全部知ってる?普通運転免許証で乗れる車の種類とは?

自動車や原付を運転するためには、第一種免許と呼ばれるものを受ける必要があります。 そのうちのひとつが普通運転免許です。 二輪以外の免許では、多くの人がこの普通運転免許を持つことになると思いますが、意外とその詳しい内容については知られてないこともあるんですね。

普通運転免許証をとると、どんな車に乗れるの?

運転免許証を持つにあたって最も大切なことは、その免許でどんな車を運転できるか、ということです。

しかし、普通運転免許証というのは、普通過ぎてどんな車を運転できるのかはあまり意識されていないのではないでしょうか。

MTやATの違いや、ガソリンとディーゼル、電気自動車やハイブリッドの違いは気にしても、普段の生活の中ではいちいち気にしなくても問題はあまりないというのが実感です。

ただ、知識として知っておくことは大切なことなんですね。

普通運転免許証で乗ることができるのは、以下の条件を満たす自動車のみになります。

重量

重量が5000kg未満であること。

積載量

最大積載量が3000kg未満であること。

定員

定員が10人以下であること。

重量や積載量はともかくとして、定員が10人を超える車は運転できないと覚えておけば、間違うことは無いでしょう。

普通運転免許証をとることで乗れる車の種類

他にはどんな車に乗ることができるのでしょうか?

普通運転免許証で乗ることができるのは、以下のものとなっています。

普通自動車

小型特殊自動車や自動二輪車以外の、重量が5000kg未満、最大積載量が3000kg未満、定員が10人以下の四輪車のことです。

小型特殊自動車

原動機付自転車

普通免許で乗れる小型特殊自動車、原動機付自転車ってどんな車?

小型特殊自動車とは、トラクターやコンバイン、フォークリフト、ロードローラーなどの農耕作業用自動車や、キャタピラのついた自動車のことを言います。

原動機付自転車とは、いわゆる原付のことです。

具体的には道路交通法では50cc以下、道路運送車両法では125cc以下の原動機がついた二輪車のことです。
法律の範囲内なら、車輪が三輪でも四輪でも原動機付自転車として扱われます。

要は車輪の数ではなく、原動機のパワーによって区別されるということですね。

勘違いしやすい原付の上限に注意

50ccが運転できる人は、能力としては法律の範囲を超えた自動二輪車などを運転することができる人もいるかもしれませんよね。

しかしそれは、法律に違反することになります。
できることとやっていいことは違うんだということを理解して、法律の範囲内で安全運転を心がけましょう。

車の免許を取り立ての初心者のあなたに必見の記事はこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す