日産キューブおすすめグレードは15X V Selectionか15X!違いを比較

キューブは日産から販売されるコンパクトカーです。作り込みの良い選べるシートでソファのような快適性を追求した室内空間が一番みんなの気持ちを楽しくしてくれます。ジャグジーのような空間に波紋のアクセントも多く取り入れています。では、キューブのおすすめグレードを紹介します。

日産キューブの特徴

日産から発売されるキューブは2008年に3代目デビューしました。キューブのデザインは先代を重視した水平基調でありながら、直線を極力使わずに曲面を多用することで「豊かさ」を強調しています。

表情も「ブルドッグがサングラスをかけた姿」からイメージされる愛嬌のあるキャラクターとしています。

左右非対称デザインの横開き式バッグドアやリアコンビランプも先代を継承していまして、一目でキューブとわかるデザインでまとまって人気の高いクルマです。

その名もズバリ「立方体」という使い勝手のよい空間を意識した英語で「Cube」になっています。

キューブのインテリアデザインは、ジャグジーをモチーフにして随所に波紋のアクセントを採り入れる事によってユニークな演出と、波打つようにラウンドしたインパネ周りがバスタブのカーブのような開放感を作り出しています。

オプションのスタイリッシュガラスルーフ

キューブ15X V Selectionと15Gでは、光あふれる室内空間を演出できる幅の広い大きなガラスルーフのオプションが選べます。

たくさんの光を採り込めて、明るく開放的な空間を演出する大きなスタイリッシュガラスルーフを合わせると、益々、気持ちの良いこだわりのインテリア空間が広がります。

フロントシートから見上げれば空が広がる幅の広いルーフを活かした固定式の大きなガラスルーフが、これまでにない開放感のある居住空間を実現して光あふれる空間で、心地良くドライブが楽しめます。

前から遮光ブラインド

フロント側のルーフに巻き取られるロール式のブラインドを前から後ろへ引き出し遮光する事も出来ます。

後ろからSHOJIシェード

SHOJIシェードを前に引き出して調光も可能です。障子をモチーフにしたSHOJIシェードを引き出して眩しい直射日光の時は、光をやさしく遮って調光もできます。

ウェーブを施したシェードデザインによりインテリアへのアクセントをプラスしています。

スタイリッシュガラスルーフ、SHOJIシェードと組み合わせる事によって、採光・調光・遮光ができる3ウェイシステムになっています。 オプション価格:108,000円

《キューブの価格》

1,620,000円~2,138,400円

《キューブの最新中古車価格》


15X
138.0万円
本日の在庫
1,094
平均価格
64.3 万円
本体価格
2 ~ 198 万円

《キューブのエンジン性能》

エンジン型式       HR15DE
種類・シリンダー数    DOHC直列4気筒
シリンダー 内径×行程  78.0mm×78.4mm
総排気量         1.498L
圧縮比          10.5
最高出力         82kW(111PS)/6,000rpm
最大トルク        148N・m(15.1kgf・m)/4,000rpm
燃料供給装置       電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)
使用燃料無鉛       無鉛レギュラーガソリン
タンク容量        45L

日産キューブのフルモデルチェンジに関する最新情報!現行型キューブを買うなら今かもしれません。

日産キューブ 全グレードの違いと価格をご紹介!

キューブは主に、アルミホイール付きの上級グレードになる15Gと、15X Vセレクション、15Xの3種のグレードによって構成されます。

またクールなオーテックバージョンのキューブ「アクシス」やキューブ「ライダー」シリーズもあります。

キューブ15X

日産キューブ

日産キューブの中で最も安価な、スタンダードなモデルです。
質素な内装ですが、他のグレードに比べると非常に安く購入できます。

エクステリアにおいては、フォグランプがないことと、スチールホイールが装着されていることが特徴です。

内装面では、スピーカーはフロント2つのみであることや、オートライトシステムが装備されていないことでコストカットされています。

【キューブ15Xの価格】
162万円~

キューブ15X V Selection

日産 キューブ

15X と15X V Selectionでは、プラス48,600円でアクアミント(M)/ブリリアントホワイトパール(3P)の2トーンカラーを選ぶ事も出来ます。

2つのグレードの外観上の違いは、フロントバンパーに組み込まれたフォグランプの有無のみになります。内装面を15Xと比較するとリアスピーカー、オートライトシステム、インテリジェントエアコンシステムなどが追加装備されています。

【キューブ15X V Selectionの価格】
178万2,000円~

キューブ15G

日産 キューブ

15Gでは、15X V Selectionのひとつ上のグレードになり、アルミホイールが標準装備になります。また、ルーフアンテナの形状と位置も違いますね。バイキセノンというヘッドランプも装備されます。

内装面においては、スピーカーの数が6つになりツイーターが追加され、カーテンエアバッグも標準装備になっています。さらに後部座席にも座席上のアシストグリップ(手すり)が装備されています。

【キューブ15Gの価格】
198万7,200円~

キューブ アクシス

キューブ「アクシス」は、15Xをベースに表情の異なる上下2段のメッキグリルが装着されています。
また、フェザーグレーの専用本革シートが装備されます。

15Xベースですが、フォグランプや4スピーカーも標準装備になります。写真のアルミホイールは、オーテック扱いの専用オプションです。

【キューブ アクシスの価格】
186万8,400円

キューブ ライダー

キューブ「ライダー」は、15Xをベースに表情の異なるの上下2段のライダー専用メッキグリルを装備しています。
内装面においては、格子柄ニットの専用シートになってインテリジェントエアコンも標準装備になっています。

15Xベースですが、専用フォグランプや4スピーカーも標準装備になります。

写真のアルミホイールも標準装備です。また、足回りの最適化やボディ剛性を高めた「パフォーマンススペック」というグレードも選べます。

【キューブ ライダーの価格】
196万5,600円

キューブ ライダー ブラックライン

キューブ「ライダーブラックライン」では、キューブ「ライダー」のメッキ部分をダーククロムに仕立てた渋いグレードになっています。

【キューブ ライダー ブラックラインの価格】
207万3,600円

日産キューブはシート色が豊富!

コンパクトクラスでは珍しい、ソファ感覚の柔らかい感触や肌触りを生み出す縫製シートを採用しています。

シートバックの高さやクッションパッドの厚みと長さを、従来比さらに拡大されてフロントシートの座面にはスプリングも内蔵する事により、ふわふわリラックス出来る座り心地になっています。

7種類のシートカラーから「自分らしい」を選べます。

フェザーグレー

純正ボディ色アクアミントホワイト2トーン、ライトジンジャ―、ブラックに標準装備です。

また、ビターショコラホワイト2トーン、ビターショコラ、ホワイトのボディ色では、グラファイトかフェザーグレーを選べます。

グラファイト

純正ボディ色スオミブルーホワイト2トーン、シルバー、ダークメタルグレー、レッド、ブルーに標準装備です。

また、ホワイト、ビターショコラホワイト2トーン、ビターショコラのボディ色では、グラファイトかフェザーグレーを選べます。

ビンテージキャメル

15G、15X V Selectionのみ選べるシートでスエード調クロスを使用しています。 

オプション価格:32,400円

ロルブー

ブルーのパイピングが入ったブルーチェックにイエローのアクセントも入ったシートでスエード調クロスを使用しています。

オプション価格:32,400円

コダワリブラウン

本革・カプロンのコンビシートでメインの一部が本革、他は人工皮革を使用しています。 

オプション価格:66,960円

インディゴブルー

細かいウエーブ模様をアクセントに効かせながら落ち着いたトーンのシートでスエード調クロスを使用しています。 

オプション価格:32,400円

ラウンジブラウン

記事の表面に美しい濃淡を見せて乗るたびに表情を変えるシートでベロア素材を使用しています。 

オプション価格:32,400円

キューブのシート選びだけでも、とても考えてしまいそうですね。

日産キューブのおすすめグレードは?

日産キューブのグレードを選ぶにあたり、まず重要視したいのが価格です。
軽自動車とあまり変わらない車両価格帯にあるからこそ、キューブはお手頃価格で購入したいと感じます。

安い価格を維持しつつ、ちょっとした快適装備が嬉しい15X、15X Vセレクションは、魅力的なグレードです。

日産キューブ15Xの基本装備

日産キューブ15Xでは、グリーンフィルター付きマニュアルエアコンや2スピーカーになります。

キューブ15X V Selectionの装備

15X V Selectionの追加装備

日産キューブ15Xからの追加装備は以下になります。

●フロントフォグランプ
●オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付)
●インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)
●4スピーカー
●メッキインナードアハンドル
●後席アシストグリップ

15X V Selectionの外観ではフォグランプが付いてる事、内装ではインテリジェントエアコンシステムが追加されています。「おもいやりライト」のあるオートライトも便利な機能ですね。

ここまで、ルックスに合わせて、シートの素材や色味でも楽しめるキューブのバリエーションをご紹介しましたが、ビンテージキャメルのシートも選べるキューブ15X V Selectionが1番のおすすめグレードです。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す