MOBY

新型フォルクスワーゲンCC最新情報|VWの4ドアクーペのデザインや発売日は?

フォルクスワーゲンの4ドアクーペ「CC」の新型が登場!?国外のサイトでスパイショットの写真が公開されています。昨年のジュネーブモーターショーで公開されていたコンセプトモデルもご紹介。フォルクスワーゲンパサートの派生車種として日本でも発売されていたCC、発売時期はいつごろになるのでしょうか?

フォルクスワーゲンCCとは

フォルクスワーゲンCCは、フォルクスワーゲン社のセダン型乗用車パサートから派生した4ドアクーペです。
もともとはパサートCCの名称でしたが、後に「CC」に統一されました。
CCとはコンフォートクーペの略です。

日本では4ドアモデルの最上位に位置付けられて、530万~560万ほどで販売されていましたが、現在では販売を終了しています。

前期型はフォルクスワーゲンの特徴でもあったワッペングリルを採用していましたが、後期型は横に広い新しいグリルになっています。

フォルクスワーゲンCCの動画

旧モデルのフォルクスワーゲンCCのスペックは?

出典:http://autoprove.net/

すでに販売を終了しているフォルクスワーゲンCCの旧モデル後期型のスペックは以下のようになっています。

排気量 1798cc
最高出力 160ps(118kW)/4500~6200rpm
最大トルク 25.5kg・m(250N・m)/1500~4500rpm
JC08モード燃費 13.4km/L
定員 5人
価格 536万円~563万円

CCの評価

ハンドリングは超高速域が日常的にあるドイツ車だけに、直進安定性は高く安心感の強い走りをしてくれる。この日の雨では、大きな水溜りを通過する際にも、ハンドルを取られることはなく、何事もなかったかのように安定して通過する。かといって路面のインフォメーションが薄いのかといえば、そうではなく、ドライバーにしっかり伝えることはできている。このあたりの仕上げはさすがだ。

出典:http://autoprove.net/


1.8TSI T…
398.0万円
本日の在庫
4
平均価格
290.2 万円
本体価格
220 ~ 398 万円

新型フォルクスワーゲンCCのコンセプトモデル

出典:http://2017automodels.com/

出典:http://vag-antares.net/

2015年のジュネーブモーターショーでフォルクスワーゲンスポーツクーペコンセプトGTEが発表されました。

2つの電源ユニット、6速オートトランスミッション、3.0リットルのV6TSIエンジンなどの情報が公開されました。
出力は374馬力、0から60マイル(約97km)までおよそ5秒で到達するとの事です。

プラグインハイブリッドで、EVモードとガソリン走行の併用で最大1200kmの航行距離があると言われています。

フォルクスワーゲンスポーツクーペコンセプトGTE

新型フォルクスワーゲンCCのスパイショットが公開!

フォルクスワーゲンCCの画像

出典:http://www.carscoops.com/

出典:http://www.autoguide.com/

フォルクスワーゲンの4ドアクーペ、CCのスパイショットが国外のサイトで公開されています。

フォルクスワーゲンCCのコンセプトモデルは2015年のジュネーブモーターショーで公開されていましたが、ボディラインは従来より低く広くなっているように見えます。カモフラージュの下には新しいLEDヘッドライトが垣間見えます。

新型CCは日本でも発売されるのでしょうか?発売されるとしたらいつ頃になるのでしょうか。

フォルクスワーゲンCCの派生元であるパサートって?


パサートはフォルクスワーゲンが販売するステーションワゴンです。
パサートの4ドアクーペとしてCCが派生しました。
パサートにはワゴンタイプのヴァリアンテがあり、ハイブリッドタイプのパサートGTEもラインナップされています。
パサート、パサートGTE、パサートヴァリアンテ、パサートGTEヴァリアンテは今も販売されています。

パサートの日本での価格は329万円~460万円です。
パサートGTEの価格は519万円~579万円です。

新型CCが日本でも発売されるとしたら、おそらくパサートGTEよりやや高い価格設定になるかと思われます。

パサートの評価

フォルクスワーゲンCCの発売日や価格は?

フォルクスワーゲンCCの日本での発売日はまだ不明です。
しかし、欧州では2017年の初頭にもディーラー店に並ぶことが決定しています。

日本で、発売されるとなるとおそらく2018年ごろになるでしょうか。
価格はパサートGTEよりやや高い、500万円台の半ばから600万円前半くらいになるのではないかと予想します。

まだ現段階では不明な事も多いですが、今後の情報に期待しましょう!

フォルクスワーゲンの新型車種に関連するおすすめの記事

フォルクスワーゲンの歴史ある名車についてのおすすめ記事