初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型「ZSX」とは?ベイビーNSXの性能や発売日やデザインはこうなる?

ホンダは、7月26日に欧州で「ZSX」の名を商標登録していることが分かりました。本記事では、新型「ZSX」についての全最新情報をお届けします。

ホンダが欧州で「ZSX」の商標を登録

ホンダ ロゴ

2016年7月26日、ホンダはEU知的財産局で「ZSX」の商標を登録していることが判明しました。現時点では、今回登録された「ZSX」の使用用途は不明ですが、8月26日より受注が開始されるNSXと名称が似ていることから、関連性が高いものだと予想されています。

そして、ホンダは現在新型ミッドシップスポーツカーを開発中との情報があり、「ZSX」はこの新型スポーツカーの名称に使用される可能性が高いと推測されています。

新型NSXについてはこちら!

新型「ZSX」はベイビーNSXになる?新型S2000との関連性は?

上記のレンダリング画像は、以前ホンダが米国特許庁に提出したレンダリング画像です。

これは現在ホンダが開発していると噂されている新型スポーツカーであると推測され、そのスポーツカーはベイビーNSXとして開発されていると言われています。同車は、S2000の復活モデルとして発売されるのではないか、という見方もあり、今のところ決定的な情報はありません。

そして今回商標登録された「ZSX」の名は、その現在開発中のスポーツカーのネーミングに用いられるのではないかと言われています。

ホンダがさらに欧州でパテント登録!新型ZSXか

ホンダ ZSXパテント フロント
ホンダ ZSXパテント サイド
ホンダ ZSXパテント リア
ホンダ ZSXパテント 上

ホンダは2017年の6月に、またもやZSXと思わしきパテントを欧州知的財産庁に登録しました。
現状ではこのデザインをZSXと断定することはできません。
昨年登録されたZSXのデザインからだいぶ様変わりしていますし、登録名も公開されていないためです。
しかし、このパテントは「車の内装」という区分で登録されているため、ZSXでは無いと断定することもできないのです。

このデザインはZSX含めたホンダが開発中のスポーツカーの内装デザインか、もしくはまったく新たなコンセプトカーなのではないかという見立てもあります。

ホンダZSXの性能と発売日は?

新型ZSXは、ホンダシビック・タイプRに搭載されている2.0L直列4気筒ターボエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッドモデルになる可能性があります。

ミッドシップにエンジンを搭載し、駆動方式にはAWDを採用するといわれ、まさに「ミニNSX」の名にふさわしいハイブリッドスポーツカーになります。

ホンダ「ZSX」について、早ければ2017年のデトロイトモーターショーでコンセプトモデルが発表される可能性があります。

ライバルはトヨタ新型スープラ?

TOYOTA FT-1 #newsupra

ICEJJFISHさん(@icejjfish_123)が投稿した写真 -


ホンダ「ZSX」は、トヨタとBMWが現在共同開発している新型スープラとライバル関係になることが予想されています。

新型スープラはBMWブランドでは「Z5」として販売され、現行販売されているBMW Z4の後継モデルになると推測されます。

新型スープラに関する詳しい情報は以下にまとめていますのでぜひご覧ください。

ホンダ「ZSX」の最新情報に期待!

ホンダ「ZSX」について、現段階では「欧州で商標登録された」ということしか分かっておらず、ミニNSXとしてなのか、あるいは全く異なる新型スポーツカーとしてなのかも不明です。

しかしながら、商標の登録がされたということは、「ZSX」の名を冠した新型車が登場する可能性は高いです。

MOBYでは、ホンダ「ZSX」に関する最新情報を随時更新してまいりますのでお楽しみに!

ホンダの新型車に関連する記事!

復活の噂があるスポーツカーのまとめ!

その他のおすすめ記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK