MOBY

車を売却したいは必見?車売却の詳細な方法を解説<必要書類編>

納得のいく売却先が決まって、いざ愛車を売却!でも、売却手続きに必要な書類って? 業者が用意してくれるの?それとも自分で用意するの?用意するとしたら、その書類どこでもらえるの? 初めてだと分からない事が沢山ですね!今日はそんな売却手続きで必要な書類一覧を作ってみました!

これさえ見れば安心!車を売却する際の書類一覧

「車を売却したい!けれど、車売却の手続きって何が必要なの?」そんな気持ちを持っている方も少なくはないかと思います。

この記事では車売却時に必須の書類の一覧と、説明をまとめました!

車売却書類ついて知りたい方は是非ご利用ください!

①印鑑証明書

市役所や区役所で発行して貰えます。
車を購入した際、実印登録済の実印及び印鑑証明書を利用したはずですが、万が一印鑑を紛失していた場合は、新しく実印登録を済ませて、印鑑証明書を発行してもらいましょう。

府県や利用する業者により、1~3枚必要になります。

有効期限は発行日から三ヶ月ですので、車を売却する目処が立ち次第貰っておくといいでしょう。

②自動車検査証(車検証)

常時車内に携帯しておく事が義務付けられていますので、車のダッシュボード等に入っているでしょう。
万が一紛失していた場合は、管轄の運輸支局で再発行してもらえます。
再発行の際は、書類代と手数料がかかります。

ここをチェック!重要ポイント

①の印鑑証明書とこの②の車検証の住所や姓が違っている場合、別途書類が必要になります。

住所変更が一度あった場合は「住民票」、二度以上あった場合は「戸籍謄本の附表」が必要になります。
戸籍謄本の附表には、現在までの住所が全て記載されていますので、以前の住所の証明ができます。
戸籍謄本の附表は、本籍地のある市役所で発行してもらえますので、問い合わせてみましょう。

姓が違っている場合には、戸籍謄本が必要になります。
こちらも本籍地のある市役所で発行してもらえますので、問い合わせてみてください。

③自動車税納付証明書

自動車税の納税証明書です。車検を通っている車ならば、所持しているはずですので、取得の必要はありません。
紛失してしまった場合は、納税した都道府県の税事務所で発行してもらえます。

④自賠責保険証明書

自賠責保険証明書とは、強制保険の保険証明書になります。
こちらも車検証と共に車に携帯してある事が多いですので、ダッシュボード等の中に入っているでしょう。
紛失してしまっていた場合は、保険会社で再発行してもらえますので、問い合わせてみましょう。

⑤リサイクル券

リサイクル券(預託証明書)とは、「自動車リサイクル法」(2005年1月施行)で定められたリサイクル料が、正しく納められているかを確認する為の証明書です。2008年1月31日まで、車検(継続検査)や中古新規登録、構造等変更検査の際に必要となっていました。自動車リサイクル法の対象車両は、自動車、軽自動車が含まれています。

出典:http://annai-center.com/

自動車リサイクルシステムホームページ

こちらは紛失していた場合は、再発行はできませんので、上記リンクのサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷してきましょう。

⑥実印

車の売却には実印が必要です。
①の印鑑証明に登録されてある印鑑が必要になりますので、持参しましょう。

その他、振込み口座の口座番号控え

車を売却した金額を振り込んで欲しい口座の口座番号を控えておくと便利です。
万が一に備えてしっかりと準備しておきましょう。

以上が車売却時に必須の書類になります

いかがでしたでしょうか?

一部有効期限等に気をつけなければならない書類もありますが、こうして一つ一つ見てみると、取得が難しい物はありませんね!

金額の大きな取引になりますので、当日や、取引の日間際に、「あれがない!」と慌てないで済むようにしておきたいですね!

いざ愛車を手放そう、と決めた時、早めの準備に是非お役立て下さい!

車の売却に関するおすすめ関連記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す