GoogleのカーナビAndroid Auto(アンドロイドオート)とは?その機能と操作方法まとめ

2016年の7月13日から日本でも提供が始まったAndroid Auto。Googleが提供するこのAndroid Autoはスマホ連動型の次世代インフォテインメントシステム(娯楽情報機能)です。音声入力でスマホの機能やマップ、音楽などを操作できるこのAndroid Autoの使い方や機能、対応する車種や対応カーAVなどをご紹介します。

GoogleのAndroid Autoって何?

GoogleのAndroid Auto

出典:http://www.romoit.com/

Googleが提供しているAndroid Autoとは、Android搭載のスマホを車にUSB接続し、車で使用するために特化したアプリを車のディスプレイでより安全に利用するためのものです。
日本では2016年の7月13日から提供を開始しています。

操作は音声入力やタッチパネル、ディスプレイによってはスイッチやノブなどで行います。
機種によってはステアリングリモコンにも対応し、運転をしながら目線を前方に据えたまま操舵できるようになっています。

主な機能は通話、メッセージ、マップ、音楽などで、いわゆるインフォテインメントシステム(情報娯楽機能)の一種です。
日本ではカーナビが普及していて、「カーナビ」の呼び名が一般的ですが、欧米では運転情報や娯楽機能などを集約したインフォテインメントシステムが一般的になりつつあります。

あくまでAndroid Autoに対応したアプリが使用できるのみで、Androidのアプリが全て車のディスプレイで利用できるわけではありません。
しかし、すでに数多くの無料アプリがAndroid Autoに対応しています。

Android Autoのレビュー動画(英語)

Android Auto紹介動画(日本語対応)

Android Autoの機能

Android Autoの画像

出典:http://www.nissan.co.jp/

ホーム画面では、画面下部に基本機能のアイコンが配置され、画面上部にはウィジェット的なカードが表示されます。

右上のマイクアイコンを押す事で音声入力ができるようになります。下部に並んでいるアイコンは、地図、通話、ホーム画面表示、音楽、アプリ終了などです。

Android Autoでの通話

Android Autoの画像

出典:https://www.android.com/

Android Autoはハンズフリーで通話やメッセージのやり取りが可能です。
skypeなどの通話アプリや、メッセージアプリなども利用できます。

車で移動しながらスマホで通話していた人にとっては、より安全に利用できるようになる事でしょう。

音声入力で操作できるので、イヤホンの操作のようなひと手間も省けます。
「発信」と音声入力した後にアドレスに登録された相手の名前を音声入力するか、電話番号を音声入力すれば通話できます。

テキストメッセージも音声入力で送信できます。
「テキストメッセージを送信する」と音声入力し、相手先の電話番号、もしくはアドレスに登録された相手の名前を音声入力した後、テキストメッセージの内容を音声入力します。

最後に確認を求められるので、「送信」と発音するとメッセージが送られます。

テキストメッセージを受信した場合は画面上部にテキストの受信が通知され、ホーム画面でもいつでも確認できます。

Android Autoのマップ

グーグルマップの画像

出典:https://japan.googleblog.com/

Android Autoの最大の強みは地図モードではないでしょうか。
Android Autoを提供するGoogleは、世界中で利用されているGoogleマップを持っています。

GoogleマップはPCやスマホで利用できるアプリの中でもトップクラスに評価されているもので、施設の検索や電車やバスの経路検索、スワイプやタップなどの操作性などにおいて、高い性能を持っています。

Android AutoでもこのGoogleマップが利用でき、音声だけでルート設定や付近の施設の検索ができます。
さらにスマホで利用したGoogleマップのデータをAndroid Autoで利用でき、最近検索した場所や訪問した場所を表示したり、周辺の施設をガソリンスタンドや駐車場など、カテゴリから選んで選択する事ができます。

音声入力で目的地を設定する場合は運転中でも可能ですが、ディスプレイでルート検索を行う場合はシフトレバーをパーキングに入れる必要があります。
Android Autoのマップでは、目的地までの音声ガイドナビ、到着予定時間、リアルタイムの交通情報、細かい道案内などを利用できます。

Android Autoでの音楽

出典:https://www.android.com/

音楽面では、Google Play Musicを利用できます。
Google Play Musicは3500万曲以上を利用可能な定額音楽配信サービスです。
月額980円が基本プランとなっており、ファミリープランに加入すれば1480円で5人まで利用可能になります。

さらに最大5万曲までGoogleのクラウドサーバーにアップデートし、様々なデバイスでストリーミング再生する機能を無料で使う事ができます。
無料で音楽ストレージを利用できるサービスは希少で、スマホの容量を圧迫せずに大量の音楽を保存しておけるという機能は非常に便利なのではないでしょうか。

Android Autoは音楽配信アプリのAWA(アワ)にも対応しています。
こちらは歌詞表示機能もついた定額配信サービスで、プレイリスト作成機能などが無いライトプランが月額360円、スタンダードプランが月額980円で利用できます。

他にも無料のラジオアプリなどが利用可能です。

Android Autoの使い方

Android Autoの画像

出典:http://www.gizmoids.com/

Android AutoはAndroid5.0以上に対応したスマートフォンが必要です。
スマートフォンをUSBで接続して、ダウンロードしたAndroid Autoアプリを立ち上げます。Android AutoのアプリはGoogle Playでインストール可能です。

Android Autoは音声入力に対応しており、画面右上のマイクボタンを押す事で、音声入力モードになります。

Googleの音声入力は認識能力が高く、検索力に優れていると言われています。Androidスマホをお持ちの方は、実際に音声入力を試してみてください。

音声入力を使用するにはGoogleアプリが必要です。そしてGoogleアプリの設定画面で声を登録する事により、音声入力を使用する事ができるようになります。
CMでおなじみの、「OK、Google」で様々な検索やスマホ機能の利用が音声だけで出来るようになります。

Android Autoは現状ではマイクアイコンをタッチして音声入力モードに切り替えるようになっており、スマホとの接続もUSBによる有線式ですが、今後、「OK、Google」による音声起動や、Wi-Fi接続などもアップデートで対応可能になる予定です。

Android Auto対応車種

Android Autoに対応予定のホンダ・アコード

アコードの画像

出典:http://www.honda.co.jp/

Android Autoに対応予定の三菱パジェロ

パジェロの画像

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

国内では、2016年にホンダのシビック、アコードなど、三菱のパジェロ、パジェロスポーツ、2017年に三菱のミラージなどがAndroid Autoに対応予定です。
スバルやスズキ、マツダ、日産等も導入予定リストに名前が挙がっています。

世界でもトップクラスのシェアを持つトヨタはAndroid AutoにもAppleのCarPlayにも対応せず、独自の道を行くようです。
Scout GPS Linkというスマホ連動の車載機器の導入を発表しています。

公式ホームページで対応予定ブランドや対応モデルなどが発表されています。

国内でAndroid Autoを利用できるカーAV等

パナソニック・ストラーダCN-F1D

出典:http://panasonic.jp/

パナソニックのカーAV、ストラーダCN-F1Dはいち早くAndroid Autoに対応しました。
パネル内蔵型ではなくパネル状に設置するフローティング構造のため、大画面でも様々な車種に取り付け可能となっています。

特徴は9V型の大画面で、画面対角228mmの見やすい画面でナビやブルーレイや地デジなどを楽しむ事ができます。
価格はオープン価格ですが、およそ13万円~14万円ほどで取引されています。

ストラーダCN-F1DのAndroid Auto解説動画

日産・MM516D-L/W

出典:http://www.nissan.co.jp/

日産の純正プレミアムナビ、MM516D-L/Wはクラスターパネルと一体化した専用設計となっています。
エルグランドやエクストレイル専用のMM516D-L(8インチ)と、汎用のMM516D-W(7インチ)がラインナップされています。

AppleのCarPlayとGoogleのAndroid Autoの両方に対応しており、ブルーレイやフルセグ地デジにも対応。
取り付け費込の参考価格は、Lが298000円、Wが228000円です。

次世代のインフォテインメントシステム、Android Autoは日本でも普及する!?

出典:http://www.androidheadlines.com/

スマホ連動型のインフォテインメントシステムAndroid Autoの強みは、ナビなどの情報をリアルタイムでアップデートでき、豊富なサードパーティのアプリが続々と追加されて随時便利になっていくところにあります。
また、スマホの通話やメッセージのやりとりが、車を運転しながらより安全に行えるようになります。

日本のカーナビは世界でも非常に優秀で、独自の進化を遂げてきました。
カーナビとAndroid Autoは併用できるので、状況に応じて使い分けるといった利用もできるかと思います。

日本でのAndroid Autoはまだ提供が始まったばかりですが、スマホ世代の人たちにとっては馴染みのある操作ですので、今後普及していく可能性はありそうですね。

最新のカーナビについての記事はこちらがおすすめ

ライバルとなるであろうAppleの車業界での動向に関する記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す