MOBY

地球に優しい車の税金って結局いくら?プリウスの自動車税についてまとめてみた

自動車の税金って、いくつか種類があったり、エコカーだったら減税制度が適用されたりと 複雑だったりしますよね? 今回は地球に優しい車と聞いてすぐに思い浮かぶプリウスを例に、 どのような税金がかかってくるのか、いくらくらいになるのかをシミュレーションしてみました!
基本的な考え方はプリウス以外にもあてはまるので、これを見ると自動車税の基本的な知識はバッチリです!

そもそも自動車税ってどんな種類があるの?

自動車にかかる税金、何種類あるか知っていますか?
自動車にかかる税金には大きく分けて3つあります。

1)自動車取得税
 自動車を取得した場合に、1回だけかかる税金で、
 営業車等を除いて通常は取得価格の5%が課せられます。
2)自動車重量税
 自動車の重量に応じて課せられる税金で、購入時と車検時にかかります。
3)自動車税
 自動車をもっていれば毎年課せられる税金です。
 排気量に応じて算出されます。
 現行プリウスのエンジン排気量は1800ccなので39,500円となります。

プリウスと自動車税に関する最新情報はこちら

適用される減税制度ってあるの?

プリウスにはエコカー減税と
グリーン税制特例が適用されます!

エコカー減税
 →1),2)を対象とした減税制度で
  プリウスはなんとどちらも減税率100%なので納付金は0円です。

グリーン税制特例
 →3)を対象とした減税制度で、
  排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、
  性能に応じて減税されます。
  ただし、適用されるのは登録翌年度のみです!

実際いくら納付すればいいか知りたい!

だけど、プリウスといっても、いろんなシリーズがありますよね。
プリウスの中でも細かく変わってくるの?
それともそんなに変わらない?
次は、実際のプリウスを例に
種類別にいくらかかるのか見ていきたいと思います。

Prius

自動車取得税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車重量税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車税:10,000円 :39500円((通常) -29500円(グリーン税減税:75%適用)
     ※登録翌年度のみ
     39,500円:2年目以降

Prius α

自動車取得税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車重量税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車税:10,000円 :39500円((通常) -29500円(グリーン税減税:75%適用)
     ※登録翌年度のみ
     39,500円:2年目以降

Prius PHV

自動車取得税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車重量税:0円 (エコカー減税:100%)
自動車税:10,000円 :39500円((通常) -29500円(グリーン税減税:75%適用)
     ※登録翌年度のみ
     39,500円:2年目以降

※自動車グリーン税制に伴うご購入翌年度の自動車税の軽減措置は、平成28年3月31日までの新規登録車が対象

プリウスの自動車税目安

まとめると、
プリウスの自動車税は
翌年度:10000円
2年目以降:39500円
を目安として考えてもらえればいいと思います。

詳しくはTOYOTAのエコカーページでもご確認くださいね!

地球に優しい車を選びやすい時代に

自動車に関係する税制度は自治体によっても違ったり、新たに追加されたりと、どんどん変わっていっています。
でもひとつだけ確かなのは、これからは地球に優しい車に対してより減税などの優遇措置がなされていくということです。

自動車税の仕組みを知ることをきっかけに、地球のことも考えられるといいですね。

おすすめの関連記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す