円
[単位]円(消費税込み)


中古車情報
システムメンテナンス中


メルセデス・ベンツEクラス新型クーペ発表前のテスト走行動画

ニュルブルクリンクでのテスト走行

動画は、ドイツのニュルブルクリンクサーキットの北コースにおいて、テスト走行を行っている新型Eクラスクーペを捉えた物です。
※車両は欧州仕様車

新型Eクラス クーペがスペック(性能)は?

新型Eクラスクーペは、2016年7月26日に発売されたばかりの5代目「Eクラス」をベースに、開発が進められてきました。
プラットフォームも一新され、新型Eクラスクーペでは、アルミニウム素材を多用した、高剛性で軽量のFR(前輪駆動)用モジュラーアーキテクチャ「MRA」を採用しています。
MRAは同社のフラッグシップモデルである「Sクラス」にも採用されており、新型Eクラスの外観も、最終的にSクラスに似たスタイリングになっているようです。

また、ヘッドライトには現行Eクラスセダンと同様の、84個のLEDで構成される「マルチビームLEDヘッドライト」を採用しており、室内にはデュアルデジタルディスプレーも設置されます。
プラグインハイブリッド仕様の発売も予想されていましたが、登場はしませんでした。

メルセデス・ベンツEクラス新型クーペのパワートレイン

・E200クーペ / クーペスポーツ
2.0L 直列4気筒ターボチャージャー付きエンジン
最高出力:135kW(184PS)
最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)

・E300クーペスポーツ
2.0L 直列4気筒ターボチャージャー付きエンジン
最高出力:180kW(245PS)
最大トルク:370N・m(37.7kgf・m)

・E400 4MATIC クーペスポーツ
3.0L V型6気筒ツインターボチャージャー付きエンジン
最高出力:245kW(333PS)
最大トルク: 480N・m(48.9kgf・m)

メルセデス・ベンツEクラス新型クーペの内装

メルセデス・ベンツEクラス クーペ E200
メルセデス・ベンツEクラス クーペ
メルセデス・ベンツEクラス クーペ

先代モデルに比べてボディサイズが大型化したことで、室内空間と快適性が向上しています。
クーペならではのセパレートタイプのシート 4 席は、運転席もその他の席も長距離ドライブの際の快適性に優れており、スポーティラグジュアリークーペならではの上質感を演出しています。

内装デザインは、スポーティな感情と贅沢な知性が融合しています。
新型 E クラスクーペの室内には2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを設定しています。
この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイは、空中に浮かんでいるように見え、インテリアデザインの水平方向の流れを強調する中心要素となっています。

インストゥルメントクラスターとなるこのコックピットディスプレイは、ドライバーの視野に直接入るべきさまざまな情報を表示する大型ディスプレイと、センターコンソール上方にセンターディスプレイを備えています。

メルセデス・ベンツEクラス新型クーペのインテリジェントドライブ

メルセデスベンツ Eクラス

メルセデス・ベンツEクラス新型クーペには最先端のテクノロジーが結集しています。

■ディスタンスパイロット・ディストロニック&ステアリングパイロット
先行している車との車間距離だけではなく、周囲の車両や車線、ガードレールなどを常に監視して従来よりもステアリングアシストが作動するようになりました。
車線が不明瞭な際は先行者を追従したり、高速道路上で自動停止をした場合は30秒以内であれば、ドライバーがアクセルを踏まなくても自動で再発進が可能となっています。

■アクティブレーンチェンジングアシスト
高速道路上でドライバーがウィンカーを点滅させた場合に、行き先の車線の状況を確認し、車両がなければ自動で車線を変更します。

■アクティブエマージェンシーストップアシスト
走行中にトラブルがあり、ドライバーが気を失った場合などには、車線を維持しながら緩やかに減速し、停止する機能です。

■トラフィックサインアシスト
カメラが制限速度などの標識を読み取り認識します。
その情報をディスプレイに表示し、制限速度を超えた際には警告音を出してドライバーに注意を促す機能です。

■アクティブブラインドスポットアシスト
車両の斜め後ろなどミラーで見えない四角エリアに車両や自転車がいた場合警告します。
側面衝突の危険があるときにはブレーキが自動制御され衝突を回避します。

他にも渋滞時に起こる衝突を回避する「渋滞時緊急ブレーキ機能」や歩行者との衝突を避ける「緊急回避補助システム。
障害物が目の前にあった際に速度制限をかける「ドライブアウェイアシスト」や後方車に衝突の危険を伝える「リア CPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)」などさまざまな最新技術が搭載されています。

正統進化したメルセデス・ベンツEクラス新型クーペ!

メルセデス・ベンツEクラス クーペ

メルセデス・ベンツ新型Eクラスクーペの最新情報はいかがでしたでしょうか?
新型Eクラスセダンのデザインを踏襲しつつ、最新仕様のイルミネーションやクーペらしいスタイリッシュなデザインが目立ちます。

MOBYでは今後も新型Eクラスクーペの最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください。

メルセデス・ベンツに関連する記事!

クーペ・スポーツカーに関連する記事

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK