初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

エンツォフェラーリの奥山清行氏が新型車「kode57」を衝撃発表!さすがのデザイン!

エンツォ・フェラーリのデザインを手がけたことで知られる奥山清行氏が新型のスーパーカーを発表しました。公開された「Kode57」はフェラーリ599をベースに製作されています。Kode57の最新情報に迫ります。

エンツォ・フェラーリのデザイナー 奥山清行氏

創業55周年を記念して誕生

エンツォ・フェラーリ

奥山清行氏はフェラーリの誕生55周年を記念して製作されたスーパーカー「エンツォ・フェラーリ」のデザインを手がけたことで知られています。

エンツォ・フェラーリは合計399台しか生産されていない希少車で、現在は1億円を超える額で取引されることも少なくありません。

そして2016年8月19日、その奥山清行氏が新たなスーパーカーを公開したことが話題になっています。

奥山清行氏についてはこちら

フェラーリに関するおすすめ情報はこちら

奥山清行氏が新たなスーパーカー「Kode57」を発表!

フェラーリ 599をベースに製作

kode 57

エンツォ・フェラーリのデザインを手がけたことで知られる奥山清行氏が、新たなスーパーカー「Kode57」を公開しました。

この新型スーパーカーは、フェラーリ599をベースにドイツのチューニングブランド「ノビテックロッソ」とのコラボレーションによって開発されました。

「Kode57」の名称は、フェラーリ250テスタロッサやジャガーXKSSなど数多くの名車が誕生し、モータースポーツが世界的に大きな盛り上がりを見せた「1957年」が由来となっています。

【最新情報】新型車「Kode 0-zero-」が発表!「Kode57」も展示!


2017年8月18日よりカリフォルニアモントレーで開催されるイベント 「The Quail, Motorsports Gathering」においてワンオフの新型車「Kode 0-zero-(コード0)」が発表されることが明らかになりました。

また翌日の8月19日には同じくカリフォルニアモントレーで開催される「Concorso Italiano」にて「Kode57」も展示されるとのことです。

まだ詳細が明らかになっていないスーパーカー「Kode 0-zero-(コード0)」公式発表に期待ですね!

新型「Kode 0-zero-(コード0)」についてはこちら

Kode57の外装(エクステリア)デザイン

kode 57

低い車高、ロングノーズ・ショートデッキスタイル、小さなフロントウィンドウが特徴的です。

曲線的な外装は、デザイン性だけでなく、空力を意識して製作されています。フロント左右のインテークやリアの大型ディフューザーは内部空気流を増やし、全面投影面積を減らす役割を果たします。

両サイドのドアの開き方は、エンツォ・フェラーリを彷彿とさせます。

Kode57の内装(インテリア)デザイン

kode 57

奇抜で派手なデザインの外装に比べると、シンプルな内装です。スピードメーターやタコメーターなどの計器類は、運転席前ではなくダッシュボード中央に配置されています。

フェラーリのステアリングは、ステアリングに付いているボタンでほとんどの操作を行える事が特徴ですが、画像を見た限りではKode57のステアリングはボタンのない3本スポークとなっており、非常にシンプルです。

内装は運転席側と助手席を独立したイメージで作られています。レザーとスエードを惜しみなく使用し、ハンドメイドで仕上げられます。

スポーティな雰囲気ながら、パワーシート等の快適装備も充実しているようです。

Kode57の動画も公開!

Kode57の性能は?

600馬力を発生するV型12気筒エンジン搭載

Kode57はフェラーリ599をベースに製作され、6.0L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力は611馬力を発生します。

顧客の好に応じて足回りやエンジンスペックをセッティングすることができ、ノヴィテックチューンのエンジンを選択すれば最高出力は692馬力に上昇します。

軽量なカーボンボディを採用し、車重は1692kgとなります。またトランスミッションは6速ATが搭載されています。リフトアップ機能によってフロントの車高を45mm上昇させることができ、街中での走行にも対応しています。

タイヤはピレリ製「P-Zero」を採用、タイヤサイズはフロント295/25ZR21、リア335/25ZR22の大径タイヤを装着します。

V型12気筒エンジンについてはこちら

Kode57の価格は?

Kode57の車両価格はおよそ2億5000万円になると言われています。

フェラーリ599をベースにデザイン、チューニングされているということもあり、非常に高額な価格設定となっています。

他の高い車についてはこちら

Kode57は世界最高峰のデザインと性能!

奥山清行氏が初公開したスーパーカー「Kode57」
世界的なデザイナーが手掛けたといことでそのデザインが話題になっていますが、性能や価格においてもフェラーリやランボルギーニなどの超高級スポーツカーに劣っていません。

どれほど生産され、どんな人物が購入するのか楽しみですね!

スーパーカーに関するおすすめ情報はこちら

フェラーリの驚きの落札価格についてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK