MOBY

ホンダが世界に躍進するきっかけとなったシビックCVCCとは?

いまや日本が世界に誇る自動車メーカーとなったホンダ。しかし、1970年代、その名はまだ一介のバイクメーカーにすぎませんでした。1973年、ホンダは一台のコンパクトカーを発表しました。「シビック CVCC」。このシビックCVCCは世界の名だたる自動車メーカーが目標の達成が不可能とまで言われた「マスキー法」を見事にクリアし、トヨタや日産、果てはアメリカのビック3をも置き去りにし、ホンダが世界の4輪車市場で、トップ争いを演じられるまでにのし上がることのできた名車中の名車です!

世界を驚かせたシビック CVCC

今やホンダの看板車種であるシビックがデビューしたのは、1972の7月です。

「CIVIC=市民の、都市の」を意味する車名のこのクルマは、マン・マキシマム(居住空間の充分な確保)、 ユーティリティー・ミニマム(最も効率の良いサイズ・性能、経済性)の思想を盛り込み、当時の日本では珍しい"2ボックススタイル・台形ボディ"と 前輪駆動(F・F)を採用し、シビック独自のスタイルを生み出す要素となった。

出典:http://www.jahfa.jp/

この時点ではまだ、のちに世界規模で有名になるCVCCエンジンは積まれておらず、60PSのSOHC 1.2Lエンジンと、69PSのGLエンジンのみからのグレードで販売がスタートしました。

ホンダの4輪車市場でのあゆみ

1963年、バイクメーカーとして鳴らしたホンダは、スポーツトラックと言われた「T360」を皮切りに、4輪車の製造を開始し、翌年にはメキシコGPにてF1の優勝も果たしました。

その後、「S600」、「S800」と、いまでは語り継がれる名車の数々を生み出し、順風満帆に思えました。

しかし、70年代に入ると、最大のヒットを飛ばした「N360」に不具合が見つかり、満を持して送り出したはずのセダン「1300」の市場での評判が悪く、ホンダの4輪車開発はかつてない苦境に立たされることになりました。

マスキー法の制定

60年代の後半から、車の排ガスによる大気汚染が深刻な社会問題となっていました。
それは日本のみならず、自動車産業の大きな市場であるアメリカでも、排ガスの規制を求む世論の声が高まっていました。

そんな中1970年12月、米議会で1つの法律が制定されました。大気浄化法(マスキー法)です。

このマスキー法は大気汚染の原因物質である一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)、窒素酸化物(NOx)を75年から段階的に10分の1以下に引き下げないと、自動車の販売を認めないという厳しいものでした。

世界中の自動車メーカーはマスキー法が定める規制内容をクリアするのは不可能だと主張しました。
米自動車3大大手(ビック3)の猛烈なロビー活動もあって、マスキー法による規制はたびたび延期されました。

背水の陣で臨んだCVCC開発

創始者 本田宗一郎の檄(げき)

マスキー法が制定される4ヶ月前の1970年8月、ホンダの創始者である本田宗一郎は集った技術者らを前にこう檄を飛ばしました。

「4輪の最後発メーカーであるHondaにとって、他社と技術的に同一ラインに立つ絶好のチャンスである」

出典:http://www.honda.co.jp/

ピンチをチャンスに変えよという宗一郎の号令のもと、排ガス規制に適したエンジンの開発がスタートしました。

ホンダが反転攻勢に躍り出るには、「マスキー法」をクリアする新型エンジンの開発が絶対の条件でした。

従来型エンジンの問題点

車のエンジンというのは燃料と空気の混合気を燃焼室へ送り、その燃焼によってピストンを発動させる仕組みです。

燃料が完全燃焼する混合気比率は、燃料1に対して空気が約15です。

燃料が濃い場合はパワーを発揮する代わり、不完全燃焼を起して有害物質を発生させ、逆に燃料が薄ければ、有害物質の発生は少ないが、着火がしにくく、発動が悪くなるというジレンマを抱えていました。

エコなエンジンを目指すには、いかに薄い燃料でしっかりと起動するエンジンを開発するかがカギでした。

主流だったマスキー法対策は…

ホンダ以外の各自動車メーカーも、「マスキー法」対策としてさまざまな研究と開発に躍起になっていました。

その多くが従来型のエンジンに、コンバータ(触媒)やサーマルリアクターなどの排ガス浄化装置を付随し、有害物質を後処理するものでした。

しかし、どのメーカーもこの時点での技術力では、コンバータなどで「マスキー法」をクリアするのは困難な状況でした。

ホンダが出した答え 副燃焼室の設置

ホンダは当時ガソリン車にはなかった副燃焼室をエンジンに設け、ここでまず燃料と空気の混合気を着火させます。

そして主燃焼室で点火しにくい混合気を、副燃焼室から発せられた強い炎によって燃焼させるという画期的なエンジンを開発しました。

これによりホンダは、有害物質の発生率を大幅に軽減させ、世界に先駆け、「マスキー法」をクリアした自動車メーカーとなりました。

世界ではじめて「マスキー法」をクリアしたシビック CVCC

シビックがこの世に生を受けて約1年半後の1973年12月、ついにCVCCを積んだシビックが販売されました。

1974年から4年連続して米国EPAでの燃費一位を記録するなど 低燃費とともに低公害車の評価を受け、日本をはじめ米国市場においてもシビックは高い人気を得て、その名の通り世界のベーシックカーに成長したのである。

出典:http://www.jahfa.jp/

かくしてホンダは、シビック CVCCで日本だけでなく、世界でも通用する自動車メーカーへと大躍進しました!

シビック CVCCの成功は、日本車の輸出量を急拡大させ、1980年代には日本車の生産台数が世界一になりました。

シビック CVCCがもたらしたものは、デカくてゴツゴツしたいわゆるアメ車の時代に終焉を告げるだけでなく、今日までの燃費や環境性能に優れた車作りの礎を作ったと言えます。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す