初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車売却の必要書類を解説!紛失した場合は?査定額がアップする書類も

納得のいく売却先が決まって、いざ愛車を売却!でも、売却手続きに必要な書類って? 業者が用意してくれるの?それとも自分で用意するの?用意するとしたら、その書類どこでもらえるの? 初めてだと分からない事がたくさんだと思います。今回はそんな車売却手続きの必要書類について解説していきます。

これさえ見れば安心!車売却の必要書類

契約

「車を売却したい!けれど、車売却の手続きって何が必要なの?」そんな気持ちを持っている方も少なくないかと思います。

車を売却するためには様々な書類を用意する必要があります。書類は業者が用意してくれるものもあれば、自分で用意しなければいけないものもあります。詳しく説明していきます。

自動車検査証(車検証)

軽自動車の車検証

自動車検査証(車検証)は車を運転する際に携帯が義務付けられている重要書類です。車検証は現住所と現在の氏名になっているかと、印鑑登録証明書の住所と相違がないかを確認しておきましょう。万が一、紛失してしまった場合は運輸局で再発行ができます。

自賠責保険証明書

自動車保険と自賠責保険

自賠責保険(強制保険)の証明書も車売却の必要書類となっています。万が一、紛失してしまった場合は保険会社に問い合わせると再発行してもらえます。

実印

印鑑

普通自動車を売却する際には市区町村へ印鑑登録を行った実印が必要となります。軽自動車の場合は用意する必要がないと書かれたサイトもありますが、他の書類に捺印しなければいけない場合もあるため、軽自動車であっても売却の際には実印を用意しておきましょう。

印鑑登録証明書(印鑑証明)

印鑑登録証

印鑑登録証明書は、手続きに用いる印鑑が実印である事を証明するための書類で、車の名義変更の際に必要となります。印鑑登録証明書は発行後3ヵ月以内のものを用意しますが、都道府県によっては2通必要となる場合があります。

印鑑登録証明書は市区町村の役場や窓口、一部のコンビニでも発行できます。車検証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は手続きが複雑になるため、引っ越した場合は車検証の住所変更も併せて行っておいた方が良いでしょう。

車検証と印鑑登録証明書の住所や氏名が違う場合は、住民票(住所変更が一度の場合)、住民票の除票(複数回住所変更があった場合)、戸籍謄本(結婚などで改姓した場合)などがケースに応じて必要となります。

自動車税納税証明書

自動車税納付通知書

自動車税の納税証明書も車売却の際に必要となる書類です。紛失してしまった場合は普通車の場合は都道府県の税事務所、軽自動車の場合は市区役所で再発行してもらえます。

場合によって必要となる書類

リサイクル券

平成17年の1月1日から始まった「自動車リサイクル法」により、車を廃車にする時にかかる費用を毎払いで支払った際に受け取る証明書がリサイクル券です。自動車リサイクル料金を預託している場合にリサイクル券が必要となります。
車検証と一緒に保管されているケースが多いため、探しておきましょう。

紛失してしまった場合は自動車リサイクルシステムのサイトにアクセスし、自動車リサイクル料金の預託状況をプリントアウトしたものでも手続きが行えます。

委任状

こちらの委任状は店舗で作成する書類のため、自分で用意する必要はありません。
名義変更の際、業者に手続きを代行してもらうにはこの委任状が必要となります。委任状には実印を押します。

譲渡証明書

委任状と同じく、こちらも店舗で作成する書類ですので自分で用意する必要はありません。
譲渡証明書は車の所有者が変わる際に必要となる書類で、名義変更の際に実印を押して使用します。

住民票(一度引っ越した場合)

車検証と印鑑登録証明書の住所が異なる際に必要となるのがこの住民票です。住所が異なる方は市区町村の役場や窓口で取得しておきましょう。

住民票の除票もしくは戸籍の附票(複数回引っ越した場合)

車を所有している間に複数回引っ越したという方は住民票の除票か戸籍の附票が必要となります。
こちらも市区町村の役場や窓口で取得する事ができます。遠方の場合は郵送できる場合もあります。

普通自動車売却の必要書類

車を売却する際、普通自動車を売却する場合と軽自動車を売却する場合では必要書類が異なります。
普通自動車売却の必要書類は自動車検査証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書と振込口座情報と実印、リサイクル券(預託済みの場合)となります。

譲渡証明書と委任状は業者が用意してくれます。

軽自動車売却の必要書類

車を売却する際、普通自動車の場合は自動車検査登録事務所に申請を行いますが、軽自動車の場合は軽自動車協会に申請を行うため必要書類が異なります。

軽自動車売却の必要書類は、自動車検査証、自賠責保険証明書、軽自動車納税証明書と振込口座情報と印鑑、リサイクル券(預託済みの場合)となります。

印鑑は認め印でも良いとされていますが、譲渡証明書などの書類作成の際に実印が必要となるケースもあります。

必要書類を紛失した場合の対処法

悲しみ 悲嘆

©Shutterstock.com/ KieferPix

自賠責保険証

自賠責保険証を紛失した場合、保険会社で再発行する事ができます。加入している保険会社に問い合わせましょう。
再発行をするには印鑑と運転免許証などの身分証明書を保険会社の窓口に持参する必要があります。保険会社の代理店では手続きを行う事ができません。

車検証

車検証を紛失した場合、運輸支局または自動車検査登録事務所で再交付を受ける事ができます。
再交付には申請書と300円の印紙、き損した車検証が残っている場合はその車検証、身分証明書、印鑑が必要となります。

納税証明書

自動車税の納税証明書を紛失した場合、普通自動車と軽自動車では再発行を申請する場所が異なります。
普通自動車であれば税金を納めた都道府県の税事務所で、軽自動車の場合は市区役所で再発行を申請します。

税金を納めた後に引っ越しなどで住所が変わっている場合は、税金を納めた旧住所を管轄している税事務所に申請を行う必要があります。遠方であれば郵送にも対応しています。

査定額のプラスになる可能性のある書類

OKサイン

車の書類の中には査定額アップが期待できる書類(モノ)もあります。

整備手帳

12ヵ月点検や24ヵ月点検といった車の法定点検の整備記録が記されている整備手帳は査定額のプラスになるケースがあります。

なぜなら、法定とはいえ違反しても罰則のない法定点検をきちんと受けてきた証となるからです。車のメンテナンスは車の状態を大きく左右するため、査定額にも影響するのです。

取扱説明書

取扱説明書のあるとプラス査定になる書類のひとつです。
メーターやハンドル周りのスイッチ類やボタンの操作は取扱説明書があった方がスムーズに行えるため、プラス評価となります。特にハイブリッド車では操作が複雑なため取扱説明書があると重宝されます。

スペアキー

書類とは異なりますが、スペアキーの有無も査定額を左右し、ない場合は減点対象となります。
しかし、紛失してしまった場合は新しく作るまでではありません。

取り外した純正品やパーツ

こちらも書類とは異なりますが、タイヤやホイールといった純正品やパーツも査定額プラスとなる場合があります。
社外品を使って車に手を加えるという際にも純正品は捨てずに保管しておきましょう。

車売却時の必要書類は集められましたか?

一部有効期限等に気をつけなければならない書類もありますが、こうして一つ一つ見てみると、取得が難しい物はありませんね!

金額の大きな取引になりますので、当日や、取引の日間際に、「あれがない!」と慌てないで済むようにしておきたいですね!

いざ愛車を手放そう、と決めた時、早めの準備に是非お役立て下さい!

どこよりも高く車を売るなら「一括査定」がおすすめ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

「ズバット車買取」は、利用者の7割が、下取りと比べて5万円以上の査定金額アップを体験している車の一括査定サービスです。
およそ1分でできる簡単な車種などの情報入力をすれば、全国200社を超える車買取業者から申し込み者の地域に合わせた選りすぐりの(最大)10社から査定額の連絡がくるので、気に入った条件を提示してくれた業者に売却の契約をすれば完了です。

車を売る際に、「お金や時間をかけずに少しでも高く売れる業者を探したい」という方にピッタリのサービスです。

車の売却のおすすめ関連記事はこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す