MOBY

フォルクスワーゲン新型コンパクトSUV「T-クロス」最新情報|発売日は2018年!

2016年3月のジュネーブモーターで発表されたフォルクスワーゲンの「T-クロス・ブリーズ」を覚えていますか?その市販モデルとなる「T-クロス」が現在開発中のようです。2018年の登場と伝えられていますが、「T-クロス」はどのような車になるのでしょうか?

フォルクスワーゲン 「T-クロス」とは

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV

2016年3月のジュネーブモーターショーで初披露されたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「T-クロス」。
どうやら2018年の発売を目指して開発がすすめられているようです。今回は、公道テスト中の様子を捉えたスクープ画像と共に「T-クロス」の詳細に迫りたいと思います。

コンセプトカーではオープンだったT-クロス

T-クロス ブリーズ

出典:http://www.carscoops.com/

ジュネーブモーターショーで華々しく披露された「T-クロス」は元々はソフトトップを持つオープンカーとして公開されていました。(コンセプト名:T-クロス・ブリーズ)

「T-クロス・ブリーズ」はSUVオープンというかなりニッチなカテゴリーでしたが、今回発表された市販モデルは現実的なハードトップモデルに置き換えられました。

フォルクスワーゲン T-クロスのスパイショット

全体的なフォルムは今どきのコンパクトクロスオーバーといった感じでしょうか。最低地上高も適度な高さで乗降性が良さそうです。厳重なカモフラージュにより詳細は不明ですが、エクステリアのデザインはコンセプトモデルから大きく変更があるのかも知れませんね。

テスト車両のボディサイズは公開されていませんが、コンセプトモデルでは下記のようになっていました。

【ボディサイズ】
全長:4,133mm
全幅:1,798mm
全高:1,563mm
ホイールベース:2,565mm

出典:http://car-moby.jp/

思えばフォルクスワーゲンにはT-クロスにサイズもコンセプトも近い「クロスポロ」がありますね。実はプラットフォームも共通のものを使っています。

もしかするとT-クロスの発売のタイミングでクロスポロは販売を終了し、後継車種という位置づけになるのかもしれません。

参考画像:クロスポロ

搭載されるエンジンは?

搭載されるパワーユニットはT-クロス・ブリーズから引き継がれるようです。

エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ
最高出力 :110ps
最大トルク:17.8kgm
総排気量:約1000cc

出典:http://car-moby.jp/

これに7速DCTが組み合わされるものと思われます。オンロード向けのモデルですが、SUVをうたっていることもあり、四駆グレードの設定もほぼ確実とされます。

さらに、エンジンのバリエーションも一種類ではなく、4気筒ターボもエンジンなど、エントリーグレードからハイエンドグレードまで充実したラインナップになるのではないかと思われます。

T-クロスのライバル車種は?

ご存知の通りライバルが非常に多いコンパクトSUVのジャンル。今回は予されるライバル候補をご紹介します。

日産ジューク

しかし、ジュークは車体後方が絞り込まれたデザインであるため、居住性や積載性ではライバルにやや劣ります。それでも個性的なスタイルや200万円を切る価格帯が高く評価されています。

MINIクロスオーバー

MINIクロスオーバーは輸入車の中でもミニマムなSUVでT-クロスとはサイズもドンピシャです。しかし、現行モデルは2016年内に販売が終了し次期型モデルではサイズが拡大することが決まっているので、T-クロスの実質的なライバルではないかもしれません。

アウディQ2

アウディはフォルクスワーゲン・グループの一ブランドですが、アウディ・Q2もポロ同じプラットフォームを採用していることから、車格的にもかなり近い車となります。

装備や高性能モデル、ラグジュアリーな要素はこちらのQ2が担う可能性もあります。

フォルクスワーゲン T-クロスの発売日は?

T-クロスについてご紹介してきましたがいかがでしたか?

現段階では2018年の登場が濃厚とされています。
価格も現在のところ不明ですが、現行モデルのクロスポロが2,799,000円で販売されていますから、この価格が一つの指標となりそうです。

コンパクトSUVの分野ではかなり後出しになるT-クロスですが、フォルクスワーゲンが満を持して投入するモデルがどれだけシェアを獲ることができるか見ものでもありますね。

フォルクスワーゲンの車種やコンパクトSUVに関連するおすすめ記事